季語/三葉芹(みつばぜり)を使った俳句

「三葉芹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三葉芹」について

【表記】三葉芹

【読み方】みつばぜり

【ローマ字読み】mitsubazeri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・みつば(みつば:mitsuba)

季節による分類

・「み」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

三葉芹を含む俳句例

三葉芹浮べて富めり輪島椀/有働亨

厨灯が晩學の灯三葉芹/石田あき子

痩土の三河は曇り三葉芹/古舘曹人

傾けし笊に水切る三葉かな/鮫島野火

味噌汁に三葉芹泛く養生期/池田秀水

三つ葉芹匂ひのつよき裏筑波/堀込生郷

冬霞三つ葉に花を見つけたり/渡辺水巴

根三つ葉の屑も香に立ち夕厨/石塚友二

金輪際雑煮の青は三つ葉のみ/中野陽路

黒土に三つ葉とびとび分教場/佐野美智

三葉のぶ日脚の伸びと競ふごと/岩切葉子

三葉芹摘みその白き根を揃ふ/加倉井秋を

恙なき日の厨ごと三つ葉ぜり/鳥沢まさ江

母の忌の目の中にほふ三葉芹/秋元不死男

洗はれてガラスのごとき三葉芹/中嶋秀子

軽鬱放ち先づ蹴りゆけり三葉芹/赤尾兜子

三葉噛んで光源氏に逢ひたしや/長谷川秋子

三葉掲げて帰る清しさ人を見る/殿村菟絲子

みどり児も根みつばもいま籠の中/篠田悦子

三つ葉提げて帰る清しさ人も見る/殿村菟絲子

俳句例:21句目~

三葉食べぬ子とあり吾もかくありき/原田種茅

根三つ葉の根のきんぴらや春障子/永井東門居

水桶に浸す根三つ葉よき明日あれ/石田あき子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ