季語/精霊舟(しょうりょうぶね)を使った俳句

「精霊舟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「精霊舟」について

【表記】精霊舟

【読み方】しょうりょうぶね

【ローマ字読み】shoryobune

子季語・関連季語・傍題・類語など

・盆舟(ぼんぶね:bombune)

・送舟(おくりぶね:okuribune)

・燈籠舟(とうろうぶね:torobune)

・麦殻舟(むぎがらぶね:mugigarabune)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

精霊舟を含む俳句例

盆舟の紛れてをりぬ船溜/沢ゆう

精霊船港長者の大舳/下村ひろし

遍照の月に精霊舟のゆく/阿部夕礁

西方も闇や精霊舟下る/鈴木飛鳥女

船台に河の干満精霊舟/米澤吾亦紅

原発の海へ精霊舟を突く/味元昭次

西方へ曳綱張れり精霊舟/中戸川朝人

精霊舟朽つるいくつも熊野川/森澄雄

精霊舟曳子八人扇びらき/中戸川朝人

灯籠舟農民舟と呼ぶがよし/脇本星浪

精霊舟潮に入りては争はず/平尾圭太

背を押して母の精霊舟ゆかす/樋笠文

今年竹竜骨とせり精霊舟/中戸川朝人

精霊舟送る香煙畦に燃ゆ/米沢吾亦紅

戦後長し精霊舟を道に置き/清水基吉

精霊舟前を通りぬ合掌す/田原那智雨

抱かれて精霊舟の小ささよ/福島五浪

明け方の沖へ引かるる精霊舟/岩澤京

精霊船淡路通ひの汐迅し/阿波野青畝

精霊舟送りて泳ぐ暗き湾/山口超心鬼

俳句例:21句目~

いちはやく西へ流るゝ精霊舟/千原叡子

盆舟のしばらく傾ぎ流れゆく/佐川広治

かくれ岩捌きて行きぬ精霊舟/高平春虹

座礁せる精霊舟の夜明かな/中村たゞし

島も果精霊舟の打ち上がり/大星たかし

打上藻精霊舟にてらさるゝ/吉岡禅寺洞

濁流にのせて底透く精霊舟/百合山羽公

燭尽きて精霊舟のさまよへり/宮下翠舟

精霊舟いづる波音間遠なる/吉岡禅寺洞

精霊舟のせて死せるが如き海/篠崎圭介

草々を照らしてゆくか灯籠舟/関戸靖子

精霊舟水面の虫を照したり/米沢吾亦紅

精霊舟海のうねりのあつまる村/中拓夫

精霊舟蝋どめ松葉さはに葺き/西本一都

精霊舟見送るわれも漂へり/戸田ひろし

精霊船に四方八方波ばかり/鈴木真砂女

精霊舟発たせて星の満つる空/植田のぼる

精霊舟草にかくるゝ舟路あり/米澤吾亦紅

精霊舟まだまだ飾り足らぬなり/綾部仁喜

精霊舟打ち寄せ湖は荒れてをり/柴沼忠三

俳句例:41句目~

精霊舟ふれゆく草は水漬く草/米沢吾亦紅

精霊舟送るも航くも隠岐ことば/岩宮武二

精霊舟つゞき流れてまはるあり/高野素十

灯きえて精霊舟の見ゆるあり/吉岡禅寺洞

人が流す精霊舟のうつくしき/大川洽一郎

ふなべりに蝋涙たりぬ精霊舟/安田千鶴女

精霊舟手離さばすぐ浄土の船/加倉井秋を

賑やかに視野を出てゆく精霊舟/岡田治子

精霊舟淡路を其処にして漂ふ/米沢吾亦紅

おくれいづ精霊舟のはなやかに/吉岡禅寺洞

精霊舟舟あしかろく出でゆけり/高橋淡路女

精霊舟ギヤマンの星夜焦し燃ゆ/野見山朱鳥

潮に乗るまで蜑のつきゆく精霊舟/鈴木良子

ちちははのはは乗せまゐる精霊舟/大石悦子

蜑が戸に引き揚げられぬ精霊舟/米沢吾亦紅

蜑の子ら波切つて曳く御精霊舟/甲斐すず江

ひたすらに精霊舟のすゝみけり/吉岡禅寺洞

すぐ岸へ寄りくる精霊舟あはれ/久保ともを

くらがりの水尾しかと曳き精霊舟/大石悦子

精霊船ギヤマンの星夜焦し燃ゆ/野見山朱鳥

俳句例:61句目~

精霊舟かたむきながらひかれけり/安田千鶴女

くろぐろと精霊舟を曳きし跡///八丈島/高澤良一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ