季語/小満(しょうまん)を使った俳句

「小満」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「小満」について

【表記】小満

【読み方】しょうまん

【ローマ字読み】shoman

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

小満を含む俳句例

小満の人影ふゆる田に畑に/太田嗟

小満の月へ開けおく納屋の窓/黛執

小満のまるき柱を抱きをり/柿本多映

小満の風を青しと遊びけり/草間時彦

小満や母に八十二歳の日/平間眞木子

小満やあやめにまじる薄荷草/那須弥生

山葵田の小満の水余りけり/鈴木しげを

縦三つを引き小満の勝越しぞ/都筑智子

小満の身を大いなる樹下に容れ/池田秀水

小満や川うごかして手を洗ふ/鳥居おさむ

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ