季語/シクラメンを使った俳句

「シクラメン」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「シクラメン」について

【表記】シクラメン

【読み方】しくらめん

【ローマ字読み】shikuramen

子季語・関連季語・傍題・類語など

・篝火草(かがりびそう:kagaribiso)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

シクラメンを含む俳句例

一鉢の影一体やシクラメン/小林草吾

悲しみが今喜びにシクラメン/森田峠

磨硝子ごしの紅白シクラメン/山中弘通

浴室に人の影さすシクラメン/横山白虹

奔放な花びら放ちシクラメン/澤木欣一

シクラメン父で終りし写真館/倉田弘子

食卓の下の日溜りシクラメン/西村和子

靴脱に主客の靴とシクラメン/富安風生

シクラメン鏡は姥たちの古巣/栗林千津

八方に聞耳立ててシクラメン/菊池麻風

シクラメン翻り咲き吾子歩む/岡田貞峰

迎春や蕾あげたるシクラメン/池田秀水

玄関の淋しければとシクラメン/高澤良一

紅をたてによこにとシクラメン/京極杞陽

花好きに悪人なけれシクラメン/西本一都

靴脱石に主客の靴とシクラメン/富安風生

シクラメン笑ひ地獄の最中なり/桜井博道

咳入るや涙にくもるシクラメン/臼田亞浪

シクラメン工区夜を湧く煙赫し/桜井博道

シクラメンをみなの恋の篝とも/小元洋子

俳句例:21句目~

シクラメン人を許さば宥されむ/日野晏子

シクラメン咲き病牀の眸澄める/石原舟月

告白に聞き耳立つるシクラメン/児玉寛幸

シクラメン手品のやうに花咲かす/樋笠文

シクラメン莟を絶すこと知らず/角田勝川

シクラメン村の床屋は碁会所に/尾崎道草

シクラメン死は早朝に鳴り響く/夏石番矢

出荷きまる万の炎のシクラメン/西村和江

性格が八百屋お七でシクラメン/京極杞陽

シクラメン白馥郁と忌日過ぐ/古賀まり子

シクラメン風吹き過ぎる街の角/飯田龍太

心音のことに響く夜シクラメン/石山惠子

恋文は短きがよしシクラメン/成瀬桜桃子

旗捲きしごとく蕾やシクラメン/大橋敦子

燃えつきし焔の形シクラメン/田川飛旅子

いとけなき蕾かくれてシクラメン/行方克巳

シクラメン石は武装のためにあり/対馬康子

お転婆な花片を持つシクラメン/田川飛旅子

なんと透明な林シクラメン投げる/前田保子

所詮人独りで病みてシクラメン/嶋田摩耶子

俳句例:41句目~

シクラメン声の明かるき電話口/浅見咲香衣

シクラメン何支うべくこぞリ咲く/楠本憲吉

咲き余る瓣のよぢれやシクラメン/林原耒井

シクラメン妻を映画に誘ひける/楡井/秀孝

シクラメンたばこを消して立つ女/京極杞陽

盗み見る妻の日記やシクラメン/五十嵐播水

看護婦となりて帰郷やシクラメン/工藤芳久

咳き入るや涙にくもるシクラメン/臼田亜浪

紀伊国屋書店にて待つシクラメン/高澤晶子

夜汽車待ちおり一鉢のシクラメン/対馬康子

悠希来て二日明るきシクラメン/小松崎爽青

赤置いて白華やげりシクラメン/今橋眞理子

足しげく訪ふ花温室やシクラメン/遠藤はつ

ベレー帽などもう古風シクラメン/山本歩禅

部屋のことすべて鏡にシクラメン/中村汀女

アトリエに赤は目立たずシクラメン/脇収子

シクラメン花の重みの夜に入りつ/林原耒井

シクラメン置いて脱兎のごと去りぬ/鈴木栄子

シクラメン花の裳をかゝげ初む/竹下しづの女

焔の形でやうやく古ぶシクラメン/田川飛旅子

俳句例:61句目~

シクラメン虚飾のことば風に乗る/鷲谷七菜子

子の部屋に恋の予感のシクラメン/氏家さち子

生き死にの手術のあとやシクラメン/石田小坡

うつくしきうなじ蕾のシクラメン/片山由美子

ひと言でいえばいいひとシクラメン/石口光子

客を得てカーテンしぼるシクラメン/林原耒井

日当りが佳すぎても駄目シクラメン/高澤良一

市に来て何時もある花シクラメン/小橋やうゐ

シクラメンうたふごとくに並びをり/西村和子

シクラメンかかへて未婚にはあらず/西村和子

シクラメンこの子この子と犬のこと/川村紫陽

シクラメンの火に火の踊り奴隷船/磯貝碧蹄館

シクラメン四五日臥して世を忘る/古賀まり子

シクラメン日向ひなたと追ひて置く/田口登志

抜けてゆく風邪に豪華なシクラメン/安藤恵子

シクラメン真白く佳き事ありさうな/菖蒲あや

算数は2と3シクラメン飽きし/長谷川かな女

シクラメンぼかしてポートレート撮る/高澤良一

花びらにチョークの粉やシクラメン/山下/渓水

燃ゆるてふ白のあるなりシクラメン/芳野年茂恵

俳句例:81句目~

片づけし部屋とりすましシクラメン/嶋田摩耶子

シクラメン炎立つくらさの中にあり/渡邊千枝子

シクラメン手のほどこしやうもなく萎れ/高澤良一

シクラメンはシクラメンのみかなしけれ/中村汀女

シクラメンおぼろ哀しきしろさかな/久保田万太郎

シクラメン雪のまどべにしづかなり/久保田万太郎

シクラメン花のうれひを葉にわかち/久保田万太郎

パラフィン紙燃え出しさうよシクラメン/岩崎照子

シクラメン澄むことなくて胃を病む眼/飛鳥田れい無公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ