季語/桜餅(さくらもち)を使った俳句

俳句例:101句目~

薄紅梅の色をたたみて桜餅/中村汀女

手作りの桜餅もて父見舞ふ/大澄利江

輸血しながら桜餅一つ食ぶ/橋本鶏二

まだ封を切らぬ手紙と桜餅/山田弘子

就中桜餅の出はじめがよい/齊藤美規

閨人の口潤ほすや桜餅/長谷川零餘子

雨だれのうちの床几や桜餅/野村泊月

桜餅人の寒さに匂ひいでし/渡辺水巴

ふさぎ虫昨日のことよ桜餅/山田弘子

夜を凍てゝ薄色褪せず櫻餅/渡邊水巴

桜餅母の好める雨降れり/瀧澤伊代次

風の日はものみな遠く桜餅/鷹羽狩行

仲蔵の似顔睨めり桜餅/長谷川かな女

すぐ逢へるところに姉妹桜餅/山田弘子

ながらへるわたしの褒美桜餅/橋本ぬい

みちのくの雪降る街の桜餅/長内万吟子

むつまじき老いの夫婦や桜餅/田中冬二

桜餅食べよと出せば兄は骨/しかい良通

桜餅香に立つ雨の障子さす/金尾梅の門

やうやくに街はととのひ桜餅/長谷川櫂

俳句例:121句目~

ゆつくりと騙されている桜餅/橋本ハル

われも老い妻も老いけり桜餅/田中冬二

仲見世でふたつにわかつ櫻餅/佐川広治

母の手とゆきちがひけり桜餅/鈴木鷹夫

内にゐて東風を知る日の桜餅/岡本松浜

分けのぞく暖簾の顔や桜餅/大橋櫻坡子

午下八ッの鐘の遠さよ桜餅/島村元句集

小町忌のはんなり香る桜餅/中御門あや

少女等はからだで笑ふ桜餅/篠塚しげる

座る位置変えてもひとり桜餅/山崎禎子

戦後史に消えゆく飢餓や桜餅/島守光雄

相聞歌添へられてあり桜餅/加納川敏三

散らばりし筆紙の中の桜餅/松本たかし

新しき菓子屋ができて桜餅/冨田みのる

桜餅すくなけれども人楽し/五十嵐播水

桜餅つゝめる紙の濡るゝかな/野村喜舟

桜餅となりに暗き部屋ありぬ/鈴木鷹夫

葉をたたむしぐさも桜餅の宵/皆吉爽雨

桜餅とりたるをたゞ紙に置く/高濱年尾

桜餅の風呂敷を膝にあけにけり/原月舟

俳句例:141句目~

桜餅ひとつの次のふたつかな/攝津幸彦

桜餅われうつくしき友をもち/山口青邨

身を軽くして生きるべし桜餅/栗原稜歩

桜餅三つ食ひ無頼めきにけり/皆川盤水

桜餅病床になく淡路女忌/阿部みどり女

桜餅祖母逝きし日の空のいろ/藤岡筑邨

あすよりは妻のほとりや桜餅/長谷川櫂

雨かしら雪かしらなど桜餅/深見けん二

桜餅置けばなくなる屏風かな/岸本尚毅

からつぽのにほへる桜餅の箱/長谷川櫂

けふ妻とあらそはざりき桜餅/田村了咲

桜餅葉を重ねつゝ食うべけり/小澤碧童

ご城下へまいにち買ひに桜餅/神戸秀子

顔拭ひてからいただくや桜餅/村越化石

さよならは嫌ひなことば桜餅/山田弘子

桜餅身ぢかなものを詠み忘れ/亀井糸游

今日はとつても桜もち気分/杉本ゆきこ

湯気上ぐるおしぼりが出て桜餅/茨木和生

しつとりと葉の濡れてをり桜餅/下田実花

土間にとびし葉一片や桜餅/長谷川零餘子

俳句例:161句目~

桜餅少しひしやげてあらはれし/岩田由美

葉脈のしゃりしゃりとして桜餅/渡辺一政

生きることまだ楽しくて桜餅/宮本由太加

桜餅はらからの眉みな垂れて/宇多喜代子

来るはずの人来ぬままに桜餅/片山由美子

時雨るれば一さい湯気や桜餅/殿村莵絲子

葉にまきて出すまこゝろや桜餅/正岡子規

空まぶしどこから食べても桜餅/中尾杏子

やはらかき夜空となりぬ櫻餅/本庄登志彦

大学生子規うれしく食ひし桜餅/川崎展宏

桜餅飛鳥朝にはなきものを/長谷川かな女

リハビリも今日はここまで桜餅/麦島敦子

桜餅松葉屋とゞけ来りけり/久保田万太郎

桜餅さげて出を待つ下手かな/中村七三郎

そこそこの明日それなりの桜餅/櫂未知子

桜餅火燵の欲しき夜なりけり/大場白水郎

江戸絵図の包みをほどく桜餅/鈴木たみ女

淡路いつも二た重に見えて桜餅/友岡子郷

桜もち炬燵のほしき夜なりけり/大場白水郎

いさくさはどこの家にも櫻餅/久保田万太郎

俳句例:181句目~

桜餅自然なほりし身もちかな/久保田万太郎

ふりしきる雨はかなむや櫻餅/久保田万太郎

雛しまへばぽつぽつ雨や桜餅/阿部みどり女

桜餅に耻ぢらふ鼻の息女かな/長谷川かな女

桜餅二月の冷ェにかなひけり/久保田万太郎

櫻餅葉ごと食うべぬ淡路女忌/阿部みどり女

船つけて買ひにあがるや桜餅/久保田万太郎

すこしづつ世はやさしくて桜餅/能村登四郎

桜餅葉ごと食うべぬ淡路女忌/阿部みどり女

愚痴聞きに行く桜餅買ひにけり/阿部由紀子

夜ば冷ゆる嵯峨のならひや桜餅/大橋桜坡子

とりわくるときの香もこそ桜餅/久保田万太郎

桜餅うき世にみれんあればかな/久保田万太郎

そのころをかたりて倦まず桜餅/久保田万太郎

くもり日のひかり指に落つ櫻餅/久保田万太郎

ふりしきる雨はかなむや桜もち/久保田万太郎

三つまでうけたる猪口や桜もち/久保田万太郎

変体仮名にわだかまる頭や桜餅/鍵和田ゆう子

葉のぬれてゐるいとしさや桜餅/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました