季語/狩(かり)を使った俳句

「狩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「狩」について

【表記】狩

【読み方】かり

【ローマ字読み】kari_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・猟(りょう:ryo)

・猟期(りょうき:ryoki_)

・猟人(りょうじん:ryojin)

・狩人(かりゅうど:karyudo)

・猟夫(さつお:satsuo)

・猟犬(りょうけん:ryoken)

・狩場(かりば:kariba)

・猟銃(りょうじゅう:ryoju)

・勢子(せこ:seko)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

狩を含む俳句例

蒟蒻に馬の踏こむ狩場哉/巣兆

枯芒狩場の割符拾ひけり/青嵐

猟銃の角度変らず野を進む/林翔

一湾をたあんと開く猟銃音/誓子

氷柱なめ立ち止りをる狩の犬/目

雪の原猟銃音がわれを撃つ/遷子

狩くらや雪を押しゆく犬の胸/目

猟銃を提げ農園の雪みだす/民郎

狩の犬巌の上に立ちにけり/西尾一

鏡台や猟銃音の湖心より/藺草慶子

狩小屋の夜明なりけり犬の鈴/一茶

冬芒猟銃音を肩すかし/百合山羽公

猟の犬今日伴はず猟名残/水見寿男

残雪や狩くら神の泉鳴る/巌谷小波

四日はや猟銃音が雪に鳴る/太田嗟

雲すきや尾越の鹿のねらひ狩/嵐竹

炬燵より半身出して狩の犬/辻桃子

熊狩の犬別積みに出発す/茨木和生

犬つれて老少将や狩の道/河野静雲

猟銃音山重なるを知らすなり/林火

俳句例:21句目~

熊を貼り猪を敷き狩の宿/若井菊生

ふる雪に犬も退屈狩の宿/三好雷風

流れはやし猟銃肩に渉る/山口誓子

狩の犬一声鳴きし二日かな/日原傳

熱高き猟銃音ののちの黙/石川桂郎

猟銃が俳人の中通りけり/矢島渚男

一瞬を捉えて走る狩の犬/今村征一

猟銃音湖北の天を深くせり/長田等

猪狩の衆を恃みて押通る/細川加賀

猟銃音父母の墓山その裏山/杉本寛

猟銃音青菜畑に蝶がゆれ/大井雅人

夜興引や犬のとがむる塀の内/蕪村

夜興引や犬心得て山の道/子規句集

猟銃も女も寝たる畳かな/吉田汀史

眉を引く鏡の中へ猟銃音/平林恵子

石仏猟銃音に目覚めしや/山本歩禅

銃口の前を犬ゆき猟名残/井沢正江

狩の犬今日伴はず猟名残/水見寿男

舌荒れてをり猟銃に油差す/小澤實

猟銃の銃口ひかる軒つらら/佐川広治

俳句例:41句目~

蘆分けの舳に立てる猟の犬/後藤夜半

狩猟音鳥膚だちて川流る/平井さち子

助手席へ猟銃を据ゑ出発す/奈良文夫

包まれてゐて猟銃と解る丈/野村仙水

山険し猟銃の口下方に向け/右城暮石

狩猟期の風音さとき芒原/鷲谷七菜子

牧霞西うちはれて猟期畢ふ/飯田蛇笏

晩餐を待てば猟銃森に鳴る/大島民郎

狩座に高嶺の月を仰ぎけり/安達素水

犬馴らす牧の猟夫の肥後訛/坂本竜門

大沼に雲霧こめて猟期来ぬ/石原舟月

煤隠りして猟銃を磨きをり/石原八束

夜興引やそびらに重き山刀/寺田寅彦

夜興引の面あらためし老婆かな/暮情

猟銃の三代三丁木天蓼酒/中戸川朝人

たちざまにぬくみはらへり狩の犬/裕

猟銃の鉄の感触少女に貸す/草間時彦

主より犬の逸りて猟期来る/篠田和子

犬の眼と鋭さ同じ猟夫の眼/松村竹炉

万葉の阿騎野は狩場鳥渡る/金田美那

俳句例:61句目~

頃合の飢に慣らして狩の犬/水見寿男

猟銃を手にして父の墓通る/右城暮石

狩の犬憩へる時も耳動く/堀之内和子

狩犬の繋がれてゐて峡日和/鈴木圭子

吊橋を渡りて待てる狩の犬/若月南汀

縞目なす森の朝日や狩の犬/草間時彦

猪狩の男けものの眼で走り/宮坂敏美

鼻筋の傷の雄々しき狩の犬/岩田公次

高空を鞭打つ風や猟期来ぬ/岡田貞峰

額縁に犬の賞状猟期来る/中戸川朝人

猟銃音ふたたび水の流れそむ/大串章

猪狩の焚く火鞍馬の闇の奥/佐野美智

犬先きに戻りてをりし蛍狩/玉置昊洋

縄文の裔の血騒ぐ猟期かな/加藤房子

猟銃音殺生界に雪ふれり/橋本多佳子

猟期終ふ随身門の白馬かな/秋山重子

猟期来て帳は厚みくはへたる/梅田津

火の島に犬連れ渡り猟名残/吉田孤岳

犬と息合せて猟夫機を狙ふ/山下美典

人間嫌猟銃ねんごろに磨き/佐野まもる

俳句例:81句目~

冬の猟銃忘却かけし遠こだま/寺山修司

御狩場の天に犇めく冬木の芽/加藤一郎

日月の竝び懸かれる狩場かな/橋本鶏二

森を行く夫婦に猟銃音一つ/加倉井秋を

次を待つ猟銃音のつひになし/原田青児

林中に火の香が走り猟期来る/白岩三郎

猟銃のこだまは別の銃のごと/皆吉爽雨

猟銃の一発に沼引き締まる/町田しげき

猟銃の重さ殺生知らぬわれ/百合山羽公

猟銃音水面すれすれ鴫か逃げ/石川桂郎

猟銃もて川底覗ふ若き工員/殿村莵絲子

狩猟器の弧を壁に掛け昼傾く/伊丹公子

狩猟期に入りたり寺の裏山も/茨木和生

秀峰を北に重ねて狩場かな/大峯あきら

縄とびの大波小波猟期くる/大木あまり

猟銃を拭ひ憑きたるもの落とす/藤井亘

猟銃を鹿は静かに見据ゑけり/櫂未知子

鮒鮨の熟れて湖北に猟期来る/若松徳男

猟銃音いつしか鬼を養ひぬ/小泉八重子

猟銃音タァーンとひとつ冬霞/行方克己

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ