季語/霜くすべ(しもくすべ)を使った俳句

「霜くすべ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「霜くすべ」について

【表記】霜くすべ

【読み方】しもくすべ

【ローマ字読み】shimokusube

子季語・関連季語・傍題・類語など

・くぐし(くぐし:kugushi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

霜くすべを含む俳句例

日本は挨拶の國霜くすべ/筑紫磐井

百姓の仏頂面ラや霜くすべ/橋本鶏二

霜くすべ古城の十里十方へ/飯田龍太

霜くすべ常念坊のみそなはす/小澤實

山ひとつ北に尖りて霜くすべ/廣瀬直人

暗がりに人声のする霜くすべ/石田勝彦

柿の木に縄垂れてゐる霜くすべ/大串章

桑園に真夜の月あり霜くすべ/佐藤水子

波うつて八ヶ岳立つ霜くすべ/澤田緑生

霜くすべ三里かなたに信濃口/飯田龍太

鰻田に及べる遠き霜くすべ/能村登四郎

村挙げて一揆のごとし霜くすべ/稲垣陶石

菜の花に霜くすべ焚く湯宿かな/萩原麦草

藁負うて妻もしたがふ霜くすべ/谷牡鹿野

金星の見えざるまでに霜くすべ/茨木和生

霜くすべ夕餉了へても明るかり/中原道夫

霜くすべ日の出の空の濁りをり/久保乙秋

霜くすべ月下はろかの桑園も/長谷川素逝

霜くすべ終へたる父の朝寝かな/皆川盤水

霜くすべ這うて鈴鹿にひとつ星/甲斐虎童

俳句例:21句目~

くらがりの遠くのこゑの霜くすべ/細川加賀

人影の立ちつかがみつ霜くすべ/松崎鉄之介

真夜なかの桑の月夜へ霜くすべ/長谷川素逝

霜くすべ畦に来てゐる亡父の影/つじ加代子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ