季語/白南風(しろはえ)を使った俳句

「白南風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白南風」について

【表記】白南風

【読み方】しろはえ

【ローマ字読み】shirohae

子季語・関連季語・傍題・類語など

・しろばえ(しろばえ:shirobae)

・しらはえ(しらはえ:shirahae)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

白南風を含む俳句例

白南風や豪華客船接岸す/河合順

白南風の光の中の丸の内/坂井建

白南風や飯場の竿に女物/島田芳恵

白南風の異人墓地発港行/橋本榮治

白南風や波音とどく萩城址/塚本清

白南風や海一望の観覧車/倉田静子

白栄や写本の窓の時明り/正岡子規

一行詩白南風に立つ燈台は/福永耕二

流木を焼く白南風の男たち/鈴木鷹夫

白南風や磯の匂ひの刃物市/小林幸子

白南風に来し白浜の女泊る/萩原麦草

白南風に観音開きする艇庫/星野紗一

白南風の浜あるきゐる夕鴉/長谷川双

白南風の海の見えきて蒲郡/中谷五秋

白南風や錆に太りて捨錨/三田きえ子

白南風や革に打ちつけ刃物とぐ/林翔

白南風の牛はさびしき眼せる/加藤楸邨

白南風や背戸を出づれば杏村/室生犀星

土曜日の白南風白い影は誰/諸角せつ子

白南風やしぶきにくもる船の窓/檜紀代

俳句例:21句目~

白はえや写字する窓の時明り/正岡子規

白南風や真水に洗ふ麦烏賊を/田中冬二

白南風や皿にこぼれし鱚の塩/田中冬二

白南風や湖低くとぶ鳥の飢ゑ/鈴木鷹夫

白南風の相合傘は淋しいよ/郡山やゑ子

白南風や永病めば土掴みたし/香取哲郎

白南風や海の青さの河口まで/三村純也

白南風やかさねて藍の皿小鉢/松村蒼石

白南風や樫にいちにち雀鳴き/宮岡計次

白南風や化粧にもれし耳の蔭/日野草城

白南風の野の放牛のけふ多し/笹原耕春

白南風や指呼の孤島も流人島/池上樵人

白南風や仏眼閉ぢしまま千年/小澤克己

白南風の帆柱を打つ帆綱かな/西村和子

白南風や南国の船来てゐたる/鈴木方子

白南風や蓋の力のかぎりなし/宮坂静生

白南風や水底に星溢れたり/水野真由美

白南風の一茶画像と息交はす/鈴木鷹夫

白南風の一帆沖を去らむとす/小澤克己

白南風の地図に無き道海へ出づ/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

白南風の夕浪高うなりにけり/芥川龍之介

白南風の帆となれ母の癒えし杖/清水良子

白南風の牧のミルクは立つて飲む/有働亨

白南風の竹の穂蝶をはなさざる/皆吉爽雨

白南風の耳ひらひらと俥屋さん/攝津幸彦

白南風の雲の切れゆく迅さ見し/稲畑汀子

白南風も鳴く海猫も日もすがら/清崎敏郎

白南風やきらきらとくる旅一座/石川信子

白南風やきりきり鴎落ちゆけり/巌谷小波

白南風や足裏こたへに防風の実/皆吉爽雨

白南風や大河の海豚啼き渡る/芥川龍之介

白南風や波のうへ飛ぶ波しぶき/長谷川櫂

白南風や漁婦寄りあひの磯休み/松田洋星

白南風や竹の擦り合ふ吐月峰/小長井弘子

白南風や耳かすむるは詩ばかり/仙田洋子

白南風や船みづからの飛沫あび/友岡子郷

ややこしくなる前の蔓白南風に/高澤良一

浄土にも白南風吹くか茅舎の忌/山口耕堂

白南風に刀架の抜身くもりけり/鈴木鷹夫

白南風に播磨の米屋匂ひをり/大峯あきら

俳句例:61句目~

白南風や靴より吐かす星の砂/長谷川閑乙

白南風に角なし栄螺捕りにけり/田中英子

白南風や鳩も雀もひとに馴れ/稲垣きくの

白南風の吹きぬけ鶏をむしる家/鈴木鷹夫

黒南風に白南風ありて稿進む/池内友次郎

黒南風のやがて白南風長命寺/大峯あきら

白南風や船員バーのギリシア文字/市川栄司

白南風や浮きそこねゐる牡蠣筏/八木林之介

白南風のからまつやまへ馬の耳/鷲谷七菜子

白南風や蝶はらひてもはらひても/仙田洋子

白南風や一番パンが焼きあがる/矢島三榮代

白南風や仔雉子にちらと藍の羽根/羽部洞然

白南風の布良の荒磯に泳ぐあり/石橋ひかる

白南風や片目大きなピカソの絵/福本みど里

白南風にかざしてまろし少女の掌/楠本憲吉

白南風の上着飛ばさんばかりかな/川崎展宏

白南風を探しさがして海へ来つ/藤原たかを

白南風埠頭帆船フアンで賑はへり/高澤良一

白南風や僧のつむりのあからさま/綾部仁喜

白南風や汽車尾を振つて海に沿ふ/若林芳樹

俳句例:81句目~

雨男/ぼうふら/窓の白南風なぞ/筑紫磐井

白南風や沖に真昼の地震おこる/沼尻巳津子

白南風やハングル文字のミサ告知/田口風子

白南風の桑名の町が好きになる/大峯あきら

白南風に月よりうすく日おちゆく/川島彷徨子

白南風や漁船にTシヤツ干されあり/島田和子

白南風にかざしてまぼろし少女の掌/楠本憲吉

白南風にあらあらと皮膚呼吸かな/前田美智子

白南風やスローカーブを素手で受く/浦川聡子

白南風や午前にちよっとキスをして/坪内稔典

白南風の吹き抜けてゆく岬の茶屋/宇佐美文香

白南風の稿手でおさえ急かれおり/赤城さかえ

白南風のしきりにふかむ蠅のこゑ/川島彷徨子

白南風にエンゼル遊ばせている海辺/八木三日女

逢ひたきか逢ひたし白南風応へけり/山田みづえ

白南風や古きジャズ弾くピアノ/バー/角川春樹

午後の白南風ガラスのこころを硝子屋拭く/磯貝碧蹄館

白南風や乾びきつたる捕鯨基地/笠原さとし「星の座標」

白南風や砂丘へもどす靴の砂/中尾杏子「ながさき曼陀羅」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ