季語/甘茶(あまちゃ)を使った俳句

「甘茶」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「甘茶」について

【表記】甘茶

【読み方】あまちゃ

【ローマ字読み】amacha

子季語・関連季語・傍題・類語など

・五香水(ごこうすい:gokosui)

・五色の水(ごしきのみず:goshikinomizu)

・仏の産湯(ほとけのうぶゆ:hotokenobuyu)

・甘茶仏(あまちゃぶつ:amachabutsu)

・甘茶寺(あまちゃでら:amachadera)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

甘茶を含む俳句例

山寺や蝶が受取る甘茶水/一茶

潮騒を背山に蔵し甘茶寺/辻桃子

御前に濡洋傘や甘茶仏/堀口星眠

御槽の鎌倉彫や甘茶仏/河野静雲

丈六の見下し給ふ甘茶仏/大野林火

雨降れば雨金色に甘茶仏/福原紫朗

主病みたり漆黒の甘茶仏/小林昭子

山寺や花さく竹に甘茶仏/飯田蛇笏

国宝展一隅に置く甘茶仏/有賀玲子

甘茶佛虹は海棠より淡く/西島麥南

甘茶仏虹は海棠より淡く/西島麦南

情なく濡れて金色甘茶佛/清水径子

五香水仏の臍をみつけたり/麦/光

娘の髪のお煙草盆や御甘茶/河野静雲

満願となりし甘茶を頂きぬ/新井恵子

甘茶仏若狭の海を見給へる/大石悦子

子どもらも頭に浴びる甘茶かな/一茶

甘茶佛肌すみずみまでぬぐふ/小澤實

甘茶仏甘茶光のやすけしや/大橋敦子

甘茶仏浪華の天を指し給ふ/浅野政夫

俳句例:21句目~

甘茶寺番野鴨にあひしのみ/堀口星眠

こしごろも今道心の甘茶番/河野静雲

甘茶番して新発意の嫁美人/河野静雲

山高く登りて小さき甘茶佛/松村蒼石

甘茶仏旅人に笑み見せたまふ/森田峠

疾風に甘茶の杓の逆立てる/石田勝彦

石段を下りる片手に甘茶かな/原月舟

紅毛の指透き甘茶灌ぎけり/松村蒼石

草庵の甘茶の花を誰か知る/尾崎政治

草葺の門を這入りぬ甘茶寺/松藤夏山

甘茶仏天指す御手ぬれ給ふ/高見孝子

里の子の爪先立ちて甘茶佛/高澤良一

甘茶仏天の仏母を指でさす/園部龍子

鎌倉に京の末寺の甘茶寺/松原地蔵尊

門前に露店の地割り甘茶寺/吉村馬洗

甘茶仏乾き易きを淋しめり/高澤良一

一杓の甘茶分け飲む母と吾/品川鈴子

雀らがざぶざぶ浴びる甘茶かな/一茶

灌ぐ子におん胸ひろげ甘茶仏/下田稔

人々の顔の映れる甘茶汲む/岸本尚毅

俳句例:41句目~

人の世の櫛の落ちたる甘茶かな/有風

濡れ給ひ乾き給へり甘茶仏/堀/晴子

体温のあるかに乾く甘茶仏/坂下笑子

合掌の片手は甘茶かけ申し/大森保子

満山に雨けむらせて甘茶仏/堀口星眠

欠け給ふ腕より雫甘茶仏/戸井田/厚

灌仏会冷たい甘茶詫びながら/瀧春一

木堂の縁に出でます甘茶仏/藤沢典子

夕風のゆくてに雨の甘茶寺/長谷川双

うらうらと杖忘らるる甘茶寺/袴田君子

浮浪児の嘗めて離さず甘茶杓/吉屋信子

かくてこそ甘茶仏は莞爾せり/高濱年尾

くろがねの丹田ひかる甘茶仏/野澤節子

こぼしつつ園児嬉しき甘茶番/都筑智子

甘茶仏指す地に芭蕉遺髪古り/西田/誠

甘茶仏恍惚として古りにけり/石原舟月

甘茶仏幾世経にけむ減り給ふ/山口青邨

形なき水ゆるやかに甘茶佛/加藤三七子

念珠買ふ甘茶を口に含みゐて/楠崎止子

やや荒く濁世の甘茶灌ぎけり/羽田貞雄

俳句例:61句目~

甘茶仏去りゆく我の映るべし/依光陽子

ビキニの灰ふると指す甘茶仏/萩原麦草

一杓はひかりに似たり甘茶仏/西川織子

大空に田がひらめけり甘茶仏/永田耕衣

甘茶懸く女の肱のすっと伸び/高澤良一

甘茶杓誰もが同じ箇所にぎる/品川鈴子

甘茶汲む鶏鳴かくも遠きかな/松村蒼石

堂縁に甘茶の薬鑵汲めとこそ/高澤良一

疣々のおん頭にと甘茶かな/加藤三七子

大釜の甘茶をのぞく童子かな/松村蒼石

白毫の甘茶にぬれし灯影かな/会津八一

女らや甘茶そそぐに声しなひ/綾部仁喜

空瓶の甘茶を帰路に少し飲む/細見綾子

甘茶仏男のしるしをさなくて/草村素子

胸広に立たしたまへり甘茶仏/下村槐太

甘茶仏背すぢ真直ぐ濡れ給ふ/服部高明

甘茶かけ仏身厚む不信の徒/川島万千代

裏返りては花了ふる甘茶かな/手塚美佐

進み出て虚子忌と思ふ甘茶仏/古舘曹人

道づれの甘茶もらひの童かな/松藤夏山

俳句例:81句目~

甘茶ぬる瞼くぼめる女かな/三宅清三郎

里人に蹴きて甘茶を灌ぎけり/永方裕子

銅柄杓ずしりと重き甘茶かな/河野石嶺

甘茶佛の小さき魔羅よ合掌す/國島十雨

園児らの数だけ濡れて甘茶仏/大東晶子

門前の小店うれしや甘茶寺/楠目橙黄子

濡れたまひいよよ金色甘茶仏/野村慧二

雨だれも甘茶も楽し増上寺/阿波野青畝

雨にぬれ甘茶の花は眠るごと/田中冬二

指さして破る宙あり甘茶佛/赤松ケイ子

手際よく傘をあづかる甘茶番/高澤良一

浴仏に妙なるものを降り注ぐ/高澤良一

あかがねの身をしなやかに甘茶仏/檜紀代

おん手より鬱金のしづく甘茶仏/佐藤和枝

おん臍のもつとも濡れて甘茶仏/荒井正隆

おん見目の滂沱のやまず甘茶仏/皆吉爽雨

この谷戸のもつとも奥の甘茶寺/星野立子

さへずりに十余り甘茶茶碗伏せ/高澤良一

だぶ~と浴びせかけたる甘茶哉/石井露月

ちよぼ口で灌ぐ母と子甘茶仏/平井さち子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ