季語/大晦日(おおみそか/おおつごもり)を使った俳句

「大晦日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「大晦日」について

【表記】大晦日

【読み方】おおみそか/おおつごもり

【ローマ字読み】omisoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大三十日(おおみそか:omisoka_)

・大年(おおとし:otoshi)

・大歳(おおどし:oodoshi)

・除日(じょにち:jonichi)

季節による分類

・「お」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

大晦日を含む俳句例

大年の莚に咲かす餅の花/原裕

大年や手の置れたる人心/羽紅

大年や我死所の鐘もなる/一茶

大年の裳裾ひろがる冬汀/原裕

第九今大合唱に大晦日/木村草女

大年の何に驚く夜啼鶏/佐藤春夫

大年の大夕焼や観世音/京極杞陽

大年の海原叩け鯨の尾/遠山陽子

大年の墓清めんと声を出す/原裕

大年の法然院に笹子ゐる/森澄雄

大年の櫛笄を選びゐる/池田秀水

大年の我顔惜む鏡かな/大谷句仏

大江戸や動くもの皆大晦日/戯道

大年や寺真つ向に白磧/石原舟月

大年の月光つたふ竹箒/嶋田麻紀

大年へ人の昂ぶり機の音/中山純子

仏らと眠る大年の月の下/吉野義子

大年の水面に就ける夕鴎/石田勝彦

大年の顔の覗ける産湯かな/岸田稚

燭きつて暁ちかし大晦日/夏目漱石

俳句例:21句目~

大年の熊野に仏見舞かな/茨木和生

大年の机上さながら海漂ふ/松澤昭

廂より縄降りてくる大晦日/中田剛

大年の敷藁にほふ夜の厩舎/東天紅

大年の田水光るに禽あそぶ/下田稔

大年の杉苗畑をきよめをり/飴山實

黒髪を洗ひて宿の大晦日/飯田法子

大年の河遡りくる潮かな/深田雅敏

大年の空かきくらし鎔鉱炉/関圭草

大年の霜流れゐる龍の髯/外川飼虎

大年や遺影の夫の額拭ふ/和田知子

大年や貼り煩へる壁と紙/野村喜舟

大年の東京煮ゆる人地獄/石塚友二

大年の身のはなれよき笹鰈/森澄雄

大年の夕日当れる東山/五十嵐播水

大年の一匹糶の鮟鱇かな/西本一都

大年の大河のうしろ姿かな/西宮舞

大年の人差し指を深爪す/有馬英子

大年の鰐の背中を洗ひをり/石寒太

足がまた二階へ上る大晦日/辻田克巳

俳句例:41句目~

大年の母港にかへり泊つる船/林大馬

大年の注連新たまり御神木/香下純公

大年の空といふ雲一つなし/藤井俊一

やゝ早き退院許可や大晦日/谷川紫竹

大年の若狭一塩舁きにけり/古舘曹人

大年の草焼く海津城址かな/西本一都

大年の蒼海ちかく住みにけり/原石鼎

大年の街の音聞く橋のうへ/大屋達治

一刻を残す大年活字撰る/河村良太郎

大年の街荷ひゆく湯桶かな/野村泊月

事もあらうに大年の鉄斎忌/岡井省二

大年の山河も晴れを賜りし/高橋正子

大年の隣人風呂をたばひけり/安住敦

大年の雨の間に聞く鳰の笛/松村蒼石

大年の鳥に話をしてゐたり/岡田史乃

大年の鶏しめてゐる裏の畑/岡本高明

大年の鶴/鳶/鴉天わかち/吉野義子

大年やおのづからなる梁響/芝不器男

否応も言はさず暮れぬ大三十日/青嵐

大年や借り重ねたる人の恩/石塚友二

俳句例:61句目~

大年や僧の総出のためし撞き/中島初

大年や剥がれかかりて燕の巣/中田剛

大年や啄木鳥叩く常の音/東洋城千句

大年や朝寝の床に耳すます/浅原六朗

大三十日愚なり元日猶愚也/正岡子規

大年や海原は空開けて待つ/奥坂まや

大年や薬も売らぬ隠君子/芥川龍之介

大年や鯛の荒煮の目玉よく/野村喜舟

大年のなにふれ歩く大鴉/石田あき子

大年のひるさがりより零など/原石鼎

大年のむらさきだちし夕欅/高澤良一

大年のゲラ刷にして久女伝/黒田杏子

大晦日一児は熱の床に在り/石塚友二

大晦日父がつぶやく椅子の上/原田喬

大年の仕事分け合ふ夫と妻/佐藤仲子

大年の前ゆく大根車かな/波多野爽波

大年の力づけつゝ夫婦かな/滝井孝作

大歳の山々睦みはじめけり/神山冬崖

大年の嘘は申さじ今宵ぎり/菊地三寅

大歳の日が没る成層圏飛行/品川鈴子

俳句例:81句目~

大歳の酒大尽となりにしよ/角川源義

大歳や猫わたりくる繻子の人/中田剛

大年の宙つたひ来る海の音/中川宋淵

大阪の大年いかにわれら健/石塚友二

娘二人来て帰りけり大晦日/永井龍男

家の中を水ながれ過ぐ大晦日/穴井太

山国の雪の大年降り暮れぬ/椎橋清翠

山靴にくだく除日の厚氷/望月たかし

店頭に大鯛を焼く大晦日/松沢満里子

戸袋の青淵あかり大晦日/大峯あきら

揉みにもむ歌舞妓の城や大晦日/来山

松ぼくり大年の日を懐しみ/高澤良一

波除に大年の波静かかな/松本たかし

大年の日のいろとどむ櫟山/秋山幹生

大年の日を載せ甍屈託なし/高澤良一

瞑りて大年の髪梳かれをり/佐野美智

大年の星の配置のすみし空/藤崎久を

社宅みな人声もせず大晦日/大谷恵教

竈の前大晦日の猫の居る/広江八重桜

群集を染め大年の日は沈む/福田蓼汀

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ