季語/早乙女(さおとめ)を使った俳句

「早乙女」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「早乙女」について

【表記】早乙女

【読み方】さおとめ

【ローマ字読み】saotome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・そうとめ(そうとめ:sotome)

・植女(うえめ:ueme)

・五月女(さつきめ:satsukime)

・家早乙女(いえそうとめ:iesotome)

・内早乙女(うちそうとめ:uchisotome)

・早乙女宿(さおとめやど:saotomeyado)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

早乙女を含む俳句例

早乙女や朝澄む小田の水鏡/瓢子

五人ほど大斎原の早乙女ぞ/辻桃子

すれ違ふ舟に早乙女十二橋/野田孝

早乙女につきし狐や二三日/原月舟

早乙女の笠の上なる男山/野村泊月

早乙女の髪長かれと蝶の渦/齋藤玄

早乙女の戻りて閾まだ越さず/森田峠

早乙女に昼の鐘鳴る道成寺/進藤/均

股引をとる早乙女に水匂ふ/佐野良太

早乙女に花柄一人混りけり/川村紫陽

早乙女や先へ下リたつ年の程/炭太祇

一枚の田に早乙女の集り来/佐藤光風

早乙女の憩ひの色に杉木立/四條五郎

早乙女に雲の上なる夕景色/飯田龍太

早乙女やこれらも神の使はしめ/東丸

早乙女や泥手にはさむ額髪/村上鬼城

或る雨の猿の腰掛早乙女に/攝津幸彦

新しきは空と早乙女早苗籠/野沢節子

早乙女も影となる田の薄茜/川崎展宏

早乙女の遠き欠伸の口黒し/平畑静塔

俳句例:21句目~

早乙女の数に加はる男かな/井上井月

早乙女の昼餉の足の泥乾く/伍賀稚子

早乙女の一群すぎぬ栃の花/前田普羅

早乙女の蛙にわたす日暮哉/尾崎紅葉

早乙女の休んで居れり水車/田中冬二

早乙女の豊かな顎の笠の紐/宮沢風花

湖へ出て濯ぐ早乙女米どころ/下田稔

早乙女や汚れぬものは歌ばかり/来山

早乙女の耳の産毛の金色に/福田甲子雄

月青し早乙女ら来て海に入り/石田波郷

昔男の塚へ早乙女植ゑしさる/佐野美智

鳧の子を野水にうつす植女哉/加舎白雄

早乙女を雇ふに上手下手言はず/川崎克

早乙女の夕べは家鴨担ひ売る/影島智子

早乙女を船より上げぬ最上川/瀬戸白子

天つ日の早乙女の腰めぐり落つ/徳弘純

早乙女も頬被してアイヌめき/野村泊月

早乙女や泣く子の方へ植えて行く/乗拾

早乙女が足もてさぐる泥の臍/高橋睦郎

早乙女の紐一すぢが身に紅し/加藤不倒

俳句例:41句目~

早乙女と別れて急ぐ杉の坂/福田甲子雄

早乙女の袂ほどきし書餉かな/高濱朋子

早乙女の尻よそ者を通しをり/細川加賀

早乙女に仕形望まんしのぶ摺/松尾芭蕉

早乙女の素足の白さ家を出る/西村公鳳

早乙女に腿立白き弟つゞく/百合山羽公

早乙女やわかな摘たる連も有り/千代尼

早乙女のうしろ手しばし夕詠/加舎白雄

早乙女に雇はれてゆく肘白し/萩原麦草

早乙女の腕はたらく狭みの哉/加舎白雄

早乙女の手ぶりに做ふ及び腰/石塚友二

早乙女に迎への舟の遅きこと/山本汀幽

早乙女の体温泥の田にて蒸る/津田清子

早乙女の手足忘るるまで疲れ/津田清子

早乙女の加賀笠にして緒の白し/下田稔

早乙女の襷ほどきし昼餉かな/高浜朋子

早乙女やとばしり拭ふほそ腕/加舎白雄

熟睡子の軒早乙女の母に見ゆ/佐野美智

畦に置く早乙女笠やよけ通る/野村泊月

早乙女の日足を見るや笠の内/寺田寅彦

俳句例:61句目~

道に出て早乙女どつと賑ひし/岡本正春

里山を映し早乙女待つばかり/菊池志乃

熨斗を頭に植女幼き膝がしら/吉野義子

田植女が夕べの水に映り澄み/高濱年尾

田植女のころびて独りかへりけり/暁台

田植女のよしみ半生同じ田に/大熊輝一

田植女の泥手洗ふて小櫛かな/松下紫人

早乙女のよろめき入る深田かな/十万政子

早乙女の一人に眼はなさざる/徳永山冬子

早乙女の一枚の田に下りそろふ/後藤夜半

早乙女の下りたつあのたこの田哉/炭太祇

早乙女の下り立つ向ひ畦よりも/西山泊雲

早乙女の低き鳥居をくぐりけり/岸本尚毅

早乙女の夕べの水にちらばりて/高野素十

早乙女の小鈴をならす財布かな/飯田蛇笏

早乙女の帯しめなおす昼餉かな/富田潮児

早乙女の笠や泉のうへを過ぎ/百合山羽公

早乙女の子を抱き坐る框かな/波多野爽波

早乙女の葛葉ふみこむ山田かな/加舎白雄

早乙女の裾を下して羞ぢらへり/山口誓子

俳句例:81句目~

早乙女の足もて足を洗ひけり/延平いくと

早乙女の足袋脱いでゐる寺の縁/田中冬二

早乙女の身丈豊かに苗はふる/百合山羽公

早乙女の重なり下りし植田かな/高浜虚子

早乙女は浄らなる水飲みにけり/萩原麦草

早乙女の股間もみどり透きとほる/森澄雄

早乙女やよごれぬものはうたばかり/来山

早乙女や先づひいやりと庭の土/五車反古

早乙女や夕べの水にちらばりて/高野素十

早乙女や水に倦みては海へ向く/加舎白雄

早乙女や神の井をくむ二人づれ/飯田蛇笏

早乙女や笠をそびらに小買物/吉岡禅寺洞

早乙女を待つ櫂をたて沼渡舟/塩沢はじめ

早乙女等森に来たりて海女に似し/斎藤玄

梢夜明けて早乙女の動きだす/福田甲子雄

水の香の早乙女といますれちがふ/飴山實

深き井戸ひびく疲れし早乙女に/津田清子

お田植のをのこ早乙女二手より/久保一亭

土手越えて早乙女足を洗ひけり/川端茅舎

田遊びの早乙女姿あくびして/工藤眞智子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ