季語/温め酒(あたためざけ)を使った俳句

「温め酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「温め酒」について

【表記】温め酒

【読み方】あたためざけ

【ローマ字読み】atatamezake

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

温め酒を含む俳句例

妻と酌む妻は佛や温め酒/森澄雄

美しき蟹あり酒を温むる/高野素十

桂月の酒は我等も温むる/遠藤梧逸

東京に待てる友情温め酒/山田弘子

檐の端に山日傾く温め酒/角田独峰

温酒一夜一夜と親しめり/高木晴子

稿了の喜び更に温め酒/篠塚しげる

妻木の火温め酒に美しき/茨木和生

忘れ得ぬ訥々の言ぬくめ酒/杉本寛

蓼の花酒は温むべくなりぬ/石井露月

能登衆と一夜の酒を温めむ/桑田青虎

天行の不順の酒を温めけり/綾部仁喜

悦びにをののく老の温め酒/高浜虚子

われのごと腹太瓶子温め酒/亀井糸游

一壺酒を温めて我が桃青忌/遠藤梧逸

温め酒汲むや子が居は山近き/及川貞

温め酒一夜一夜と親しめり/高木晴子

人肌といふはむづかし温め酒/瀧春一

秋鯵や温め酒もよくなりぬ/青木月斗

一杯は夫にも強ひる温め酒/関澄ちとせ

俳句例:21句目~

ひそかにも自祝一盞ぬくめ酒/稲畑汀子

ひとくさり医者の悪口温め酒/荒巻大愚

一つを為し次の一つへ温め酒/村越化石

些事といふ勿れ自祝の温め酒/川田長邦

嗜まねど温め酒はよき名なり/高濱虚子

温め酒この一刻がすべてなり/高澤良一

温め酒将門びいき集ひけり/成瀬櫻桃子

温め酒母の手紙も来ずなりぬ/細川加賀

温め酒肩を落せば老いにけり/草間時彦

温め酒雨なら雨を褒めてをり/能村研三

白玉の歯のゆるみたる温め酒/清水基吉

舌うちし温め酒の名は問はず/後藤夜半

又といふ日もあらん酒温むる/山口芦火

鵜の瀬訪ひその夜は酒を温むる/森田峠

貧時交書架にあり酒温むべし/小林康治

温め酒亡父に似て世に後るゝか/細川加賀

老兄にあるは菊酒ぬくめ酒/きくちつねこ

ねころぶは杜甫か李白か温め酒/有馬朗人

一つの忌温め酒にはじまりぬ/杉山喜代子

温め酒夜ふけの雨を聞いてより/川口利夫

俳句例:41句目~

大祖母やひとりで酒を温むる/中田みづほ

うつむきしまま了りけり温め酒/草間時彦

いつの世も流離は暗し温め酒/福田甲子雄

あきらめることあり今宵温め酒/川口咲子

温め酒稿書き足してまた炎ゆる/河野南畦

酒温め津軽なまりをかなしめり/上村忠郎

逢はざりし日のつぐなひの温め酒/上村占

神信ぜぬにあらず夜半の温め酒/佐々木肖風

温め酒弔辞褒められゐたりけり/小笠原和男

ぬくめ酒吐息のかかる距離にゐて/葉狩淳子

それもまたよしとせむかや温め酒/高浜年尾

燭まぶしペンシヨンはやも温め酒/高井北杜

乾鮭に忘れて長きぬくめ酒/『定本石橋秀野句文集』

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ