季語/帰省(きせい)を使った俳句

「帰省」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「帰省」について

【表記】帰省

【読み方】きせい

【ローマ字読み】kisei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・帰省子(きせいし:kiseishi)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

帰省を含む俳句例

帰省子の学問古りぬ草の家/原裕

帰省子に朝一臼の蓬餅/松村蒼石

万歳の三河の国へ帰省かな/風生

帰省子の言葉少なし柏餅/岡和子

大杉の真下を通る帰省かな/黛執

帰省子に年々ちさき母のあり/篠原

母恋の長子長身帰省せり/脇本星浪

夕焼の麓の村の帰省かな/田中冬二

凍光や帰省す尿を大胆に/飯田龍太

帰省子を眠らせ山河拂騰す/平吹束子

揺籃の八丈富士に帰省かな/松藤夏山

帰省便り玄海灘に友釣ると/高澤良一

月見草萎れし門に帰省せり/前田普羅

朝庭に立ちて帰省の裸白し/谷野予志

萬歳の三河の國へ帰省かな/富安風生

帰省子に鉄の翅擦る源五郎/高井北杜

黴臭き納戸今なき帰省かな/佐藤綺峰

帰省して杭一本の重さ負ひ/栗林千津

帰省して父の代りの往診に/中村聖鳥

帰省子のひと日凭るる太柱/清水節子

俳句例:21句目~

帰省子のみやこ恋しき麒麟草/森澄雄

帰省子の去にて再び妻無口/角南旦山

帰省子に一抹の霧夜明の藪/山口冬男

帰省子に北窓よりの風青し/相馬遷子

帰省子の抛りだしたる手足かな/黛執

帰省子の湯殿にて足洗ふ音/辻田克巳

帰省せし顔新米の湯気の中/井沢正江

帰省子の胸幅広し農継がず/宮田/勝

帰省子の車がひろふ畑の母/白岩三郎

帰省子の電話の相手母は知る/森田峠

帰省子の鞄に入れる針と糸/松田吉憲

帰省子の駅にぬきんで弓袋/本多静江

帰省子へ声ひた押しに夕蛙/羽部洞然

帰省子に父深井戸の西瓜揚ぐ/有動亨

帰省子や父に替りて渡舟守/大森積翠

前山は月下の古墳帰省せり/鈴木豊子

帰省二日古き自転車ひきいだす/那須泰

ぐんぐんと山が濃くなる帰省かな/黛執

露草の当麻路ゆけば帰省めく/亀井糸游

門前に家鴨を追ふは帰省子か/田中冬二

俳句例:41句目~

釣人に声掛けてゆく帰省かな/黛まどか

諸共に帰省すれども相逢はず/高濱虚子

虚子記念文字館に帰省かな/稲畑廣太郎

干網の香の夕風に帰省待つ/田守としを

たま棚に帰省の机ならべけり/会津八一

つれだてる老母の小さき帰省かな/篠原

帰省行員より埋め休暇予定表/鈴木栄子

萩の雨なゝめに白き帰省かな/岸風三楼

なれそめは帰省列車の手弁当/細谷定行

帰省子と書物往来ありにけり/下村槐太

帰省子に浦島草の色濃きも/今井千鶴子

帰省子にその夜の故園花幽き/飯田蛇笏

茄子畑に夕風渡る帰省かな/鈴木真砂女

わが土産われも食ひて帰省の夜/大串章

帰省子の次男の奴が赤ふどし/岩木躑躅

自転車で駅まで運ぶ帰省の荷/高澤良一

祭幟帰省の頬打ちかつ撫でて/香西照雄

帰省子の子連れとなりし大鞄/影島智子

畔火進む帰省の電車遅ければ/香西照雄

仏壇の水替へてゐる帰省の子/長野啓女

俳句例:61句目~

帰省子の声も立居も嵩たかき/小川節子

帰省子の声の加はる太鼓打/岡部名保子

父母の闇をおそるる帰省かな/橋本榮治

埠頭いま帰省の錨しぶきあぐ/矢野聖峰

帰省子に山羊前脚を柵に掛け/池上樵人

帰省子に岐阜提灯を吊る老母/松藤夏山

島の灯の中に母の家帰省かな/武田孝子

母語り帰省のわれを眠らせず/白幡千草

帰省してまづ水をくむ松の花/田中冬二

母の手の葱の匂へる帰省かな/坂本謙二

帰省子に月夜の富嶽雲おびず/西島麦南

帰省して青田をめぐる藁帽子/寺田寅彦

母と泣きし帰省も遠き昔かな/河野静雲

母あはれ帰省子迎ふ髪たばね/岸風三楼

花つけて畦みな眠き帰省かな/飯田龍太

帰省子に杉山にほふ胡瓜もみ/野澤節子

星かげの七夕ちかき帰省かな/石原舟月

帰省せぬ子の灯か一つ寮の窓/亀井糸游

帰省せぬ寮生ひとり門を掃く/亀井糸游

帰省せり蝿取リボン吊る家に/高澤良一

俳句例:81句目~

帰省子に村の不良といふが優し/大串章

帰省の子畑の母に手をひろげ/室谷匡洋

新婚のやぼ用のある帰省かな/橋本榮治

新しき橋を渡りて帰省かな/遠藤若狭男

帰省子のまづ一杯の水を干す/田原央子

帰省子の心は先に著いてをり/板東福舎

首なげて帰省子弱る日中かな/飯田蛇笏

鬼やんま帰省の土産かすめ飛ぶ/大串章

どこまでも海星を踏んで帰省かな/辻桃子

はじめてのごと大山河帰省子に/皆吉爽雨

はればれと冬木枝ふる帰省かな/西島麥南

ひとつ家に今も井戸鳴り帰省道/亀井糸游

ドア開いて何時も突然帰省の子/高橋笛美

何よりも母に逢ひたく帰省かな/木水存女

凭りかかる柱のありし帰省かな/阿部静雄

夕顔に怒濤とどろく帰省かな/鈴木真砂女

太箸や帰省子の名もしつかりと/竹内光江

帰省して葬ひに三度来し清水/中塚一碧樓

帰省するを忘れずに歩く町夜毎/高濱年尾

帰省の子みな立ち去りし七草や/相馬遷子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ