季語/雨月(うげつ)を使った俳句

「雨月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雨月」について

【表記】雨月

【読み方】うげつ

【ローマ字読み】ugetsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雨名月(あめめいげつ:amemeigetsu)

・雨夜の月(あまよのつき:amayonotsuki)

・雨の月(あめのつき:amenotsuki)

・月の雨(つきのあめ:tsukinoame)

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

雨月を含む俳句例

秋の雨月に対して猶悲し/松岡青蘿

雨月なる渚に埋めてゐる鴎/皆吉司

銭湯へ使走らす雨月かな/宮武寒々

髪若し夜学は雨月物語/宇佐美魚目

夢殿を包みて雨月八角に/和田悟朗

大堰の水音高き雨月かな/福井圭児

手花火を栞に雨月物語/相生垣瓜人

寝し雨戸照し雨月の簷雫/西山泊雲

枝豆を喰へば雨月の情あり/高浜虚子

雨月なる三面鏡へ帰りつく/池田澄子

雨月かな河原に枕近すぎし/鳴戸奈菜

かため置く雨月の傘の雨雫/長沼紫紅

玄関に雨月の靴の匂ひして/高澤良一

しばしばや人に雨月の瓜畠/飯田蛇笏

葉が少し置かれ雨月の外流し/岡本眸

薩摩琵琶雨月湿りの撥捌き/高澤良一

はせ川の河童屏風の雨月かな/竜岡晋

早々と書斎に籠る雨月かな/片桐孝明

濤音に芋のころがる雨月かな/齋藤玄

菜種梅雨ことふる雨月物語/西本一都

俳句例:21句目~

濡れ仏濡れて雨月の善光寺/西本一都

篝焚く男立ちゐる雨月かな/高木晴子

二三人雨月の傘や尻からげ/西山泊雲

五六本雨月の傘の用意あり/日野草城

松島の雨月の空の広がりし/岸本尚毅

神無月や雨月の傘に散る紅葉/西山泊雲

立てかけて雨月の傘の皆黒し/大野林火

経論の離亭灯あかき雨月かな/宮武寒々

美しき雨ふりいでし雨月かな/倉田紘文

胸もとに雨月あかりを漂はせ/平畑静塔

舟をり~雨月に舳ふりかへて/飯田蛇笏

落栗や沼の雨月の夜に似たり/小川芋銭

著く落葉透けて雨月の傘の裏/西山泊雲

足もとに杉の闇くる雨月かな/竜口幸子

ぬすびとに夜々の雨月や瓜畠/飯田蛇笏

過ちて紅き酒飲む雨月かな/小泉八重子

鍵提げて雨月の校舎見て廻る/真砂松韻

阿波雨月蛸がいも喰ふ噺かな/進藤一考

隠棲の蝉たえまなき雨月かな/飯田蛇笏

雨月にも魚紋あきらか山の池/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

雨月今殊にあかさや雁落つる/西山泊雲

風颯と雨月いよいよ確かなり/高澤良一

一と膝を寄せての話雨月かな/北川英子

作小屋に雨月の酒の届きけり/古住蛇骨

高野槙ふかく雨月の真闇かな/西村公鳳

雨月なり兎跳ねゐる楽茶碗/矢吹嘉な江

団子二串雨月となりし宿坊に/野澤節子

大阪に潮満ちてゐる雨月かな/山本洋子

女傘さして出でたる雨月かな/加藤霞村

妻に言継ぐもなかりし雨月か/杉山岳陽

果物舗雨月の光りさしそひぬ/飯田蛇笏

待つ花や今宵雨月の馬さぐり/上島鬼貫

御僧の絵解きに侍る雨月かな/佐野美智

松島の雨月や会ふも別るるも/佐藤鬼房

侍従長風と去りたる雨月かな/今泉貞鳳

梨食みて雨月は人を偲ぶかな/伊藤京子

海に出て後の雨月ぞ只ならね/高橋睦郎

物音も雨月の裏戸出でずして/田中裕明

あるだけの酒くみ寝ぬる雨月かな/上村占

垣の外へ咲きて雨月の野菊かな/渡辺水巴

俳句例:61句目~

御影堂の内はともれる雨月かな/三星山彦

うそ寒く読み終へぬ雨月物語/高橋淡路女

うなぎ笊ころがしてある雨月かな/安住敦

松杉やわけて雨月のあすならう/佐野良太

をりをりは空の明るき雨月かな/帖地津木

雨月かな亡き娘の話今日はする/高木晴子

ぬかるみて雨月の園の径かな/楠目橙黄子

厠窓ここも雨月の戸樋の鳴り/波多野爽波

雨月とて障子のうちの遊びごと/高濱年尾

碇泊燈雨月の空にかかりたり/五十嵐播水

雨月なり王の名忘れたるように/対馬康子

傘影の出来ては消ゆる雨月かな/西山泊雲

庭篝燃えくすぶりて雨月かな/高橋淡路女

温泉にあれば雨月の蜑の話ごゑ/木村蕪城

雨月情ありこのひとを帰しかね/三好潤子

風蘭に雨月ありけり蚊帳に入る/渡辺水巴

舟をりをり雨月に舳ふりかへて/飯田蛇笏

虫声惻々雨月の黄菊我も嗅がむ/北原白秋

小樽運河ガス燈黄なる雨月かな/細井みち

心中に雁舞うてゐる雨月かな/徳永山冬子

俳句例:81句目~

墨すれば今宵雨月の香ありけり/村林星汀

暗きより潮押しのぼる雨月かな/村沢夏風

いなづまや雨月の夫婦まだ寝ねず/黒柳召波

くさむらに羽根まじりける雨月かな/中田剛

たま~の奈良の雨月もよかりけり/真木芽舟

はやも酔ふ雨月の酒と思ひつつ/後藤比奈夫

まなじりに雨月はやみて秋のかや/飯田蛇笏

わが胸に雨月のほかの愁ひあり/福永みち子

くらがりに炭火たばしる雨月かな/石田波郷

ガレーヂの開かれしまゝ雨月なり/横山白虹

のそと来る雨月の傘を立てかけて/山口青邨

傘ぬちのほのと明るき雨月かな/冨田みのる

棗の実ことに雨月をしだれたる/成瀬桜桃子

出ついでの傘さして佇つ雨月かな/飯田蛇笏

雨月なる外人倶楽部まくらがり/五十嵐播水

少しぬるめに少し長めに雨月の湯/福永鳴風

銀杏の葉のしきりに落つる雨月哉/西山泊雲

雲切れてひととき雨月澄めりけり/永井龍男

縁側に射したり消たり雨月かな/阿波野青畝

死者の辺に一夜を明かす雨月かな/佐野美智

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ