季語/枯蔓(かれづる)を使った俳句

「枯蔓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯蔓」について

【表記】枯蔓

【読み方】かれづる

【ローマ字読み】karezuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蔓枯るる(つるかるる:tsurukaruru)

・枯かずら(かれかずら:karekazura)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯蔓を含む俳句例

枯蔓が伸び縋りえし茜雲/林翔

三月の枯蔓走る水の中/萩原麦草

枯蔓の切尖に触れ水激す/桂信子

枯芝と枯蔓映りゐる鏡/京極杞陽

枯蔓のこんがらがりて春隣/岸田稚

一面に枯蔦からむ仏かな/高浜虚子

三月や枯蔓なかの葛一条/松村蒼石

篁の纏く蔓枯れや歌の橋/石田波郷

枯蔦や石塀の角廻り込み/高澤良一

枯蔓に垣を離るる力なく/小口理市

枯蔦や石の舘の夜の雨/東洋城千句

枯蔦の尖端水にとどかざる/長田等

枯蔓の先の先まで鐘の音/石田勝彦

雪原の月枯蔓に大いなる/西本一都

大霜の枯蔓鳴らす雀かな/臼田亞浪

街裏の捨百度石蔦枯れて/有馬籌子

枯蔓のずるずる引けて土埃/高澤良一

枯蔦に山の残照近づけり/米沢吾亦紅

枯蔦となり一木を捕縛せり/三橋鷹女

枯蔦となりて葛藤顕はるる/田中政子

俳句例:21句目~

枯蔓を引けば離るゝ昼の月/中村汀女

枯蔓の下をゆくとき後手に/田中裕明

枯蔓の螺旋描けるところあり/上村占

枯蔦が這ひ吸盤に類すもの/高澤良一

蔦枯れて額吹く風や洞の門/会津八一

垣ぐるみ払ふ枯蔓群がるを/高澤良一

枯蔓の末路を晒す川っぷち/高澤良一

枯蔓の消え~わたる籬かな/野村泊月

百穴を訪ふ枯蔓を足に引き/青野達江

枯蔦や藍ことに濃き色硝子/久米正雄

枯蔓や山中に水もつれ合ふ/加藤けい

枯蔓を引きて一樹の影崩す/中井啓子

蔦枯るゝ大き巌を縛すまゝ/岸風三樓

枯蔓の尖は左の目にありて/高浜虚子

枯蔦や明治の倉の赤煉瓦/加藤みさ子

枯蔓にぴかぴかの日や天寧寺/大串章

枯蔦や不動に吹雪く瀧の裏/会津八一

城垣の昼を深めて蔦枯れる/大野紫陽

枯蔓の零し損ねし実の二三/高澤良一

枯蔓に巻かれ混迷深める木/高澤良一

俳句例:41句目~

枯蔦の系図を横に拡げけり/高澤良一

枯蔓の幹に食い込む馬鹿力/高澤良一

枯蔓に残つてゐたる種大事/山口青邨

枯蔓の横暴極まりなき立木/高澤良一

蔦枯れて十字架の十現れる/森田智子

枯蔓に雪柔かにひつかゝり/高野素十

枯蔦の垂れ端とざす氷かな/西山泊雲

枯蔓の石にはりつく高札場/中川文彦

枯蔦に日の当るのみ甲子園/岡澤康司

烏瓜の枯蔓引いて手に揉めり/高澤良一

狂院を緊縛しつつ蔦枯れたり/谷野予志

石を抱く力ゆるみて蔦枯るゝ/木村左近

かげろふ崖枯蔓の実の殻亙る/下村槐太

窓の蔦枯れ~に陽も皺みけり/飯田蛇笏

老幹をきりきり捲きし蔓枯れぬ/滝春一

蔦枯れて蔓の呪縛の残りけり/稲畑汀子

ざうざうと山の枯蔓滝なせり/高澤良一

蔦枯れて蔦の爪あと遺りけり/大橋敦子

表札にアラビア文字蔦枯るる/西村和子

ゆるやかに幹を縛め蔦枯るゝ/清崎敏郎

俳句例:61句目~

大寒の枯蔓を火の渡りをり/野見山朱鳥

大方はむかごの蔓の枯果てゝ/高浜虚子

松ケ枝や枯蔓かゝるずた~に/西山泊雲

枯蔓と見し生蔓の引きごたへ/青木重行

枯蔓につもりてかろし春の雪/西山泊雲

枯蔓に山にしみじみ夕日さす/岡田日郎

枯蔓に棲む日月や友も憂し/河原枇杷男

枯蔓に縋り夕日の柄長啼き/小林黒石礁

枯蔓のかげす櫺子の除夜の月/臼田亜浪

枯蔓の乱脈透きて日の差せり/高澤良一

枯蔓の嘗ての一途なべて見ゆ/高澤良一

枯蔓の大空よりぞさがりたる/浜屋刈舎

枯蔓の引かれじとする力かな/富安風生

枯蔓の我に肖てくる夕かな/河原枇杷男

枯蔓の枯れつつ掴むもの哀し/本下夕爾

枯蔓の残る力と引き合へり/片山由美子

枯蔓の空にとぎれてつゞきをり/上野泰

枯蔓の網の中なる落葉かな/加賀谷凡秋

枯蔓をひき森音をさびしくす/山本佳絵

枯蔓をひく後髪引くごとし/稲垣きくの

俳句例:81句目~

枯蔦のあくまでからむ官舎塀/松村蒼石

枯蔦のぐるり取り巻く御用邸/高澤良一

枯蔦の引けど引かせぬ力あり/鳥居すゞ

枯蔦の胃腸病院となりにけり/久米正雄

枯蔦の込み入る意図を詮索す/高澤良一

枯蔦も遠ざかりゆくものを見る/有働亨

枯蔦や絵馬は古りたる神の杉/寺田寅彦

枯蔦を引けば鉄鎖となりにけり/澁谷道

枯蔦片々独逸文字と衒気遠し/香西照雄

枯蔓の這ふてのめりし籬かな/楠目橙黄子

枯蔓にうす日あたりて深雪かな/清原枴童

枯蔓の太きところで切れてなし/中村汀女

がむしやらな姿とどめて枯蔓は/高澤良一

こと切れしごとく枯蔓宙吊りに/高澤良一

枯蔓をもがき抜けたる鶲かな/水原秋櫻子

枯蔦の隙間編物教室の手の類型/伊丹公子

湯の唄をうたひ枯蔦からみあふ/萩原麦草

磐余なるなぞへの太き蔓枯れぬ/下村槐太

枯蔓を焚きたる灰の絡みけり/佐々木六戈

枯蔓の太き輪を目で見あげけり/橋本鶏二

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ