季語/馬肥ゆる(うまこゆる)を使った俳句

「馬肥ゆる」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「馬肥ゆる」について

【表記】馬肥ゆる

【読み方】うまこゆる

【ローマ字読み】umakoyuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の駒(あきのこま:akinokoma)

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

馬肥ゆるを含む俳句例

片口の駒行く原や秋の暮/調管子

牧の果太平洋や馬肥ゆる/嶋田一歩

石狩の渚に遊び馬肥ゆる/阿部慧月

一の馬二の馬三の秋の風/佐々木六戈

鼻息が土をとばすや馬肥ゆる/森田峠

馬肥ゆる牧場に遊ぶ麓の子/蒲沢康利

藁しべの括り髪なる秋の駒/中村苑子

馬肥えぬ叩きめぐりて二三人/橋本鶏二

人乗せて素直や山の馬肥ゆる/新/信子

塩をやる肩に甘えて馬肥ゆる/浜地其行

天高く馬肥ゆと妻肥えにけり/辻田克巳

廃校の真昼の暗さ馬肥ゆる/飯塚久美子

廟前といはず放され馬肥ゆる/皆吉爽雨

馬肥ゆる夜々聴く狸囃子かな/久米正雄

柿の木の空の白雲馬肥ゆる/小原菁々子

樹雫に打たれ貸馬肥えもせず/大島民郎

馬肥えぬ夜目にも漆光りして/佐藤念腹

潮騒の空の深さに馬肥ゆる/長倉いさを

陽関や天馬たらむと馬肥ゆる/有馬朗人

秣桶噛み減らしつゝ馬肥ゆる/岡本酌水

俳句例:21句目~

秋の駒月に覚めいて夜も食う/榎本虎山

遠目にも毛並光りて馬肥ゆる/吉村ひさ志

風神をのせてたてがみ馬肥ゆる/井沢正江

壺の馬抜け出しさうな秋の天/伊藤いと子

馬肥えて対馬乙女を乗せにけり/林美代子

馬肥ゆる微塵無限の日のひかり/成田千空

馬肥ゆる牧を任地として住める/水見壽男

馬肥ゆる阿蘇の流鏑馬神事かな/松田弘子

黒人の牧夫優しく馬肥ゆる/久本/千代喜

秋の夜の馬を看護りぬ貨車の中/稲葉光堂

秋の馬水にかこまれゐて寧し/大木あまり

わだつみへ落込む牧や馬肥ゆる/赤司芙美

牧の馬肥えにけり早も雪や来ん/高濱虚子

通る我をしげしげと見ぬ秋の馬/飯田蛇笏

帰国の途より馬肥ゆる我肥ゆる/稲畑廣太郎

馬肥ゆるころをしぐれて軍馬の碑/大島民郎

おほいなる舌をしまひぬ秋の馬/大木あまり

二人して乗る阿蘇の馬肥えにけり/下村梅子

馬肥えてレール走らす日の光り/秋元不死男

バリカンの調子にのりて馬肥ゆる/渡辺弘子

俳句例:41句目~

馬肥ゆるみちのくの旅けふここに/山口青邨

曲り家に可愛がられて馬肥ゆる/大橋越央子

行きづりや奥のをみなら馬肥やす/萩原麦草

馬肥ゆる火の山すそをかけめぐり/廣中白骨

泣きぼくろ持つ少年に馬肥えて/柴田白葉女

馬肥ゆるとはみちのくの野なるべし/山口青邨

博労の値ぶみまちまち馬肥ゆる/石川/かほる

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ