季語/春火鉢(はるひばち)を使った俳句

「春火鉢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春火鉢」について

【表記】春火鉢

【読み方】はるひばち

【ローマ字読み】haruhibachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春火桶(はるひおけ:haruhioke)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春火鉢を含む俳句例

姉妹思ひ同じく春火鉢/中村汀女

観心寺篠つく雨の春火鉢/山本洋子

坐りたる所に遠く春火桶/星野立子

追悼のよき人数の春火桶/大橋敦子

癌といふ病の前の春火桶/石川桂郎

春火鉢隔てて心通はしむ/石塚友二

御僧と先師を偲ぶ春火桶/山田弘子

露伴云ふ牢屋格子や春火鉢/加藤郁乎

月上げてこの家の対の春火桶/上村占

人の死の小さき活字春火鉢/中村汀女

柱あり春の火桶を離れ倚る/有馬籌子

わが心探る眼知りつ春火桶/吉屋信子

春火桶置いて昇殿控への間/吉田槻水

水桶の蕗のみどりや春火鉢/角川春樹

鎮魂の笙あたたむる春火桶/宮下翠舟

春火鉢夜も鳴りいる日本海/八木玉恵

毛氈の上に置かれて春火鉢/岩本栄子

旅にして歩危舟遊の春火桶/高濱年尾

旅疲れついうと~と春火桶/高濱年尾

昔二十軒店仲見世の春火桶/石川桂郎

俳句例:21句目~

春火桶伽藍の夕日見てゐたり/山田弘子

春火桶妻失格のなみだ煮ゆ/山田みづえ

われら永く悪友たりき春火鉢/高柳重信

春火桶引越やつれ鬚に埋め/石田あき子

炭をつぐ音のかそけき春火桶/後藤夜半

蘆花旧廬灰しろたへに春火桶/飯田蛇笏

春火鉢ひとつへだてて死者生者/井上雪

襖絵のうすれうすれし春火桶/山本洋子

春火鉢宇治の瀬音を座にたゝへ/菅裸馬

遠ざけて引寄せもする春火桶/高浜虚子

春火鉢首の手入れを怠りし/鳥居美智子

酔ふとなくはずむ咄や春火桶/西島麥南

若き妓の身の上ばなし春火鉢/前山松花

鉄斎を背の春火桶おちつけず/石川桂郎

左手を春の火桶にあづけ読む/星野立子

占ひて来し手をかざす春火桶/野崎静子

牡丹翁春の火鉢を泡いてをり/岸本尚毅

あればあるやうに囲みて春火鉢/橋本岱石

にごりえの表紙の熱き春火鉢/磯貝碧蹄館

唐子の絵踊りだしたる春火鉢/工藤眞智子

俳句例:41句目~

春火桶話なけれどなつかしく/小原菁々子

春火桶諳んずる句は前田普羅/星野麦丘人

雨降れば三保も寒しや春火桶/大橋越央子

春火鉢熱かりければ手をはなす/後藤夜半

春火鉢そなたは女将吾は比丘尼/高岡智照

おほいなる春の火桶に凭れけり/西島麥南

人数には足らねど春の火桶あり/高濱年尾

月斗はんの字は佳かりしと春火桶/角光雄

母の手のしわに触れたり春火桶/北村留蔵

火が灰をかづきゆく朱の春火桶/下村槐太

大いなる春の火桶にもたれけり/西島麦南

平らかにくづれて火あり春火桶/皆吉爽雨

春火桶かたみにふるゝ心かな/文箭もと女

灰冷えし春の火桶にもどりけり/西島麦南

この部屋に春の火桶のあれば寄る/上村占

帰国せし汝がためにとも春火桶/稲畑汀子

春火鉢うすあかりしてほむらあり/石原舟月

春火鉢へとパと開きたる掌かな/成瀬正とし

親捨てて子に捨てらるる春火鉢/松田ひろむ

いぶる炭とりのけ春の火桶かな/鈴木真砂女

俳句例:61句目~

手をあてし春の火桶に蒔絵あり/池内たけし

かざす手の病めば白さよ春火桶/野田きみ代

火のいろの和める春の火桶かな/高橋淡路女

寄れば又そのことに泣き春火桶/室町ひろ子

脇息といふじやまなもの春火桶/久保田万太郎

春火桶初七日の手をかざしけり/久保田万太郎

春火桶二輪の薔薇に似たる火を/長谷川かな女

わりなしや春の火桶の火をせゝり/大橋桜坡子

春火鉢かじかみし手をかざしけり/久保田万太郎

おなつ宗ておさだまだまず春火桶/久保田万太郎

春火桶たがひにうそをつきにけり/久保田万太郎

春火桶薬刻むと襖越し/『定本石橋秀野句文集』

春火桶伐折羅画像を師と見つゝ/『定本石橋秀野句文集』

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ