季語/黄蜀葵(おうしょっき)を使った俳句

「黄蜀葵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黄蜀葵」について

【表記】黄蜀葵

【読み方】おうしょっき

【ローマ字読み】oshokki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・とろろあおい(とろろあおい:tororoaoi)

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

黄蜀葵を含む俳句例

花にのみ雨の雫や黄蜀葵/若木一朗

黄蜀葵少年つまだち鳩放つ/関利光

黄蜀葵真昼の燭に尼の寺/大野林火

廓跡おもかげもなし黄蜀葵/武本房子

母の家の水が甘しや黄蜀葵/皆川盤水

黄蜀葵昃れば一の門閉づる/酒井黙禅

黄蜀葵昼寝の主まだ覚めず/川崎展宏

市振の海にやさしき黄蜀葵/加藤知世子

日の透きて蝶の影ある黄蜀葵/斎藤萩女

母の忌にして黄蜀葵一の花/本宮銑太郎

満開といへどあはあは黄蜀葵/木内怜子

草にねて山羊紙喰めり黄蜀葵/飯田蛇笏

黄蜀葵夜空の雲の未だ明るし/皆川盤水

黄蜀葵花雪崩れ咲き亡びし村/加藤楸邨

黄蜀葵風すぎ風のほどけゆく/桜井博道

晝と夜とまじり合ふとき黄蜀葵/千原草之

縁日の灯に映えてゐる黄蜀葵/水谷夢円人

黄蜀葵の花雪崩れ咲き亡びし村/加藤楸邨

黄蜀葵雲水青頭ならべ来る/長谷川かな女

市原野とろろあふひの花咲かす/加藤三七子

俳句例:21句目~

しぼみ落つ花濃く咲きぬ黄蜀葵/長谷川かな女

門入りてとろろあふひの一木かな/大隈/伊津子

紙漉女に「黄蜀葵糊」ぬめぬめ凍てざるもの/橋本多佳子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ