季語/年惜しむ(としおしむ)を使った俳句

「年惜しむ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「年惜しむ」について

【表記】年惜しむ

【読み方】としおしむ

【ローマ字読み】toshioshimu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・惜年(せきねん:sekinen)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

年惜しむを含む俳句例

湖を見てきし心年惜しむ/高野素十

年惜しむ高層街の夜の雨/飯田蛇笏

ゆく年を惜しむ長巻山水図/森澄雄

音楽に涙湧きたり年惜む/沢木欣一

地下鉄は詩作工房年惜しむ/皆吉司

師の門に月星明し年惜しむ/及川貞

塗ためて年惜しむなり船の底/中条明

鐘楼へ短き梯子年惜しむ/立本美知代

雨だれの大きなたまの年惜む/安住敦

山会に青邨と泣き年惜む/深川正一郎

年惜む心うれひに変りけり/高浜虚子

年惜しむ年齢早見表を見て/須山重信

落日へ並ぶ雑木や年惜しむ/目黒十一

年惜む心に雨に耳澄ませ/成瀬正とし

わが遊び月雪花と年惜しむ/下村梅子

年惜しむ偃すことの宵惑ひ/深谷雄大

年惜しむ瓦噛みたる鬼瓦/山田みづえ

人人に年惜めやと鼓打つ/松本たかし

年惜しむ共に旅せし日を刻み/星野椿

凍花映ゆ鏡の罅に年惜しむ/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

年惜しむその日の空の曇るごと/上村占

うす霧に苑の朝凪ぎ年惜しむ/飯田蛇笏

炮烙を透かす火色や年惜しむ/永井龍男

しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ/飯田蛇笏

雛離る安らぎもあり年惜しむ/大西和子

年惜しむ実に幾つとせ餘すらむ/及川貞

年惜しむ心うれひに変りけり/高浜虚子

絵屏風の年惜めよと展く四季/亀井糸游

三日月の浪隠るまで年惜む/佐野まもる

空欄の多き日記の年惜しむ/遠山楠翁子

稿一つ終えて灯下に年惜しむ/大津希水

年惜む卒寿の世紀惜むなり/浅井青陽子

大海の端踏んで年惜しみけり/石田勝彦

年をしむ蝋燭の香に氷雨ふる/飯田蛇笏

片づけて机辺ものなし年惜む/中村若沙

年惜む即ちいのち惜むなり/上林白草居

指揮者への拍手に年を惜みけり/森田峠

この画展巴里の絵多し年惜しむ/岩崎照子

たれかれに便り書かばや年惜む/石橋秀野

白がねの濤音ばかり年惜しむ/大村フサエ

俳句例:41句目~

まこと一病息災なりし年惜む/久永雁水荘

ものを焼く煙の行方年惜しむ/平手むつ子

乱帙をわがうべなひて年惜しむ/岩崎照子

傀儡にも母ありて年惜しみけり/有馬朗人

窓あけて年を惜しめば沖に月/佐野まもる

胸の中まで日の射して年惜む/深見けん二

鉄瓶の蓋きりて年惜みけり/久保田万太郎

障りなく祝終へし年惜しみけり/毛塚静枝

離れ住みて一つの年を惜しみけり/上村占

手鏡に息吹きかけて年惜しむ/浅井沙衣子

母ませし年を惜しみて余りある/高木晴子

用なきに野川に来たり年惜しむ/細見綾子

海苔桶に落日燃ゆる年惜しむ/金尾梅の門

炭焼きて孤りが年を惜しまざる/飯田蛇笏

点滴をかぞヘベッドに年惜む/片岡片々子

牡蠣舟に年惜しみけり太田川/冨田みのる

どこみても空青き年惜みけり/久保田万太郎

大正のミシンを踏みて年惜しむ/北見さとる

年惜しむともなく蒲団敷きにけり/中島月笠

年惜しむひとりに墳墓あたたかく/石原舟月

俳句例:61句目~

年惜しむ傘寿来よとか寄せじとか/皆吉爽雨

楽人のデスマスク掛け年惜しむ/小枝秀穂女

眼を閉ぢて日記を閉ぢて年惜しむ/中島敏之

矜持なきわが身のほどの年惜しむ/三島敏子

磯に出て年惜まむと灯を提ぐる/佐野まもる

年惜しむ邪鬼いつぱいに目を開き/有馬籌子

毛絲編みそこねては編み年惜むか/石川桂郎

年惜しむ椅子引寄せてカプチーノ/都筑智子

虚子の死や誰彼の死や年惜しむ/成瀬正とし

沈みては浮きては海鵜年惜しむ/東海林照女

年惜む橋のかなたと此方かな/久保田万太郎

深川に小唄幸兵衛と年惜しむ/阿部みどり女

年惜しむ古希の坂まで来てしまふ/勝田享子

年惜む酒にがき酒飲むはかな/久保田万太郎

年惜む無音を濡らすほどの雨/長谷川かな女

迅く去れと言ひ禍年を惜しむなり/福田蓼汀

あつまりてとどのつまりは年惜しむ/長谷川双

年惜しむ程のよきことなかりけり/松崎鉄之介

然かなれば然かせしものを年惜む/野島無量子

年惜しむ太陽うつるにはたづみ/阿部みどり女

俳句例:81句目~

身をもみて泣きし思ひ出年惜しむ/成瀬正とし

悪しきこと多かりし年を惜しむかな/相馬遷子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ