季語/紫苑(しおん)を使った俳句

「紫苑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「紫苑」について

【表記】紫苑

【読み方】しおん

【ローマ字読み】shion

子季語・関連季語・傍題・類語など

・しおに(しおに:shioni)

・鬼の醜草(おにのしこぐさ:oninoshikogusa)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

紫苑を含む俳句例

鎌倉や紫苑畠に寺の影/有働亨

石垣の上に紫苑と兜屋根/瀧春一

紫苑咲く夕闇農の庭乾き/中拓夫

紫苑晴戸板に乾く壺百個/石川文子

籾莚紫苑の長き影法師/岡本癖三酔

紫苑咲く水音風音蓮華寺/小川笹舟

庭畑は紫苑月夜の飛騨泊り/有働亨

頂きに蟷螂のをる紫苑かな/上野泰

紫苑へと走る裸足の男たち/徳弘純

高々と咲きし紫苑に月かゝる/篠原

蓼科は紫苑傾く上に晴れ/木村蕪城

花鋏高くかざして紫苑切る/椋砂東

花紫苑二本ありて同じ丈/岡本癖三酔

萩紫苑瑠璃空遠く離れけり/飯田蛇笏

お霊屋の大筋交ひや高紫苑/西本一都

藍甕の機嫌がよくて紫苑晴/平井洋子

この壺を最も好む紫苑さす/富安風生

虻一つ紫苑離れし高さかな/清崎敏郎

門柱に紫苑の丈も競ひ立ち/吉屋信子

雨晴れや紫苑を囲み蝶数多/西山泊雲

俳句例:21句目~

新婚ふたりかくるる菊紫苑/石川桂郎

島びとの暁の合掌紫苑立つ/加藤春彦

紫苑に友静かな旅の刻過ぐる/中拓夫

丈高きことが淋しく花紫苑/遠藤梧逸

新涼や紫苑をしのぐ草の丈/杉田久女

一蝶は紫苑をえらぶ律の墓/古舘曹人

七月や紫苑の丈に雨そゝぎ/林原耒井

紫苑咲く昔と同じ友の家/萩原まさえ

人々に更に紫苑に名残あり/高濱虚子

鍋洗ひ紫苑の露に溺るゝや/小林康治

まだ暑き庭の紫苑の仰ぐほど/林原耒井

倒れたる紫苑に蝶も蜂も来る/上田幸子

古妻も唄ふことあり紫苑咲き/橋本花風

この雨や紫苑の秋となりし雨/加藤楸邨

夕月のかかりて高き紫苑かな/宮下翠舟

紫苑の穂ゆれる帆船揺れるかに/堀葦男

糸瓜忌や紫苑の雨の冷やかに/大谷句佛

病家族あげて紫苑に凌がるゝ/石田波郷

晴れ渡る天に紫苑の色を置く/稲畑汀子

天命を待ちくたびれて枯紫苑/塚本邦雄

俳句例:41句目~

紫苑揺れをれば鎌倉憶はるる/西村和子

人征きて床の紫苑も二夜かな/古沢太穂

庭先に紫苑は傾ぐものなりし/小島延介

岳を捧げチーヌの村は紫苑冷ゆ/有働亨

日曜朝寝の男らに晴れ高紫苑/古沢太穂

病妻のさむがる雨や紫苑生ふ/森川暁水

萩紫苑とゝのひぬ月そだちつゝ/及川貞

白露や天へするどき紫苑の葉/西山泊雲

紫苑剪る法躰ならぬ尼僧見し/今西一路

遠来を寺の紫苑にねぎらわれ/高澤良一

紫苑とは紫そつけなかりけり/後藤夜半

尼寺の木戸に錠なし咲く紫苑/永方裕子

阿蘇夜明霧の紫苑に馬を出す/中西碧秋

紫苑咲く今年かぎりに造成地/金堂豊子

うち晴れし空ある如く紫苑挿す/後藤夜半

紫苑高し山田につづく製材所/渡邊千枝子

紫苑より小さき紫苑色の女/長谷川かな女

紫苑といふ花の古風を愛すかな/富安風生

祇王寺はそこの紫苑の右を行け/高澤良一

ゆく雲に紫苑はものをおもふ花/新井英子

俳句例:61句目~

ペダル踏む穂芒を過ぎ紫苑過ぎ/西村和子

山の雨くればよろこぶ紫苑かな/宮岡計次

いちめんの紫苑やあわき握手して/澁谷道

紫苑咲きせきれいも天渡る日ぞ/堀口星眠

裏庭の廃材紫苑は高く枯れ/阿部みどり女

近よりて紫苑色なき良夜かな/五十嵐播水

仮住みの淡き交はり紫苑咲く/今井千鶴子

紫苑にはいつも風あり遠く見て/山口青邨

紫苑咲く子は素直に寝ねられず/田中裕明

紫苑咲きその日の如く虚子旧居/酒井句浄

紫苑括りに出て秋晝の雨あらき/内藤吐天

雨の紫苑倒るゝことを忘じをり/長谷川双

抽んでて紫苑の高さありにけり/清崎敏郎

獅子衣装干して紫苑の軒低し/海野ふさ子

顧みねば子とあそぶ妻紫苑の辺/下村槐太

颱風の紫苑もつともあはれなり/石塚友二

野分して紫苑の蝶々けふはゐず/星野立子

山晴れが紫苑切るにもひびくほど/細見綾子

挿しそへて紫苑は月に消ゆる花/後藤比奈夫

日に月に腰折れ紫苑ゆれとほす/馬場移公子

俳句例:81句目~

林して十もとあまりの紫苑かな/岡本癖三酔

道のべに船揚げてある紫苑かな/水原秋桜子

澄み易さ紫苑かしぎて立ち直れり/林原耒井

病むひとに紫苑の高さ枯れしまま/安東次男

老女臥す紫苑ぐもりと言ふべきか/堀口星眠

秋晴や紫苑のすがれ見えそむる/五十嵐播水

紫苑淡し病みては慕情秘むべきか/宮津澪子

立ち枯れて久しくなりし紫苑かな/高濱年尾

チロルは谿の雲見下ろしに紫苑咲く/有働亨

紫苑冷え削ぎおとすドリユ西壁なり/有働亨

霧はるる紫苑はみづにさきだちて/宮武寒々

露けぶるむらさき捧げ紫苑立つ/松本たかし

露地の空優しくなりて紫苑咲く/古賀まり子

しゞみ蝶来なくなりたる紫苑かな/高木晴子

みどり女忌紫苑水屋に横たへて/蓬田紀枝子

大き入日紫苑とすすき抱き枯るる/松村蒼石

家かはるよすがもなしや紫苑生ふ/森川暁水

鯉ありとふだや紫苑にアルザスは/小池文子

此の顔や紫苑の花を見つめ居り/長谷川零餘子

夜の紫苑大葉したがえ壺にあり/長谷川かな女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ