季語/東踊(あずまおどり)を使った俳句

「東踊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「東踊」について

【表記】東踊

【読み方】あずまおどり

【ローマ字読み】azumaodori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

東踊を含む俳句例

帯ゆれて東踊の總をどり/篠原

女将来る東踊の幕間に/南るり女

濃き紅の東踊の小提灯/下田実花

東踊築地川なき侘びしさよ/瀧春一

灯つく東踊のみちしるべ/中村秀好

一人も東踊の妓を知らず/池上浩山人

殺し場も東踊にありにけり/山口青邨

舞台の風花東踊の妓に髪に/楠本憲吉

教師に一夜東踊の椅子紅し/能村登四郎

茶席より東踊の座にかへる/水原秋桜子

東をどり橋の上の月まどかかな/野口里井

東をどりをどりと仮名で書きにけり/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ