季語/桜漬(さくらづけ)を使った俳句

「桜漬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜漬」について

【表記】桜漬

【読み方】さくらづけ

【ローマ字読み】sakurazuke

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花漬(はなづけ:hanazuke)

・桜湯(さくらゆ:sakurayu)

・塩桜(しおざくら:shiozakura)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桜漬を含む俳句例

湖のあらなみどきの桜漬/小澤實

結納の娘の幸せや桜漬/富川敬三

桜漬ふはりと開く誕生日/安斉君子

いと軽き石のおもしや桜漬/高浜虚子

塩じみてはなはだ赤し桜漬/岡田耿陽

止みさうな雨あがらずよ桜漬/岸田稚

桜漬人恋ふいろにひらきけり/塚本久子

父親にうすくらがりや桜漬/小島千架子

もてなしの白磁にひらく桜漬/浅田三千枝

暗算のやうに桜漬湯にひらく/田川飛旅子

桜漬白湯にひらきてゆくしじま/黒田杏子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ