季語/干草(ほしくさ)を使った俳句

「干草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「干草」について

【表記】干草

【読み方】ほしくさ

【ローマ字読み】hoshikusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草干す(くさほす:kusahosu)

・乾草(ほしくさ:hoshikusa_)

・刈干(かりぼし:kariboshi)

季節による分類

・「ほ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

干草を含む俳句例

干草の山黒馬と動きだす/林翔

永世中立国から干草来/田口彌生

干草の山なす庭や稲光/松藤夏山

雲と寝て少年乾草の匂ひ/菅原達也

干草をひく雀ゐて昼動く/村越化石

干草が匂うて夜の通り雨/夏目麦周

牛方の宿干草の匂ひけり/辻本雨声

干草に針金熊手抛りあり/松藤夏山

干草の山の間の月夜かな/橋本鶏二

刈干のそばを軒場に山の家/村上辰良

刈干に結び込まれし女郎花/川崎展宏

干草に大夕焼のさめにけり/清原枴童

夕焼けて干草ぐるま道一筋/太田土男

乾草の匂いに染みて母若し/金子兜太

乾草のにほひを花とあやまりぬ/篠原

乾草に露光りゐて露さびし/田中冬二

乾草に夏満月ののぼるなり/木下夕爾

干草を積みて牛糶る但馬かな/杉本寛

干草の月夜草履の緒がゆるむ/中拓夫

青空に太陽乾草の山に人/成瀬正とし

俳句例:21句目~

こぼしつゝ干草運ぶ女かな/星野立子

干草をひろげ山脈高くせり/毛塚静枝

干草の牛車は星に繋ぐべし/黒田杏子

干草の山すれすれに船通ふ/遠藤梧逸

ははき草干され烈日蒼くせり/杉本寛

干草に置きたる露や稲光/大谷碧雲居

干草の山の中なる門火かな/岸風三楼

屋根裏に乾草を詰め軽くなる/穴井太

干草に雲行ばかり見て一人/依田秋葭

口中を酒に炎やせば刈干唄/野澤節子

月明となる干草の激しき香/山崎一枝

干草を踏んで一言主拝む/前田野生子

霧ふかし刈干切唄恋しき夜/古賀まり子

乾草は愚かに揺るる恋か狐か/中村苑子

バーボンに干草の香や星流る/内田美紗

十五夜の干草の香の母屋まで/太田土男

干草にいそしめりしが老鮮婦/石塚友二

干草に北国の雲みな浮けり/大峯あきら

唖の子の干草によく励むこと/松山足羽

干草に寝て胎内に在るごとし/栗原稜歩

俳句例:41句目~

干草に蝿取草のまだ枯れず/斎藤俳小星

干草のにおいを二人女人過ぐ/和知喜八

干草の匂ひの中の古城かな/片山由美子

干草の夜も匂へり牧泊り/有働/清一郎

干草の山うごきくる対馬馬/阿波野青畝

干草の山が静まるかくれんぼ/高浜虚子

干草の転がるかたちにて止まる/日原傳

干草の香に乗りて鷹加速せり/太田土男

干草の香もしつ栗の花月夜/金尾梅の門

干草や戦なき世を馬と祝ぐ/肥田埜勝美

干草を抱くは色感たるごとく/松山足羽

干草を掻けば青さや山蜻蛉/大橋櫻坡子

干草を焚けば蟇出ぬ哀しき貌/野澤節子

病人に干草のいきれ迫りけり/杉田久女

秋吉台山と干されし草匂ふ/岩田つねゑ

草干して古き匂ひや鷹のこゑ/岡井省二

高原の干草日和つづきをり/井上たか女

草を干す白鳳仏のまはりかな/山本洋子

身を埋めて揺籃のごと乾草は/大野林火

子等に帰りて干草にさす長柄鎌/加藤楸邨

俳句例:61句目~

乾草の香を全身にわれ悔いず/川島彷徨子

月の夜も経て干草の仕上がれり/太田土男

干草の中へ入つてしまひけり/佐々木六戈

干草にコリーは覚めず梅雨深き/相馬遷子

天の川野積み干草香をはなち/佐野五百子

干草にのしかゝりては束ねけり/星野立子

姥捨のひとつ家草を刈りて干す/山口青邨

干草の香に夜の雨のはげしさよ/細川加賀

盆過ぎしさまに干草すこしして/木村蕪城

草干すや母家つゞきの大馬屋/大橋櫻坡子

草を干す先の伸びたる熊手かな/松藤夏山

干草の上に刈り干す今日の草/深川正一郎

刈草を干す日は牛を嶺に追ふ/石橋辰之助

人は今むらさき深き草を干す/篠田悌二郎

刈干を天に捧げて枯るる阿蘇/文挟夫佐恵

やはらかき宿の御飯や草干す夜/田中裕明

干草の上そよぎしておのがじゝ/清原枴童

押し返しくる干草を納屋に積む/久保田重之

子を上げて干草を積みをはりけり/太田土男

干草を踏む蹠ざはり蝉時雨/飛鳥田れい無公

俳句例:81句目~

干草のトラックも乗り渡舟かな/嶋田摩耶子

干草の敷きのみどりに牧犬の仔/軽部烏頭子

干草にかくれし径のみちをしへ/軽部烏頭子

草干すや蝦夷の日和のよくつづき/阿部慧月

少年よりけむり抜きとる乾草の家/安井浩司

まとふ香も積まれある干草のもの/稲畑汀子

しなやかに刈干草の夜となれり/猪俣千代子

しなやかに刈干草の夜となれり/猪俣千代子

干足袋のこはぜの光り草枯るゝ/金尾梅の門

画室にて草干すことを見飽きたり/加倉井秋を

乾草匂う夜目にも愛の自転車立て/鈴木六林男

乾草高しクラーク先生野に生きて/松崎鉄之介

乾草のみち帰京するひとに逢ひし/川島彷徨子

溺れんばかり女子大生の馬草干し/鍵和田ゆう子

さびしさのかぎりなき草干し返へす/加倉井秋を

かくれなき富士に草干す農家かな/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ