季語/流星(りゅうせい)を使った俳句

「流星」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「流星」について

【表記】流星

【読み方】りゅうせい

【ローマ字読み】ryusei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・流れ星(ながれぼし:nagareboshi)

・夜這星(よばいぼし:yobaiboshi)

・星流る(ほしながる:hoshinagaru)

・星飛ぶ(ほしとぶ:hoshitobu)

・星走る(ほしはしる:hoshihashiru)

季節による分類

・「り」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

流星を含む俳句例

をり姫に推参したり夜這星/一茶

湖底の村語り出す夜這星/石井保

星流る街には風の辻楽師/秋尾敏

流星の声発したる湖の上/大串章

葉柳や星飛ぶ五千三百里/会津八一

父母のうすき縁や流れ星/下田実花

丑満の星飛び氷る切通し/佐野美智

流星の相逢ふ縁なりしかな/滝青佳

夜這星桑の畑のつづく径/田中冬二

大空の清艶にして流れ星/高浜虚子

流星のあと想念を失える/和田悟朗

瞬間といふを線とし星流る/蔦三郎

戦遠し妻見し凶の流星も/香西照雄

隠国の星飛ぶ夜の初瀬の闇/稲岡長

寝袋の胸に相次ぐ流れ星/勝田房治

流星や海底に殖ゆ鰈の目/大塚まや

流れ星天秤棒の肩すかし/二村典子

木曾谷の空傾けて流れ星/星野秀則

星飛んで齢俄に加速する/小出秋光

星流れ避けて通れぬ死を思ふ/征一

俳句例:21句目~

流星や祭火消えし杜の上/羽部洞然

星合のそれにはあらじ夜這星/左繍

寝語りも一枚毛布星流る/吉田鴻司

家持の海なれば星流れけり/河本和

流星の俄に太し月の空/五十嵐播水

流星や水を破りて舟の棹/米沢吾亦紅

流星や水音こもる真葛原/飯野てい子

湿原や星流れたる男の背/小川双々子

旅情かも更けし湖上の流れ星/及川貞

月天に流星見えし枯野かな/鈴木花蓑

流星やかくれ岩より波の音/加藤楸邨

子の眼星流れ声はなちたり/大橋裸木

流星の尾の長かりし湖の空/富安風生

天と地の一枚闇に星流る/つじ加代子

星飛んで殉教の海只暗し/荒川あつし

星飛ぶや寝ねし我家へ帰りつく/篠原

星飛ぶや地震列島闇深き/松本津木雄

月明の穂高に消ゆる流れ星/田中英子

嘶きや日高山脈星走る/一ノ瀬タカ子

をかしらし春の夕の夜這星/尾崎紅葉

俳句例:41句目~

流星待つ脚高のグラスにて/早川きく

星流れ吾に一筋の風のこる/吉年虹二

星流れピカソ一枚やぶきけり/皆吉司

流れ星火の粉一つの高上り/香西照雄

星流れつぐ別の空ある如く/井沢正江

わが生の今が大事や流れ星/岡本武三

流れ星蝉の穴にも涙あと/増田まさみ

胸ぐらの闇に収める流れ星/五島高資

高原の夜空は高し流れ星/赤木タモツ

流星を咥えしたたる秋田犬/鳴戸奈菜

星流る失楽園のはじめより/坂本宮尾

流星一道斥候秋の江を渡る/寺田寅彦

流星に思はずも襟かき合せ/星野立子

流星や墨壱丁を照らしたる/永田耕衣

山登るほど流星の音すなり/対馬康子

流星のあと軋みあふ幾星座/福永耕二

五人居て三人気付く流れ星/村井信子

西に遠国北に遠国星流る/佐野まもる

青鷺吹かれむかし流星夥し/遠山郁好

流星の使ひきれざる空の丈/鷹羽狩行

俳句例:61句目~

流星や旅の一夜を海の上/下村ひろし

流星や膝より欠けし石の馬/対馬康子

いさり火の果や津軽の流れ星/岡澤康司

星飛んで未来氷劫ひとに恋/稲垣きくの

浴衣着て水のいろまち星流れ/長谷川双

無限とは星飛ぶ空の闇のこと/藤井松代

ふところへ流星一人栖みの山/中島斌雄

玄海のかたぶくと見て星流る/桂樟蹊子

箸置のワインのコルク星流れ/江頭信子

落石を追ひて星飛ぶ夜の登山/河北斜陽

鯤棲める海の真北や星流る/岩坂満寿枝

一瞬の糸となりゐて流れ星/稲畑廣太郎

大流星碎けて消えて吾が立つ/相馬遷子

大空のどこかが欠けし流れ星/藤崎久を

宵越しのペン擱く刻や流れ星/富永小谷

家貧し流星の弧をさしこまれ/細谷源二

喪の旅の火酒に喉焼く夜這星/高井北杜

帰らざる山の子呼べば流れ星/福田蓼汀

探照燈の穂に吸はれゆく流れ星/及川貞

流れ星山屏風して配流めく/文挟夫佐恵

俳句例:81句目~

流れ星岸辺の牛を思慕しつゝ/攝津幸彦

流れ星頭蓋のひびは罅のまま/鎌倉佐弓

流星にとどろきなびく銀の髪/高澤晶子

流星に二度と戻れぬ空のあり/櫂未知子

流星に夜は肩落すケルンあり/岡田貞峰

流星のつまづき去りし山の肩/小島昌勝

流星やかのピエロもう寝る頃か/長田等

流星やをとこの貌の嶺ひとつ/雨宮抱星

流星や夜いたみし草の花明り/中島月笠

流星を天のたまひて伊賀夜寒/野澤節子

流星を見し夜の眠り浅かりし/星野高士

流星を追ふ両の臂燃しながら/佐藤鬼房

流星を連れに語らず冬の原/金尾梅の門

獅子座流星箪笥にたまる宇宙塵/安西篤

星飛んで漁火一つなかりけり/玉川鴦鳴

破船より高きもの無し流れ星/今瀬剛一

翅たたみ眠るみどりご流れ星/遠山陽子

願ひごと半ばに消えて流れ星/大野花子

高原の流星しきりなる夜かな/星野立子

鼻さきに伊賀の濃闇よ流れ星/大野林火

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ