季語/薄(すすき)を使った俳句

「薄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薄」について

【表記】薄

【読み方】すすき

【ローマ字読み】susuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・尾花(おばな:obana)

・芒(すすき:susuki_)

・芒野(すすきの:susukino)

・芒原(すすきはら:susukihara)

・花芒(はなすすき:hanasusuki)

・穂芒(ほすすき:hosusuki)

・芒散る(すすきちる:susukichiru)

・糸芒(いとすすき:itosusuki)

・鬼芒(おにすすき:onisusuki)

・真赭の芒(ますおのすすき:masuonosusuki)

・まそほの芒(まそほのすすき:masohonosusuki)

・真赭の糸(ますおのいと:masuonoito)

・一叢芒(ひとむらすすき:hitomurasusuki)

・一本芒(ひともとすすき:hitomotosusuki)

季節による分類

・「す」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

薄を含む俳句例

鮭上る芒の闇や最上川/香村

猪を荷ひ行く野や花薄/白雄

風の芒の父の顔/栗林一石路

八方へ葛城山の芒みち/小島健

石を出る流れは白し花薄/麦水

秋風の鬣見ゆる白芒/齋藤愼爾

芒一本雲密集の沖支ふ/有働亨

萩芒月は細きが哀れなる/野坡

鎮魂の手の切り傷よ芒原/原裕

狐山狼山の尾花かな/三好達治

山陰の野に暮急ぐ芒かな/乙二

山荘の隣は遠し花芒/三木みち

深秋の芒にはしる波の翳/楸邨

月読の命を讃へ萩芒/下村梅子

芒の穂後姿の無帽の師/下田稔

玄界の潮騒聞ゆ芒原/江頭景香

花芒岬へ低く月の出し/村田脩

繰り糸の白さと風の川芒/子郷

老医師に磧芒のなびく道/龍太

花芒光る山国仏見に/木村敏男

俳句例:21句目~

恋心四十にして穂芒/尾崎放哉

峯入や松林の芒潭の月/滝十牛

貌が棲む芒の中の捨て鏡/苑子

待るゝと思ふ夕の芒かな/霞東

短日の門や一本芒影/中島月笠

法輪の芒にはふや葛の花/乙二

川上の又川下の花芒/高澤良一

芒坂婆より劣る肺袋/中戸川朝人

芒野や浅間の煙吹き下ろす/素十

人恋し崖の縁まで芒原/花尻万博

右も坂左へ登る芒かな/皆川白陀

人姫しづむ泡あり花芒/大石雄鬼

湖や漁る舟と風ザ芒/東洋城千句

刈とりてもとの乱るゝ芒哉/几董

花薄暁の鐘に露ほろ~/藤野古白

銀芒丹波山系光りけり/岩崎照子

町中や冷たさ見ゆる薄の穂/展宏

引袖は尾花にありて女郎花/也有

節々に臙脂の入る川芒/高澤良一

狩の眼で見し化野の花薄/齋藤玄

俳句例:41句目~

朝寒の露も下りざる芒かな/石鼎

武蔵野や畠の隅の花薄/子規句集

朝日影横よりさしぬ花薄/原石鼎

秋風の芒痩せたる石切場/有働亨

金の芒頂上駅に降り立ちぬ/原裕

風ふけば髪束ねたし芒原/渋谷道

白山へ靡く奥美濃白芒/橋本茶山

月光に芒の一葉刃なす/下村非文

花芒鈴鹿陰晴定らず/鈴鹿野風呂

書写山に来て金芒銀芒/山田木染

是よりして秋の日弱る芒哉/成美

高芒古山河を盛返す/百合山羽公

花芒狐が嫁にゆく雨ぞ/細川加賀

神橋は朽て久しき芒哉/寺田寅彦

仲秋や芒の中の女郎花/尾崎迷堂

花芒束ね海光一人占め/伊藤京子

芒野の鳶より低し賤ケ岳/秋櫻子

織女に老の花ある尾花かな/嵐蘭

小狐のわれに飛び出る芒哉/花山

花芒払ふは海の鱗雲/芥川龍之介

俳句例:61句目~

早松茸芒の茎はよわよわし/亀睦

三日月を撓めて宿す芒かな/素堂

日が月に代りて露の芒原/森澄雄

芒とる少年月を迎ふ村/高澤良一

仰木越漸く芒多きかな/高浜虚子

八幡平頂上芒の茎臙脂/高澤良一

萩芒縁まで茂る燈籠哉/小澤碧童

満山の銀の芒や鷹渡る/橋本鶏二

担ぐ艪を芒の上に廻しけり/篠原

背高の芒の中を伯備線/松岡洋巨

手拭をかむらば狐夕芒/木村ふく

夕闇を静まりかへる芒かな/暁台

山風に芒浪うつ麓かな/羅蘇山人

胸元に夕日集まる芒採/橋本榮治

芒道前にもうしろにも風が/和夫

樵人に夕日なほある芒かな/石鼎

雲遊ぶ夜は夜の光花芒/倉田晴生

洞穴を水迸る芒かな/筏井竹の門

をり~に沼輝けば芒また/たかし

芒原十月の雲流れけり/松浦為王

俳句例:81句目~

芒馳す彼方祖母山傾山/高澤良一

御仏と共に在る日の萩芒/星野椿

秋晴の強き芒にふれにけり/石鼎

花薄風のもつれは風が解く/蓼汀

誰彼の声のやさしく花芒/桂信子

待宵の芒になびく女声/西村公鳳

湯治小屋嘗て十六芒原/高澤良一

伊勢近し尾花がうへの鰯雲/巴人

初嵐馬を芒に放ち見ん/佐藤紅緑

萩芒元政庵はすきな寺/中川四明

夕焼や芒野を渡る大鴉/内田百間

引返すには遠すぎて芒原/長田等

一本の松の高さや芒原/野村泊月

弓立の翳を湖国の鬼芒/吉田紫乃

庵室の庇を没す芒かな/寺田寅彦

帰るさに今一度の芒原/高澤良一

一聯の露りん~と糸芒/川端茅舎

芒から芒へ鋏持ち歩く/岡田史乃

落鮎や川原芒はただ靡く/本橋仁

秋の雲尾上の芒見ゆる也/泉鏡花

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ