季語/葵(あおい)を使った俳句

「葵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葵」について

【表記】葵

【読み方】あおい

【ローマ字読み】aoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葵の花(あおいのはな:aoinohana)

・花葵(はなあおい:hanaaoi)

・銭葵(ぜにあおい:zeniaoi)

・蜀葵(からあおい:karaaoi)

・立葵(たちあおい:tachiaoi)

・錦葵(にしきあおい:nishikiaoi)

・つる葵(つるあおい:tsuruaoi)

・白葵(しろあおい:shiroaoi)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

葵を含む俳句例

屯して昔話を銭葵/高澤良一

天心のが唾垂れ立葵/坪内稔典

立葵歩いて直す病あり/高澤良一

新しくつぎ足せし塀立葵/上野泰

一行詩に一行の評立葵/嶋田麻紀

立葵七彩に咲く婚の朝/藤本朋子

杉垣を摘みぬ隣の立葵/子規句集

童らに空の花なる立葵/石塚友二

貧乏に匂ひありけり立葵/小澤實

正面を四方にもちて立葵/藤丹青

日中に咳はく牛や花葵/飯田蛇笏

郵便局前庭を持ち立葵/遠藤梧逸

花葵雨中に夢の像見て/藤田湘子

厩より雀とび翔つ銭葵/皆川盤水

立葵即今豪雨斜かな/東洋城千句

立葵雨粒しろき晝の窓/田中裕明

部落に入る蹄鉄工場立葵/遠藤梧逸

かいまみし人の厨や花葵/中村汀女

かの腕地に還りては立葵/和田悟朗

立葵よぎる尾長の黒帽子/堀口星眠

俳句例:21句目~

立葵のぞき棚経僧来たる/石原八束

立葵いざや山雨を私しす/諸角和彦

蝶低し葵の花の低ければ/富安風生

花葵上野の森は曇りけり/子規句集

立葵天香久山隠しけり/八木林之助

花終る高さとなりし立葵/古川能二

七尾線どこの駅にも立葵/佐藤和夫

三方に蝶のわかれし立葵/中村汀女

立葵人影のなき村の昼/西島美代子

影をかしすい~月の立葵/尾崎紅葉

悪相の猫が居座る立葵/秋武つよし

咲き上げて紅勝ちぬ立葵/前田普羅

上り易き雨と覚えて立葵/高澤良一

屑繭に蠅たむろしぬ花葵/飯田蛇笏

立葵高く吹かれて終の花/嶋田麻紀

旧街道角っこの銭葵かな/高澤良一

立葵この垂直の秋波よ/国武十六夜

兄弟の競ひて伸びる立葵/藤田郁子

長雨のあとの暑さや花葵/増田龍雨

雨上り地明りのして立葵/高澤良一

俳句例:41句目~

雷のあと日影忘れて花葵/飯田蛇笏

鴨の子を盥に飼ふや銭葵/正岡子規

日覆の外に葵の花ざかり/野村泊月

みじかきは真赤の花の立葵/高木晴子

呼ぶ子帰る子十二時の立葵/廣瀬直人

峠路のはづれに四五戸立葵/稲畑汀子

新聞を歩きよむ畑や花葵/岡本癖三酔

昼蚊帳に雨ふる背戸の立葵/石原舟月

桐の花葵祭はあすとかや/河東碧梧桐

死の迎へ地よりあるべし立葵/宮入聖

立葵ゆらぎ峠をはしる水/水原秋櫻子

濡れて着く忌明の供養花葵/宮武寒々

烈日に病めば啼く鵜や花葵/西島麦南

爛るると燃ゆと近江の立葵/松村幸一

相川や情死のいろに銭葵/鳥居おさむ

石を置く屋根も荒磯や立葵/古館曹人

花葵貧しくすみて青簾吊る/飯田蛇笏

立葵咲き終りたる高さかな/高野素十

立葵唐箕の風を受けにけり/松藤夏山

立葵影を媼として立てる/宇多喜代子

俳句例:61句目~

立葵洪水はわが死後に来よ/斎藤慎爾

立葵消えぬその都度誉欲り/香西照雄

立葵病廊落暉火のやうに/大峯あきら

踏切ベル叫喚の間の立葵/百合山羽公

辞書を引く少年のゆび立葵/前田秀子

いきいきと胎児脈うつ立葵/和田悟朗

銭葵どこの窓にも老婆ゐて/有馬朗人

銭葵長けしを残し引越せる/高澤良一

きぞ角力発ちし宿とや花葵/吉田冬葉

門に待つ母立葵より小さし/岸風三樓

さそり座へ消えし国道立葵/菅原鬨也

どこへ馳けても立葵立葵/上田日差子

電柱へことば下さい立葵/小島千架子

鞍馬より貴船に降りて立葵/庄中健吉

なかほどに花先んじぬ立葵/落合水尾

にごりそむ港の空や立葵/小原菁々子

雨となる風に大揺れ立葵/左右木韋城

ぼた山に一歩をつめよ立葵/小島千架子

三人称の風が吹きゆく立葵/佐藤美恵子

立葵がんぴと咲きて古めかし/松藤夏山

俳句例:81句目~

立葵いよよ素知らぬ暮天かな/金井徳夫

花葵まづしく住みて青簾つる/飯田蛇笏

ふるひ居る小さき蜘蛛や立葵/高濱虚子

花葵仔犬の小屋をこゝに置く/星野立子

ひつそりと犬捕りが行く立葵/有馬朗人

はだか馬曳きゆく馬子や花葵/高木晴子

咲きのぼる葵の花の夏たのし/鈴木花蓑

衿あしを抜きやる法衣花葵/赤松ケイ子

ともかくも昔はよかった銭葵/高澤良一

真黒な葵の花のさかりかな/楠目橙黄子

湯をつかふ音が裏手に立葵/鷲谷七菜子

立葵てふてふ道草くってをり/高澤良一

うしろ姿を白と決めたる立葵/柿本多映

立葵バケツリレーの音もなく/二村典子

立葵声をしぼりて軍鶏啼きぬ/松藤夏山

振りあふぎあふぎ髪梳く立葵/野村泊月

立葵一輪白をあげて枯る/阿部みどり女

立葵戸毎に咲かせ海女部落/青木起美子

水汲んでつめたき手なり立葵/岸本尚毅

立葵掃除婦は腰を曲げつゞけ/岩田昌寿

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ