季語/秋の潮(あきのしお)を使った俳句

「秋の潮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の潮」について

【表記】秋の潮

【読み方】あきのしお

【ローマ字読み】akinoshio

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋潮(あきしお:akishio)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の潮を含む俳句例

藍深く御魂鎮めよ秋の潮/林翔

秋潮や舳に産婆艫に僧/木村蕪城

秋潮へ心泳がす捨煙草/吉田鴻司

秋潮の藍のかゝげる波頭/佐藤艸

秋潮に押入りて赭し出水河/林翔

秋潮の紺漲れる力かな/波多野爽波

江田島は裾に廃艦秋の潮/皆吉爽雨

流木ら秋潮に来ては渦巻けり/林翔

爼にかけ流しけり秋の潮/石田勝彦

秋の潮立石かこみ盛り上り/上野泰

貫之の船路よぎりぬ秋の潮/志城柏

秋潮の沖の黒さや塩屋閉づ/沢木欣一

秋潮の紺消す雲の蟠り/阿部みどり女

秋潮の音声こもる窟かな/鷲谷七菜子

人の世の芥を浮かべ秋の潮/池田秀水

千校田もすそを秋の潮荒び/中林慶子

秋の潮遺品の画帖鋭きまま/長良扶沙

舳の先に雲仙が乗り秋の潮/高濱年尾

秋潮へ九頭竜にごり色重ね/舘野翔鶴

秋潮へ放つ箒目和布刈宮/赤松ケイ子

俳句例:21句目~

秋の潮あひるの川へ遡る/柳沢子零女

秋潮を掴みて鳶の脚ちぢむ/石田勝彦

海女深く息づく秋の潮かな/潁原退蔵

秋潮に弔ふ眸して立上る/稲垣きくの

秋潮に工場はおのれ煙らしめ/村田脩

塵箱に雨がしぶきて秋の潮/木村蕪城

秋の潮強き面のはるかなり/飯田龍太

秋潮の強き面のはるかなり/飯田龍太

焼きし残り火消すは秋の潮/長谷川秋子

やはらかき枕へひびき秋の潮/澤木欣一

秋潮の向き灯台が変へてゐし/後藤立夫

秋潮に漂ふものも去り行きし/中村汀女

少年の板の間に寝て秋の潮/大木あまり

花蓼のそこまで寄せる秋の潮/高橋睦郎

門扉錆ぶからくさ模様秋の潮/小池文子

鴎飛ぶ秋潮限りなき蒼さ/阿部みどり女

秋潮の破船あばらをとどめをり/赤松子

秋潮の穏かなれば鵜も寧し/鈴木真砂女

秋の潮仏眼も水あふれしむ/小泉八重子

秋潮に二万六千トン小さし/稲畑廣太郎

俳句例:41句目~

秋潮の紺碧変ること迅し/阿部みどり女

秋潮の航跡長しカーフェリー/富田たけ

秋潮の荒るゝは常と聞く船路/稲畑汀子

あら煮きや遠回りしてひく秋潮/渋谷道

天草の見ゆる秋潮くみ連れて/坊城董子

秋の潮満ち来る中の聖母巖/下村ひろし

秋潮に揺れつゝ船の家族診る/元島君子

秋の潮すべての蟹の背を越えぬ/原田喬

秋潮や水尾まつすぐに島渡船/満田玲子

海面に雨粒置けり秋の潮/阿部みどり女

釣をする燈台下の秋の潮/阿部みどり女

夜は星の寂かさにあり秋の潮/石川登美子

秋潮の満ちくるときに平家琵琶/佐川広治

寄生木の裏かゞやかす秋の潮/佐野まもる

早鞆の瀬を駈け抜けし秋の潮/後藤比奈夫

漂へるものひとつなき秋の潮/樋口玉蹊子

秋潮の紺より生れて月のぼる/神尾久美子

秋の潮和蘭陀人と浴びにけり/大場白水郎

秋の潮寄せてかすめる籬の花卉/飯田蛇笏

秋の潮引くたびなぎさ白くなる/大谷順子

俳句例:61句目~

秋の潮引くとき眠りしたがへり/齋藤愼爾

秋の潮波ぎつしりの昏れ際佳し/安達真弓

秋の潮荒磯の牛にきて戯るる/富澤赤黄男

薄く寄せうすうすと引き秋の潮/鷹羽狩行

秋潮に必死の糧の昆布ひろふ/能村登四郎

オホーツクの秋潮の紺銀狐の目/加藤楸邨

一泊ですか秋潮よ夜汽車のよう/伊藤淳子

秋潮に蜑が指す隠岐吾に見えず/宮下翠舟

秋潮や海女には海女の好む唄/五所平之助

秋潮の引き行く後の忘れ潮/坂口/サカヱ

秋潮をねぶつてゐたる遍路かな/岡井省二

くるぶしにじわじわ秋の潮満つ/中村朋代

秋潮音なし物を支へし力瘤も/中村草田男

舳が砕く秋潮も渦となり流る/米田双葉子

漁火の座のゆうべとおなじ秋の潮/内藤吐天

秋潮に棄てしもの人には言へず/稲垣きくの

秋潮に棄てて悔なきにもあらず/稲垣きくの

小屋乗せて組む大いかだ秋の潮/赤松けい子

鬼の眼にたかまりてくる秋の潮/磯貝碧蹄館

秋潮のいつしか満ちて平らかに/渡辺/洋子

俳句例:81句目~

タラップを取ればたちまち秋の潮/中村汀女

死に体だぜ君らのボート秋潮に/夜基津吐虫

秋潮にわが手放れしもの浮かぶ/稲垣きくの

巌に当り落ちたる小石秋の潮/阿部みどり女

父は子にアメリカのはなし秋の潮/石井雅子

ふたたびは戻らざるもの秋潮に/稲垣きくの

火の夕日落ちたるあとの秋の潮/鷲谷七菜子

秋潮の生きるかなしみ盛りあげて/鈴木真砂女

秋の潮あかるく屋根にあふれゐぬ/川島彷徨子

秋潮ひたひた貝に通じる言葉欲し/八木三日女

秋潮にとりわけひびくものもなし/阿部みどり女

秋の潮くりかへしくりかへし旅まこと/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ