季語/黄水仙(きずいせん)を使った俳句

「黄水仙」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黄水仙」について

【表記】黄水仙

【読み方】きずいせん

【ローマ字読み】kizuisen

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

黄水仙を含む俳句例

黄八丈浅黄水仙情島/西本一都

黄水仙ひらく信濃の仏みち/原裕

夜へ向く扉一つの黄水仙/松澤昭

逸民の怯え水辺の黄水仙/齋藤玄

卓上に家庭百科と黄水仙/遠藤梧逸

突風や算を乱して黄水仙/中村汀女

黄水仙瞠きて咲く殉教碑/中山純子

弱震も春の一信黄水仙/百合山羽公

病院一の弱虫患者黄水仙/石田波郷

百姓の大股に去る黄水仙/小池文子

杖ひけば黄水仙みな南向/下村槐太

音階は暗くてならぬ黄水仙/梶真久

若者に落日はなし黄水仙/工藤紫蘇

道端の垣なき庭や黄水仙/前田普羅

咲き盛る花傾けて黄水仙/足立/玉翠

肝油噛みし頃が初恋黄水仙/守屋明俊

たゝまれし屏風の傍の黄水仙/上村占

水を飲み汽車の食卓黄水仙/中西舗土

黄水仙茶屋の戸袋風に鳴り/大井雅人

黄水仙土の匂ひの信濃なる/宮地良彦

俳句例:21句目~

人を避く述志の詩や黄水仙/田口一穂

黄水仙剪るや風化の高崖に/下村槐太

俄雪日を泛べたり黄水仙/水原秋桜子

精神を十個飛ばせり黄水仙/鈴木光彦

苞ごもる蕾日に透く黄水仙/加藤耕子

黄水仙常はくもらぬ窓となし/松澤昭

空に空の色よみがへり黄水仙/寺井治

月よりの妻のこゑあり黄水仙/神蔵器

黄水仙水のごとくに眠りたし/桜井博道

黄水仙雨にしなひて向きむきに/上村占

異教徒の祈りは長し黄水仙/青柳志解樹

今生を崖ぎりぎりの黄水仙/山崎久美江

十七となりぬ芽に出て黄水仙/大石悦子

書き疲れつつ書きつづけ黄水仙/町春草

母にだけ言ふ悲しみや黄水仙/野島禎子

飛び石を三つ越えれば黄水仙/大村節代

黄水仙揺れる迅さに病む予感/尾田明子

黄水仙ひしめき咲いて花浮ぶ/高濱年尾

黄水仙ひりひり一病ある日常/上原勝子

黄水仙一せいに咲き地震恐る/横山房子

俳句例:41句目~

黄水仙人の声にも揺れゐたる/村沢夏風

黄水仙傷みも癒ゆるとき痒し/鈴木栄子

黄水仙冷たき言葉繰り出しぬ/小林貴子

黄水仙黄に描く他はなし哀し/大山忠作

わが蔵書貧しけれども黄水仙/沢井山帰来

黄水仙家の中まで水照りてきて/下鉢清子

ホルン吹く子の目輝く黄水仙/池田ヨシ子

おのがじし荒地に冷ゆる黄水仙/小池文子

黄水仙尚霜除のありにけり/長谷川零余子

たましいのはじめにありし黄水仙/久保純夫

黄水仙ことばはがねのごとひびく/鈴木詮子

潮うねる紀のみんなみや黄水仙/豊長みのる

海女の墓ひとかたまりに黄水仙/石田あき子

黄水仙に尚霜除のありにけり/長谷川零余子

祝ぐまへの小言ひとつや黄水仙/石田あき子

カーテンを引けば夜となる黄水仙/浅賀渡洋

生るる子に八重垣なしぬ黄水仙/金箱戈止夫

ヘッドフォーンはみ出す音色黄水仙/葛城千世子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ