季語/干飯(ほしいい)を使った俳句

「干飯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「干飯」について

【表記】干飯

【読み方】ほしいい

【ローマ字読み】hoshiii

子季語・関連季語・傍題・類語など

・糒(ほしいい:hoshiii_)

・乾飯(ほしいい:hoshiii__)

・道明寺(どうみょうじ:domyoji)

・引飯(ひきいい:hikiii)

・かれいい(かれいい:kareii)

・かれい(かれい:karei)

・ほしい(ほしい:hoshii)

季節による分類

・「ほ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

干飯を含む俳句例

春陰や干飯白き道明寺/青木月斗

干飯や雀ささやく軒の妻/谿/々

干飯や見えつ隠れつ雀来る/中拓夫

干飯が匂ふ水掛地蔵かな/橋本鶏二

干飯や同じ氏なる一部落/松藤夏山

干飯の麦より先に乾くかな/松藤夏山

日移るや干飯移す忘れざり/檜垣括刳

乾飯の笊掻く音も夕かな/河東碧梧桐

干飯やとかげの遊ぶ石の上/金子翠羽

干飯や勿体ないは老の癖/藤田つや子

干飯や瓢の棚の蔭日なた/岡本癖三酔

干飯に雀おどしの扇かな/井上烏三公

耳かきで干飯ほぐす緑の夜/金城けい

雀よく干飯をたべて旱かな/渡辺水巴

ほしひ碾く観蓮さんは白襷/本田一杉

干飯籠を屋根に見る日や更衣/内田百間

干飯の透き撤るまで峡の風/米沢吾亦紅

井戸蓋の上干飯篭干してあり/佐藤梧林

口中も蔵のくらさに干飯噛む/樫谷雅道

干飯の滅びるかたちに鶏眠る/藤原千秋

俳句例:21句目~

檣にゆれてゐるなり干飯籠/米澤吾亦紅

生垣の内はしづけき乾飯かな/籾山梓月

鐘楼の影うつりたる乾飯かな/吉田冬葉

干飯籠日影となりて静かかな/大橋櫻坡子

松の葉を箸でとり捨つ乾飯かな/高田蝶衣

けふの日も庭木影落つ干飯かな/喜谷六花

土用波地ひびき干飯少しばかり/西東三鬼

炒りくれし干飯や越の国に来ぬ/大野林火

山霧に蜻蛉いつさりし干飯かな/飯田蛇笏

棟の影地に尖りある干飯かな/吉岡禅寺洞

干飯や中州まで嘘もちこたえ/石田よし宏

乾飯に日陰りて酢はなれにけり/高浜虚子

干飯噛む錆びし昭和の金歯かな/五島エミ

干飯かく音さゝやかに聞えけり/吉岡禅寺洞

狂ひ女の乾飯すひとる畳つめたし/岩田昌寿

しみじみと干飯に見惚れ祇園なり/森川暁水

かたむけて西日の笊の干飯かな/吉岡禅寺洞

市の塵すこしかゝれど干飯かな/阿波野青畝

雲の塊のころがり過ぐる乾飯かな/松根東洋城

いさゝかの残りの飯も乾されけり/岩谷山梔子

俳句例:41句目~

またゝきのさびしくかめる干飯かな/吉岡禅寺洞

干飯かりかりとしまふ母で淋しいな/栗林一石路

平安貴族性交解剖圖ゑがかむか胃の底の干干菜干飯/高橋睦郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ