季語/山茶花(さざんか)を使った俳句

「山茶花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山茶花」について

【表記】山茶花

【読み方】さざんか

【ローマ字読み】sazanka

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

山茶花を含む俳句例

山茶花は白一色ぞ銀閣寺/碧童

山茶花は漱石の花一枝折る/時彦

山茶花の大樹花満つ鶴の村/朱鳥

山茶花に昼の光の衰へて/村竹弘

山茶花に囮鵙く日の夕かな/言水

児消えぬ奥は山茶花崩れ壁/言水

山茶花を椿ときくも草枕/蒼きう

山茶花の木間見せけり後の月/蕪村

山茶花の白尋めゆくや石鼎忌/原裕

山茶花の葉のへり光るナ/北原白秋

山茶花の散る月光に畳職/黒田杏子

山茶花の花屑少し掃きにけり/篠原

山茶花の花屑を溜め組紐屋/飴山實

山茶花に夕翳うまる廓あと/有働亨

山茶花に又日が当り紅さかな/篠原

湯の村に菊屋山茶花冬薔薇/泉鏡花

山茶花に板もやさし女寺/石川桂郎

徳願寺の山茶花いかに鶲殿/中勘助

暁の山茶花白し落がはら/加舎白雄

山茶花の散つて集まる水の裏/齋藤玄

俳句例:21句目~

山茶花の紅斑華やぎ盛かな/鈴木花蓑

山茶花の門に頬杖下足番/大久保橙青

姫椿昼餉を何にせむと出で/石川桂郎

山茶花の貝の如くに散りにけり/青邨

仏滅や山茶花の紅寺に咲く/中山純子

山茶花の蕾そろひぬ初時雨/山口青邨

山茶花の長き盛りのはじまりぬ/風生

砂山は乾き山茶花散り続く/山西雅子

山茶花の日和に翳のあるごとく/麦南

冷かや山茶花こぼる庭の石/室生犀星

山茶花の散り重なりて土濡れぬ/種茅

山茶花を孝女たびけり小春凪/中勘助

山茶花の日の消えぎはを母歩く/澄雄

山茶花に板塀高き小庭かな/会津八一

山茶花の散るをいたみし言葉かな/裕

山茶花に此の熱燗の恥かしき/泉鏡花

山茶花の冷たき弁の月明り/佐藤漾人

山茶花に毛虫一騒動ありぬ/高澤良一

山茶花の花をつかみて雀蜂/岸本尚毅

山茶花の花も末なる夕明り/小澤碧童

俳句例:41句目~

かたときの山茶花しぐれ石鼎忌/原裕

山茶花に雨待つこゝろ小柴垣/泉鏡花

山茶花のはなくづ月に踏みて訪ふ/占

山茶花の庭に遺りし絵踏石/江口竹亭

山茶花を雀のこぼす日和哉/正岡子規

山茶花の丈まだ低き新公園/古川充子

山茶花の花立て直す暇無く/高澤良一

流洟や山茶花色にかぎらるる/斎藤玄

紅涙といふ美しさ山茶花は/松山足羽

花多き山茶花垣の厚みかな/小澤碧童

藁ぬれて山茶花残る冬の雨/室生犀星

青苔に山茶花にほふ神迎/水原秋櫻子

さざんかの会心の白龍安寺/高澤良一

空白い月夜さざんか花盛り/和知喜八

山茶花にかげろひて何の地響/内田百間

山茶花にほつほつ花や苗木市/高橋/守

山茶花の日曜や友満洲より/佐野青陽人

山茶花に入日の襤褸四十代/小檜山繁子

山茶花に入日を惜しむ時津風/飯田蛇笏

山茶花の百の蕾に破綻なし/赤松けい子

俳句例:61句目~

山茶花は年をとる花夜も咲く/和知喜八

山茶花に古繩を焼くほのほ哉/内田百間

山茶花を待たせて人を招じけり/斎藤玄

山茶花の花びら落ちし庭小春/島田青峰

山茶花の散るにまかせて晴れ渡り/龍男

山茶花は魂のはな散りてなほ/原コウ子

山茶花は霜傷みしてはや醜女/高澤良一

山茶花は石の間に吹き荒るる/横光利一

山茶花に大きく物の割れる音/高澤良一

山茶花に太く泥めく線香立つ/久米正雄

山茶花に影きせかけて餘生感/古舘曹人

山茶花の午後深くして低き声/草間時彦

山茶花に心おぼえし西東/長谷川かな女

山茶花に心惹るゝやすらぎも/稲畑汀子

山茶花の日向ぬくさや冬の蜂/西山泊雲

山茶花の花の末なる冬至かな/小澤碧童

山茶花に暫しの西日とどめをり/上村占

乙女さぶほの山茶花の匂ふ家/小池文子

山茶花の白哀しみの母に散る/山田弘子

山茶花の縁にこぼるる日和哉/正岡子規

俳句例:81句目~

山茶花のかたき蕾や初時雨/岡本癖三酔

借りて享くほつれ茶碗や姫椿/石川桂郎

山茶花の新月に浴む妹を待つ/宮武寒々

山茶花に煙這ひ居る日中かな/内田百間

山茶花の夕日ひとひら剥がれけり/林翔

山茶花に犬の子眠る日南かな/子規句集

山茶花に筧ほそるる日和かな/室生犀星

山茶花の花屑のみの砂地掃く/木村蕪城

山茶花の壊れ放題テロ止まず/高澤良一

山茶花の累ねの白や惜命忌/星野麥丘人

噂話は三日華やか山茶花散る/大石壽美

山茶花に雨あがりたる雫かな/島田青峰

山茶花の散りて幾日や敷松葉/伊藤松宇

山茶花の花びらも消え青蟷螂/和知喜八

墨染のうすしとも見え山茶花に/原石鼎

山茶花を旅人に見する伏見哉/井原西鶴

山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ/楸邨

山茶花を箕に掃きとるや竹箒/尾崎迷堂

山茶花の垣根に人を尋ねけり/正岡子規

嵯峨国民学校とあり山茶花に/久米正雄

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ