季語/五月闇(さつきやみ)を使った俳句

「五月闇」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「五月闇」について

【表記】五月闇

【読み方】さつきやみ

【ローマ字読み】satsukiyami

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

五月闇を含む俳句例

掌に包む心音五月闇/島田妙子

纜の沈める水や五月闇/橙黄子

娘三人昆蟲館の五月闇/田中裕明

かくれ里猫の鳴音や五月闇/洞雨

大黄の広葉にたまる五月闇/普羅

五月闇青銅厚き地獄門/有馬朗人

桃色に教会灯る五月闇/いさ桜子

一灯の端島灯台五月闇/森山抱石

竹の屁を折節聞くや五月闇/其角

高原の天鼓の蛙五月闇/皆吉爽雨

人の面を流るゝ涙五月闇/前田普羅

五月闇蓑に火のつく鵜舟かな/許六

おしあうて蛙啼くなり五月闇/蓼太

塩だけのおむすび結ぶ五月闇/照敏

五月闇部品満載して通る/森田智子

金剛の杖が先ゆく五月闇/大西昌枝

浜名湖や五月闇なるいさり船/野人

五月闇上げ潮匂ふ船溜り/前島勢津

万丈の杉の深さや五月闇/稲畑汀子

二三日蚊屋のにほひや五月闇/浪化

俳句例:21句目~

建仁寺垣も今宵は五月闇/京極杞陽

五月闇母は眠りて父を待つ/皆吉司

奔放な鞍馬の走り根五月闇/檜紀代

蠣殻の浦々かけて五月闇/前田普羅

鑑真の船出の浜の五月闇/那須和子

峰の灯は王子跡なり五月闇/岡村紀洋

五月闇朝夕ベのわきがたく/鈴木花蓑

大通り空車溢れて五月闇/稲畑廣太郎

半跏坐の内なる吾や五月闇/佐藤鬼房

はらはらと椎の雫や五月闇/村上鬼城

五月闇物干台にはじまれる/京極杞陽

寺門しめ幾重もつくる五月闇/桂信子

子を葬りし縄文大甕五月闇/藤岡筑邨

五月闇秘仏の闇は別にあり/井沢正江

五月闇組紐の色まかせけり/飯島晴子

五月闇腓返りも死後のこと/杉本雷造

潮引くと地蔵囁く五月闇/鈴木真砂女

猫の目の奥の金色五月闇/宇多喜代子

刀身に五月闇来し己が顔/伊藤いと子

縦横に光る木の根や五月闇/西山泊雲

俳句例:41句目~

五月闇躓くことは淫らなり/出口善子

能面の笑みの妖しき五月闇/尾形柿園

芝居見て疲れて戻る五月闇/田中王城

五月闇ここは小浜の小松原/京極杞陽

野良疲れ五月闇より深眠る/影島智子

釣鐘の真下恐ろし五月闇/高橋千恵子

鍵盤に触れし残響五月闇/徳田千鶴子

山姥の大き目と会ふ五月闇/大高千代

面つけて女匂へり五月闇/観世真希子

五月闇匂ふは椎かはた汝か/桑原月穂

髪切りて明るくなりぬ五月闇/平田子

夏闇に梵字ただよふ風葬趾/丸山哲郎

漁火やあまりに高く五月闇/楠目橙黄子

夜の船やあたかも八嶋五月闇/尾崎迷堂

巨き犬立ち迎へたる五月闇/水原秋櫻子

揺るゝ燈に梵字の女体五月闇/宮武寒々

早池峰の五月闇濃し神楽笛/文挟夫佐恵

明るさをまとふ暗さの五月闇/築山能波

津島家の提灯が来る五月闇/文挟夫佐恵

消灯の茶屋吸込みし五月闇/古野四方白

俳句例:61句目~

D51の汽笛若やぐ五月闇/加藤知世子

あつき湯で畳拭かすや五月闇/青木月斗

用多き日なりし戻る五月闇/波多野爽波

男にも素肌のありて五月闇/宇多喜代子

おしらさま装ひ派手に五月闇/有馬籌子

おろおろと夫を探しぬ五月闇/石川文子

かすかにも顔明りあり五月闇/鈴木花蓑

みほとけの千手犇く五月闇/能村登四郎

五月闇より石神井の流れかな/石田波郷

蝶のごと火星はためく五月闇/石松弄涯

五月闇押し拡げゆく出船の灯/芝山吉宣

五月闇汽罐車一台ゆくごとし/山口誓子

五月闇煙吐き休む木曽の汽車/野沢節子

五月闇疲れては声大きくす/古賀まり子

五月闇船の白浪目をあざむく/太田鴻村

五月闇隠岐の漁り火かも知れず/森田峠

人声をともなひ来る灯五月闇/田上斗潮

供華をいつどこへ捨てしや五月闇/槐太

句の友に歩みおくれて五月闇/北村桂子

梅雨闇の野風呂や狐顔ひとり/加藤房子

俳句例:81句目~

句碑のうら木賊のうらの五月闇/京極杞陽

懸垂の頭を持ち上ぐる五月闇/荒井千佐代

戞つと落ちし柏古葉や五月闇/島村元句集

二三歩に地をうしなへり五月闇/井沢正江

仏の火絶てばおそろし五月闇/津田汀々子

五月闇蓬髪にはかに櫛折れて/成瀬桜桃子

五月闇日清サラダ油揺れに揺れ/坪内稔典

森てらしすぐる汽車の灯五月闇/西山泊雲

死者のため樹下昼ながら五月闇/鷹羽狩行

五月闇祀るにあらぬ人麿像/長谷川かな女

ははそはのははと呼べども五月闇/江藤淳

海鳥のこゑ洩らしけり五月闇/神尾久美子

黄泉路いま五月闇なり燭を耒る/三条羽村

ねむらねば手術を明日の五月闇/影島智子

五月闇ほのと弥勒のおはします/清田阿賀人

供花をいつどこへ捨てしや五月闇/下村槐太

海老網によき夜といへり五月闇/八木林之介

とある梅雨闇箒先のみ現れて消ゆ/香西照雄

やはらかきものはくちびる五月闇/日野草城

鍬先減り旧知の梅雨闇そこここに/香西照雄

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ