季語/磯菜摘(いそなつみ)を使った俳句

「磯菜摘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「磯菜摘」について

【表記】磯菜摘

【読み方】いそなつみ

【ローマ字読み】isonatsumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

磯菜摘を含む俳句例

磯菜摘断崖神の如く立つ/上野泰

磯菜摘む人の中なる少女妻/柳青華

磯菜摘灯台白く抽ん出て/藤木倶子

あはあはと妻姙れり磯菜摘/柳下良尾

かがやきは空に潮に磯菜摘/茨木和生

一枚の岩に居続け磯菜摘む/茨木和生

磯菜摘記念写真に遅れたり/能村研三

磯菜摘雨は山手をとほりけり/上村占

防人の妻恋ふ歌や磯菜摘む/杉田久女

万葉の古今の磯菜摘みにけり/矢島渚男

小島にも裏側ありて磯菜摘む/大向/稔

磯菜摘がてら島まで往診に/夏秋仰星子

磯菜摘む女やさしや伊豆の海/東とき子

磯菜摘む昔流人の島なりし/成瀬正とし

磯菜摘む越前岬の聳つもとに/宮津昭彦

蝶あがる浪の白宵の磯菜摘み/石原八束

防人の歌誦して摘む磯菜かな/西島麦南

波暗き長門の磯菜摘むが見ゆ/野見山朱鳥

淡島の巫女が出て摘む磯菜かな/野村泊月

照り昃りかかはりのなく磯菜摘む/森田峠

俳句例:21句目~

燃え悪き汐木の煙磯菜摘む/荒木/千句子

磯菜つみ春の雷雨にぬれにけり/西島麦南

磯菜摘む前を汐垂れ海女通る/成瀬正とし

磯菜摘む波は寄せつつ限りなし/清崎敏郎

磯菜摘安倍仲麻呂行つたきり/田中すゑ子

積丹の日の高さ見て磯菜摘む/遠藤智恵子

いま摘みしところを踏んで磯菜摘/矢島渚男

磯菜つむ行手いそがんいざ子ども/杉田久女

磯菜摘む志士が妻子を訪ひよりぬ/寺田寅彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ