季語/野葡萄(のぶどう)を使った俳句

「野葡萄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「野葡萄」について

【表記】野葡萄

【読み方】のぶどう

【ローマ字読み】nobudo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蛇葡萄(へびぶどう:hebibudo)

季節による分類

・「の」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

野葡萄を含む俳句例

野葡萄も花嫁も雨字小夜戸/林桂

初冬や野葡萄熟す藪の中/寺田寅彦

妻となる娘野葡萄実るらし/飴山實

山裾の野葡萄熟す秋の霜/渡辺香墨

蜂飛んで野葡萄多き径哉/寺田寅彦

家遠き思ひ野葡萄手に摘むは/有働亨

野葡萄に小鳥群がる小春哉/寺田寅彦

野葡萄や少年森に秘密持つ/中村石秋

野葡萄負へり鉱山の匂の男たち/林翔

野ぶだうに雑多な彩を与ふ雨/高澤良一

野ぶだうや筧朽ちたる崖の下/寺田寅彦

野葡萄に声あり暗きより帰る/佐藤鬼房

野葡萄に指染め女人高野かな/木内彰志

野葡萄の不粋紅葉も興のうち/高澤良一

野葡萄の房にとどけり滝谺/五十島典子

野葡萄は熟れて汁出す草競馬/平畑静塔

野葡萄を摘みて醸して島生活/小谷寛子

藤沢山野ぶだうに色のり初めぬ/高澤良一

野ぶだうの暗き青さよ人恋うる/石川文子

野葡萄やあの日この日の風の彩/長山あや

俳句例:21句目~

野ぶだうの味見などして出羽の旅/石川文子

野ぶだうやすゝ竹原のそこかしこ/寺田寅彦

野葡萄のまだ真つ白に月を待つ/市村究一郎

野葡萄のむらさきあはき思ひかな/島谷征良

野葡萄のむらさきくもり野菊澄む/西本一都

野葡萄の実のふぞろひに色づけり/倉田静子

野葡萄の実をいろいろにもみづりぬ/森澄雄

野葡萄の瑠璃さんざめく風日和/文挟夫佐恵

野ぶだうの粒それぞれの色をして/小野/克之

野葡萄のしみがかなしいのではなく/櫂未知子

野葡萄の実の光り沖荒れなか~やまぬ/吉岡禅寺洞

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ