季語/春祭(はるまつり)を使った俳句

「春祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春祭」について

【表記】春祭

【読み方】はるまつり

【ローマ字読み】harumatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春祭を含む俳句例

隧道の上に一字春祭/茨木和生

鎌祀る村の鎮守や春祭/矢島渚男

赤飯に早蕨を添ふ春祭/近藤一鴻

谷々に乗鞍見えて春祭/前田普羅

春祭すみて幣立つ桑畑/森田公司

春祭狐の面が畦とんで/細川加賀

蜆屋に提燈が出て春祭/綾部仁喜

草川の水の音頭も春祭/藤田湘子

白絹に嬰包み来て春祭/茨木和生

丸盆に丸餅そなへ春祭/岡田和子

山中の小松みどりに春祭/森澄雄

夕暮は雲に埋まり春祭/廣瀬直人

大幟雪にはためく春祭/相馬遷子

高山に空町がある春まつり/原裕

石垣の上に猫の眼春まつり/黛執

春祭鴉も鳶も山寄りに/藤田湘子

狂言の奥美濃訛春祭/伊藤いと子

山吹の中の二日を春祭/前田普羅

養蜂の林を裾に春祭/中戸川朝人

風の吹く弓張月に春祭/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

山鳩の睦むうろごゑ春祭/宮坂静生

潮さきの松に寄りくる春祭/上村占

からくりの翁の手振り春祭/石寒太

笛の音に濤が狂ひて春祭/毛塚静枝

けぶる日が一輪峡の春祭/藤田湘子

老桑の瑞の芽立や春祭/水原秋櫻子

膨らんで来る春祭日本海/折井紀衣

望郷の田水うるめば春祭/松村蒼石

通ひ船呉服屋降ろす春祭)/岸田稚

雪山の鷽が来てをり春祭/加藤岳雄

飾られて耳立つ馬よ春祭/島谷征良

空町はひそと静けし春まつり/原裕

春祭寝雪につゞく二部落/前田普羅

春祭岩の潮穴おびただし/友岡子郷

水郷の朝あかねして春祭/石原舟月

吹矢もて女うたるる春祭/富安風生

春祭縁の下より人現れて/綾部仁喜

大藁屋幕むらさきに春祭/藤岡筑邨

天竜をさかのぼりゆく春祭/和地清

女童に紐のあそべる春祭/菅原鬨也

俳句例:41句目~

山下りてもんぺ鮮し春祭/石田波郷

山坂にかかりて唄ふ春祭/大石悦子

母が家も雁木伝ひや春祭/小林康治

いつも来る金売泊め春祭/黒坂紫陽子

からくりに残れる雨や春祭/小川章子

春祭まだ飛び立たぬ竹とんぼ/大串章

ごろ寝して笙のきこゆる春祭/森澄雄

しら玉の飯に酢をうつ春祭/水谷晴光

春祭仏間怖がる子を泊めて/守部幸代

みちのくの街道細し春祭/田中由喜子

氷割つて川覚ます子ら春祭/荒井正隆

ゆふぐれは雲に埋まり春祭/廣瀬直人

天窓に飛騨の空あり春祭/小澤満佐子

塗り替へて古家灯す春祭/山下喜美子

百姓のみな燈をひくく春祭/飯田蛇笏

神の煤はらふ湯たぎり春祭/松村蒼石

神饌所にて鯛捌きゐる春祭/茨木和生

秩父路に減りたる桑や春祭/木村蕪城

白馬の雪なほゆゝし春祭/石橋辰之助

笹山に日のさざなみや春祭/草間時彦

俳句例:61句目~

春祭見知らぬ女ばかりなり/杉山岳陽

村の灯にわが灯加へて春祭/吉野義子

垣外に水田かがやく春祭/秋元草日居

水槽に貝の活けある春祭/廣江八重櫻

倉廃れかたへの宮の春祭/水原秋櫻子

住めばこの地の松籟も春祭/杉山岳陽

洗はれて小芋かゞやく春祭/白岩三郎

達磨より笊がよく売れ春祭/大熊輝一

乙女みな絣似合ひて春祭/古賀まり子

乗鞍岳へ唐子が跳んで春祭/黒田杏子

海坂を斜めのぼりや春祭/沼尻巳津子

雲解滝かしこみかゝり春祭/前田普羅

面つけて戻り来し子や春祭/田村了咲

春祭宿の障子をあけて見る/大野林火

春祭あはれ白痴の粧ふも/馬場移公子

上潮の香に降り出せり春祭/伊藤京子

女男の陰餅にも擬り春まつり/上村占

杣も来つ穂高里宮春まつり/渡辺立男

塚の奥かがんでおれば春祭/永末恵子

燕来て山家に鳴けば春祭/水原秋桜子

俳句例:81句目~

蔵王見て巡査昼酒春まつり/堀口星眠

よろづ屋に金銀の胡麻春祭/手塚美佐

鮒鮨の桶の封切る春まつり/羽田岳水

ほんだはら幣に仕立てし春祭/茨木和生

オリオンは指蒔きの星春祭/赤松ケイ子

産湯子はこぶしをあげて春祭/只野柯舟

一子挙げ餅のうすべに春祭/文挟夫佐恵

陸奥の海くらく濤たち春祭/柴田白葉女

呪術師は陽へ手を振って春祭/伊丹公子

雨となりやがて夜となる春祭/前田普羅

礁に散る濤の見えゐる春祭/米澤吾亦紅

わが生徒笙つかまつる春祭/能村登四郎

奈良漬をならべて奈良の春祭/大野紫陽

寝雪照るや昨日とすぎし春祭/前田普羅

春祭り夜空を低くうばひたり/金田咲子

暗がりに刃をやすまする春祭/宮坂静生

鮓つくる母にかしづく春祭/古賀まり子

乙女らの小町顔なる春まつり/村松/堅

綿菓子のかたちをさなき春祭/長谷川双

木の芽の香する酒注がれ春祭/草間時彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ