季語/冬の雲(ふゆのくも)を使った俳句

「冬の雲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の雲」について

【表記】冬の雲

【読み方】ふゆのくも

【ローマ字読み】fuyunokumo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬雲(ふゆぐも:fuyugumo)

・寒雲(かんうん:kanun)

・凄雲(せいうん:seiun)

・蝶々雲(ちょうちょうぐも:chochogumo)

・富士の笠雲(ふじのかさぐも:fujinokasagumo)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の雲を含む俳句例

禅林の冬雲動く潦/高澤良一

冬雲や毎日通る肥車/前田普羅

一塊の冬雲巌より重し/乃木楚人

坐禅堂上を粛々冬の雲/高澤良一

大空に飛石の如冬の雲/高浜虚子

冬雲は静に移り街の音/高濱年尾

巌石の如き冬雲日をかくし/上野泰

戦艦の如く冬雲進みけり/本居三太

黒雲の冬雲を見て牛怒る/萩原麦草

明暗に山肌分けし冬の雲/杉田竹軒

壁穴や内外もなき冬の雲/栗生純夫

冬雲を截るや庭師の大鋏/山田健弘

倒木が沼に落ち込む冬の雲/斉藤節

冬雲を隕つるひかりに櫟原/瀧春一

伊吹嶺や風の象に冬の雲/辻恵美子

人遠く思へる時よ冬の雲/高木晴子

大食の粗食冬雲日を匿す/右城暮石

ほんやりと峰より峰の冬の雲/惟然

冬の雲生後三日の仔牛立つ/飯田龍太

冬雲や峯木の鴉唖々と啼く/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

冬の雲透かせて洗う試験管/対馬康子

冬雲の厚き手ざはり朴落葉/渡辺恭子

冬雲や父軍艦に朱を掲げ/宇多喜代子

冬雲や磔像のごと特攻碑/八牧美喜子

冬雲の明るさに照り勝る梢/高澤良一

冬雲や竹のまなかに担ぐ人/小川軽舟

冬雲を背に垂訓のおん姿/下村ひろし

冬雲の蓋豊岡にかかりをり/京極杞陽

雲動いても動いても冬の雲/稲畑汀子

冬雲の穴の青空移りゆく/猿橋統流子

移転の荷冬雲載せて傾きて/津田清子

馬子唄に冬雲あそぶ浅間山/岡澤康司

冬雲に錦帯橋のとどきけり/荘所亀子

冬雲のはなやぎに充つ初老びと/原裕

冬雲におしつけられし山の線/京極杞陽

野に赭らむ冬雲誰の晩年ぞ/堀井春一郎

隠れ田の水冬雲を遊ばする/鷲谷七菜子

灯るまで冬雲まみれ常夜燈/大峯あきら

東京の上の冬雲襤褸のごと/松本たかし

覆ひ来る塚の名残りや冬の雲/立花北枝

俳句例:41句目~

傾山と祖母山と連なり冬の雲/後藤緒峰

冬の雲一箇半箇となりにけり/永田耕衣

冬雲を踏まへ帆桁を洗ひをる/石田勝彦

ぼんやりと峯より峯の冬の雲/広瀬惟然

葬列に見知らぬ身内冬の雲/赤松けい子

冬雲に溢るる精気見たりけり/高木喬一

海見えて芙美子流転の冬の雲/岡澤康司

冬雲や釣り上げ鯛の眼の光/東洋城千句

冬雲の三日月の金つゝみ得ず/野澤節子

冬の雲捨田の水の黝みたる/豊長みのる

冬雲の大きしじまに歩み入る/古沢太穂

冬雲の折々星をかすめけり/石島雉子郎

冬の雲土手築く町の果さびし/富田木歩

或時やフハリと遊び冬の雲/松根東洋城

冬雲の行方を誰が知りませう/三橋鷹女

冬雲の隣雲なすはただならね/太田鴻村

大山の吹き飛ばし居る冬の雲/引田逸牛

冬雲をぬぎし一とき遠浅間/寺島きよ子

其大を比すべきものに冬の雲/松瀬青々

屋根に干す煎餅冬の雲に隣る/田川飛旅子

俳句例:61句目~

卵黄のごとくに日あり冬の雲/阿波野青畝

日をつつみ己れ寒むがる冬の雲/西本一都

ビル巨体冬雲遠く寄らしめず/細木芒角星

中年や冬雲に光りこもらせて/柴田白葉女

冬雲がつきはなしたる兵士の墓/熊谷愛子

冬雲が翳抱く故郷乳房さがす/伊丹三樹彦

冬雲の北のあをきをわが恃む/橋本多佳子

冬雲の池にうつりて魚動かざる/寒川鼠骨

冬雲や波郷が詠みし山毛欅峠/牛山一庭人

いそがしや脚もやすめぬ冬の雲/斯波園女

かへりみる墓ぬく~と冬の雲/佐野青陽人

あつまつて来て冬雲となる伊吹/山田松寿

ペンさしてインキ壺あり冬の雲/福田蓼汀

一生の負ひ目とならむ冬の雲/金箱戈止夫

呼びあえる冬雲生きて走られず/寺田京子

すべすべの師の手吾の手冬の雲/斉藤夏風

父の忌の冬雲動くこともなし/津田汀々子

遠に冬雲夫の域には入り行かず/中村明子

冬雲をわれは日暮にばかり見る/下村槐太

実のあるカツサンドなり冬の雲/小川軽舟

俳句例:81句目~

ちぎれても厚き冬雲みちのくは/八牧美喜子

コンパスの一肢がおどり冬雲刺す/小暮洗葦

熔岩をゆき冬雲厚き日なりけり/山口波津女

この橋を駈けたら逢える/冬の雲/松本恭子

冬の雲舞ひたはむれて暮れにけり/石原龍人

妹手拍つ冬雲切れて日が射せば/中村草田男

冬の雲那覇はかなしきことばかり/河野静雲

冬雲は薄くもならず濃くもならず/高浜虚子

冬雲を山羊に背負はせ誰も来ず/百合山羽公

だしぬけにわたされしビラ冬の雲/木下夕爾

冬の雲その後は杖も冷えしまま/宇佐美魚目

山羊なども気荒き日なり冬の雲/百合山羽公

冬雲に機音何処かしのび寄る戦火/山岡敬典

わたつみを抱く陸めける冬の雲/阿波野青畝

冬雲のまばゆきをつつみ空暗し/川島彷徨子

冬雲に眼が乗りてゆく樹林を出て/桜井博道

病む窓の日射しさへぎる冬の雲/並松生代女

一日ゆれ冬雲たたくヘリコプター/桜井博道

バルセ口ナの冬雲よごれた旅の髪/小木ひろ子

冬雲負いうごめくは丸太の皮を剥ぐ/古沢太穂

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ