季語/林間学校(りんかんがっこう)を使った俳句

「林間学校」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「林間学校」について

【表記】林間学校

【読み方】りんかんがっこう

【ローマ字読み】rinkangakko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・林間学舎(りんかんがくしゃ:rinkangakusha)

・林間学園(りんかんがくえん:rinkangakuen)

・臨海学校(りんかいがっこう:rinkaigakko)

季節による分類

・「り」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

林間学校を含む俳句例

林間学校感傷は横並び/森須蘭

熱出す子林間学校一日目/林和子

噴煙や林間学校の朝支度/水谷郁夫

林間学校吾輩ハ猫デアル/如月真菜

林間学校黒板が先に着く/櫻井幹郎

四五人の林間学校図画の会/友善誓湖

幻燈会林間学校椅子を貸す/山口誓子

深山蝶林間学校はじまらず/高浜虚子

絵の具箱明日は林間学校へ/西村和子

親一人子ひとり林間学校へ/山県輝夫

雨男到着林間学校開講/長谷川かな女

朝の樹のどれも林間学校の樹/杉野一博

林間学校亀持つてゆく相談を/依光正樹

林間学校山羊の子に囲まるる/井上弘美

林間学校椅子の傾斜に石噛ませ/寺松健

林間学校汐引く如く山を去る/山田恵一

林間学校午睡の鐘の鳴りにけり/吉澤一葎

林間学校眠る夜霧に旗鳴りて/千代田葛彦

林間学校ねむる夜霧に旗鳴りて/千代田葛彦

林間学校空気ばかりを描きたがる/権藤義隆

俳句例:21句目~

林間学校かくれてパンツ洗いおり/水野真由美

林間学校の夜ひとり目が居なくなる/田中信克

林間学校日だかき風呂を焚きにけり/高野素十

日蔭蝶追うて林間学校へ/高浜虚子「虚子全集」

林間学校木と木をつなぎシヤツ乾く/青柳志解樹

林間学校冷えこみ朝日奪ひ合ふ/岡崎光「薔薇未明」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ