季語/桜蘂降る(さくらしべふる)を使った俳句

「桜蘂降る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜蘂降る」について

【表記】桜蘂降る

【読み方】さくらしべふる

【ローマ字読み】sakurashibefuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桜蘂降るを含む俳句例

一枚岩雨水ためて桜蘂/松村蒼石

暗誦の声ちらばりし桜蘂/日原傳

手拍子や水に降りこむ桜蘂/桂信子

桜蘂ふる一生が見えてきて/岡本眸

桜蘂踏む靴裏に傷増やし/館岡沙緻

桜蘂降らすや三嶋大明神/高澤良一

桜蘂降り沖浪の尖り来る/館岡沙緻

桜蘂降る空つぽの車椅子/石山汀女

雨に色交へて桜蘂降れり/宮津昭彦

さくら蘂降る制服の紺の肩/高澤良一

やつと半どん桜蘂がち嫩葉がち/林翔

桜蘂仏頭に降りわれに降る/金田眸花

桜蘂降るや細妻ともなへる/堀口星眠

首塚の荒れ桜蘂降るばかり/加吉宗也

忌七たび七たび踏みぬ桜蘂/鈴木真砂女

札所ひま桜蘂ふるばかりなり/宮下翠舟

桜蘂ばかりの赭き木となれり/高澤良一

桜蘂踏まねば神に近づけず/猪俣千代子

桜蘂降るそれだけの非常口/小泉八重子

降りてより縺れ合ひたる桜蘂/棚山波朗

俳句例:21句目~

桜蘂ふる門をくぐれば養鱒場/中村はま子

点鬼簿に降るにまかせて櫻蘂/佐々木六戈

降るほかはなきごと桜蘂降れり/佐川昌子

雨乞ひの絵馬に降り来る桜蘂/町田しげき

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ