季語/車前草の花(おおばこのはな/しゃぜんそうのはな)を使った俳句

「車前草の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「車前草の花」について

【表記】車前草の花

【読み方】おおばこのはな/しゃぜんそうのはな

【ローマ字読み】obakonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

車前草の花を含む俳句例

車前草の長き命や門の径/岡本松浜

車前草の花引抜きて草角力/大崎幸虹

車前草の花かかげたり深轍/高木良多

日食の車前草乾き戦車過ぐ/宮武寒々

番所守車前草に足沈めたり/皆川盤水

車前草の花が土下座の奥の院/檜紀代

車前草も人のくすりに谷涼し/上村占

車前草の花へ跼むも花博士/辻田克巳

車前草の穂も逞しく夏送る/高澤良一

おほばこの花に風吹く船揃/友岡子郷

蓬萌えおほばこの葉も遅速なく/汀女

夕立の脚車前草をはなれけり/清原枴童

雑草のなかの雑草車前草咲く/高澤良一

浜明くる砂地育ちの車前草に/高澤良一

湖畔にて車前草の露滂沱たり/富安風生

車前草を踏んずけて沼一巡り/高澤良一

車前草の花に椀置きメノコ墓/西本一都

車前草や花はさびしも草の中/金谷信夫

車前草の花のふるへる山の湖/大坪景章

車前草に覆はれ竪穴住居の丘/高澤良一

俳句例:21句目~

車前草の葉盛り旅に死ぬは昔/香西照雄

車前草の新しき穂と古き穂と/高澤良一

おほばこの芽や大小の葉三つ/高野素十

おほばこを涵せる雨や盆三日/飯田蛇笏

車前草に夕つゆ早き森を出し/室生とみ子

車前草のつん~のびて畦昼餉/高田瑠璃子

車前草の穂の擦り切れし岬の道/高澤良一

車前草の紐のやうなる花かかげ/綿利信子

車前草の花のよごれや牧場口/鈴鹿野風呂

車前草の花鞭囚人に千切り難く/香西照雄

車前草の葉の皆ぬれて滝の道/鈴鹿野風呂

車前草の葉裏くぐりに蛇去りぬ/青木可笑

車前草の踏まれ踏まれし蹴速塚/橋本榮治

車前草は鞭あげ山河荒るるまま/木村蕪城

車前草や今年勤めて日焼けたり/大野林火

車前草生ふ阜の墳土の固かりき/高澤良一

おほばこの花に日暮の母のこゑ/大獄青児

クローバと混る車前草田舎の出/香西照雄

おほばこの花の若さを詠ひたし/細見綾子

おほばこの花をはげしく雨叩く/若土白羊

俳句例:41句目~

偏見はすこぶるつよし車前草村/高澤良一

おほばこの葉は末枯れずありにけり/立子

盆の雨車前草はやくぬれにけり/飯田蛇笏

怖いほどおほばこ伸びぬ極暑来/森川暁水

死に至るわが道草のおほばこよ/佐藤鬼房

草のなか車前草鞭をあげにけり/伊藤無門

おほばこの花の地温ののぼり来る/嶋田麻紀

罅の入る舗装路裂け目車前草生ゆ/高澤良一

おほばこも雀隠れとなりにけり/吉岡禅寺洞

おほばこや常着の袖のけふ短かに/石川桂郎

水車みち車前草はやく濡れにけり/飯田蛇笏

おんばこや息やはらかく親仔牛/つじ加代子

車前草に埋もれて道は在るには在る/高澤良一

近ぢかと路よけあふや車前草鳴る/中村草田男

おほばこを打ち擲つて父の忌なりけり/原田喬

話しつゝおほばこの葉をふんでゆく/星野立子

おんばこの花に仔馬の跳ねにけり/鈴木しげを

雨脚のぴょんぴょん車前草伝ひなる/高澤良一

踏まれつゝ車前草の葉の広ごりぬ/池上/秀子

車前草踏み遺跡ガイドのボランティア/高澤良一

俳句例:61句目~

よくゆれてへらおほばこの咲き始め/佐々木六戈

車前草の小さくたしかな梅雨の影/阿部みどり女

おほばこの葉の焦げてゐるキャンプかな/富安風生

吹かれてはへらおほばこのへらさわぐ/佐々木六戈

おんばこなるべしビリチス句なふたこゑどり/加藤郁乎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ