季語/北窓開く(きたまどひらく)を使った俳句

「北窓開く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「北窓開く」について

【表記】北窓開く

【読み方】きたまどひらく

【ローマ字読み】kitamadohiraku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

北窓開くを含む俳句例

北窓をひらき真正面に城/長田等

北窓を開き南の窓磨く/岸/洋子

郷土史を語る北窓開かれし/松浦釉

文鎮の重さ北窓開きけり/能美澄江

北窓を開ければ人の働けり/小島健

北窓を開けば竹の美しき/橋本鶏二

北窓を開けて干匂ひけり/宮本さかえ

北窓を開け父の顔母の顔/阿波野青畝

北窓を開くレッスン五分前/辻田克巳

北窓を開き語らふ山がそこ/山田弘子

北窓を開くは白き理髪師ぞ/宮田藤仔

開きたる北窓に雨躍るなり/岸本尚毅

北窓をけふ開きたり友を待つ/相馬遷子

北窓を開きさびしき峠見ゆ/鳥羽とほる

北窓を開きて皿を白くする/岩淵喜代子

北窓を開きて鍋の湯気を浴ぶ/金丸孝子

北窓を開き佐渡あり弥彦あり/佐藤五秀

北窓を開くや山は生きてをり/楠部南崖

北窓を開く嘗ての祖母の部屋/草間時彦

北窓を開けておもしろ子育期/古川塔子

俳句例:21句目~

北窓を開けても還り来ぬ人よ/山田弘子

北窓開くおまへとは別れたい/如月真菜

山の辺の道へ北窓開けて住む/吉田愛子

山鳩の声の北窓ひらきけり/山田みづえ

あけたての悪き北窓開きけり/青柳薫也

北窓を開きねぢ巻くオルゴール/浦川聡子

喪にこもりゐて北窓を片開き/上田五千石

加賀奉書北窓開けて漉きゐたり/城村貞子

遅ればせながら北窓開け放つ/ねこやなぎ

丸ビルの北窓開くことも無く/稲畑廣太郎

北窓を開けなつかしき山そこに/渡辺やゑ

北窓をひらき秘密に日を当つる/能村登四郎

北窓ひらく隣家の二階雲の耳朶/柴田白葉女

北窓の開くことなき飯場かな/片岡/北窓子

北窓を開けて見知らぬ木なりけり/関戸靖子

北窓を開けて遥かな山を見る/谷村/貴美子

胸に棲むものもうなくて北窓開く/小澤克己

開けたてのならぬ北窓ひらきけり/上田五千石

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ