季語/片栗の花(かたくりのはな)を使った俳句

「片栗の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「片栗の花」について

【表記】片栗の花

【読み方】かたくりのはな

【ローマ字読み】katakurinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かたかごの花(かたかごのはな:katakagonohana)

・ぶんだいゆり(ぶんだいゆり:bundaiyuri)

・かたばな(かたばな:katabana)

・うばゆり(うばゆり:ubayuri)

・はつゆり(はつゆり:hatsuyuri_)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

片栗の花を含む俳句例

片栗の花に膝付く東人/太田土男

片栗の花の紫うすかりき/高濱虚子

片栗の花に離れて牛繋ぐ/太田土男

光堂より堅香子の花の道/椎橋清翠

片栗の一つの花の花盛り/高野素十

かたかごが咲き山神は少彦/下田稔

本間様の百歳雛に片栗菓子/田中英子

片栗の花裏山を淋しくす/村上しゆら

片栗の花の日影は崖にあり/坊城中子

片栗の花咲き遠嶺雪きゆる/松村蒼石

片栗の花に夕影ひろがりし/倉田紘文

片栗の群落にして孤高かな/青木重行

かたくりの花一輪に風集ふ/滝田英子

朽葉より花片栗の空の色/金箱戈止夫

堅香子の花に額田の王を戀ふ/上村占

雪淡し片栗の花なほ淡し/古賀まり子

万葉の恋は紫かたかご咲く/吉田銀葉

片栗の花の素直に身を反らし/白井風人

かたくりの花花花の丘のぼる/高澤良一

かたくりの花雲中に雪が溶け/和知喜八

俳句例:21句目~

片栗の花の山より駅が見ゆ/今井真寿美

片栗の蕊を紫紺のなみだとも/和田知子

スタートを待つ片栗の花一列/野中亮介

潮騒や片栗の花うすれゆき/村上しゆら

堅香子の花虫ばまれ易かりし/藤田美乗

湧く水の音に片栗咲き初めぬ/茂木房子

片栗の花の終りは知らざりし/河野美奇

山がかる秩父往還かたくり咲く/瀧春一

かたくりの花に重たき山の露/高澤良一

堅香子の花の揺るるは萬葉へ/新部烈人

寝坊なる花片栗に日は真上/八牧美喜子

片栗や自づとひらく空の青/加藤知世子

片栗や見えざる淵に雨そそぎ/堀口星眠

足のべて休む片栗の花あれば/細見綾子

巡りくる忌や片栗の花伏せて/角川照子

片栗も深反り木曽の大まがり/北村貞子

かたかごに妻が幼き声を出す/太田土男

かたかごの花の盗み目林中に/高澤良一

かたかごの花や越後にひとり客/森澄雄

片栗の花ある限り登るなり/八木沢高原

俳句例:41句目~

花かたかごまだ夢の中朝の月/茂里正治

堅香子の花守りて聾ひにけり/上野さち子

溢れ咲くかたくりに風集まれり/菅原文子

花かたかご八十乙女らの声のして/神蔵器

片栗の花とは知らず見つゝ来し/高橋秀亭

片栗の花咲き閉ざすキャンプ場/吉井竹志

かたくりの一つの花へ視線かな/高澤良一

片栗や生きたくて死を思いをり/笹部浩一

かたくりの十輪ほどの日陰かな/浅賀君女

かたくりの花すぐゆれて谷谺/飯塚田鶴子

片栗をかたかごといふ今もいふ/高野素十

稿起すべし堅香子も萌え出でぬ/藤木倶子

かたくりの花に夕日の端とどく/井上あい

かたくりの花のまだ咲く鄙曇り/高澤良一

かたくりの花の貧乏揺すりして/高澤良一

かたくりの花の韋駄天走りかな/綾部仁喜

かたかごの径火薬庫へつづきけり/山本悠

かたかごの斜面を満たす山の音/黒田杏子

かたかごの花のさゞなみ青空へ/沢木欣一

かたくりの花山靴は行くばかり/野沢節子

俳句例:61句目~

伽羅たく寺かたくりの芽の二三本/杉本寛

かたかごの蕾ほとほと人遠し/深見けん二

かたかごや豪商水の神祀る/野見山ひふみ

冷えさびといふ片栗の花あかり/手塚美佐

片栗をかたかごといふ今もいふ/高野素十

堅香子の花の十日をとのぐもり/中西舗土

斑雪山かたくり咲ける頃とおもふ/鈴木貞雄

かたかごに風の科あり人語あり/橋本真砂子

かたかごの素描くりくり瞳の動く/高澤良一

山の湖かたくりも花濃かりけり/星野麥丘人

かたかごの花の占めたる急斜面/樋口フミ子

べべんべんべんと堅香子反り返る/高澤良一

かたかごの花咲き雪はもう降らぬ/橋本花風

かたくりは耳のうしろを見せる花/川崎展宏

かたかごやむかしむかしの母の恋/深沢暁子

アイドルの髪型かたかご型どりて/高澤良一

かたくりの花を夜明けの夢つづき/井沢正江

控え目になほ控え目に花かたかご/高澤良一

かたくりの花の四五日遠出せず/西嶋あさ子

かたくりの明日ひらく花虔しき/石田あき子

俳句例:81句目~

かたかごの花や有縁やわれは正客/阿部完市

かたくりの咲きひろごるに霧あはし/新井英子

堅香子の日のゆるゆるとほぐれ初む/吉田鴻司

かたくりの花のむつつり右衛門かな/高澤良一

かたくりの花芽ふたつに佇ちつくす/石川文子

かたくりのからりと晴れし風の墓地/行方寅次郎

かたかごの花の辺ことば惜しみけり/鍵和田釉子

かたくりのともしき花は風さむき幾日を経つつすでに凋みぬ/柴生田稔

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ