季語/桃の実(もものみ)を使った俳句

「桃の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桃の実」について

【表記】桃の実

【読み方】もものみ

【ローマ字読み】momonomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・水蜜桃(すいみつとう:suimitsuto)

・天津桃(てんしんとう:tenshinto)

・ネクタリン(ねくたりん:nekutarin)

・油桃(ゆとう:yuto)

季節による分類

・「も」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

桃の実を含む俳句例

醴に桃裏の詩人髭白し/其角

憚らず食ひ水蜜桃甘し/樋笠文

牛を桃林に放ち畑打/岩木木外

両の手に桃と桜や草の餅/芭蕉

深川や桃の中より汐干狩/一茶

播州の夕凪桃を見て来たり/目

夏桃や一構つくにがこ竹/空芽

雲桜螢白桃汝が乳房/真鍋呉夫

桃兆す天の一枚扉かな/折笠美秋

あさましき桃の落葉よ菊畠/蕪村

桜より桃にしたしき小家哉/蕪村

鬼百合に桃の名残や國文字/林桂

桃に風長き眠りを果しゐき/原裕

白桃に唇濡れしまゝ笑ふ/莵絲子

桃桜飛騨のこどもに甘々棒/林火

山間の雨の長さや赤き桃/上村占

渓流に桃を浸して姉妹/風間良子

わが衣に伏見の桃の雫せよ/芭蕉

馬よけや畑の入りなる桃柳/北鯤

桃伐りし夜は切株で梳る/渋谷道

俳句例:21句目~

桃一つ残りて黒き床柱/柿本多映

我が家の桃一本に袋掛/右城暮石

三鬼生誕百年の世の桃畠/鈴木明

水中に桃銀色の夜明けかな/林桂

下闇の密度極まる桃熟す/渋谷道

袋掛葉三十枚に桃一つ/西本一都

桃の畑を大廻りして午の水/林桂

袋掛したる袋の中の桃/高野素十

莱に隠れ築地の裡に桃太る/欣一

茶摘唄桃の桃山女かな/菅原師竹

脣を吸ふごと白桃の蜜すする/占

桃畠へ帽子を忘れきて遠し/展宏

紙包桃の莟が覗きをり/高澤良一

紅三頃桃の畑を鴎どり/三好達治

筏師に村あればある桃櫻/原石鼎

毛虫多き桃の畠や外厠/山田三子

朝市の雨沛然と桃匂う/中島斌雄

門川や桃紅ィを映す頃/尾崎迷堂

桃や桜頭上に吹かる日蝕裡/原裕

皆尖る桃の頭や籠の中/安達赤土

俳句例:41句目~

山なして貝殻哀し桃の雨/松村蒼石

白桃に微細なる虫狂ひけり/小澤實

桃林へ已に藁家の桃多し/尾崎迷堂

甲板に桃の荷ひさぐ荒筵/伊藤京子

琉球の裁売来り桃の宿/田中田士英

桃賜り斜めならざる御慶/筑紫磐井

巡礼の鈴に桃畠空気揺れ/沢木欣一

鮑貝砺としたり桃の家/阿波野青畝

もぎたての白桃全面にて息す/綾子

潮騒のよろこび通る桃林/長谷川双

駻馬ゐて袋掛けある桃林/北野民夫

桃の枝の青空指して長短/高澤良一

飯噴いて桃の大粒山育ち/和知喜八

食ふべう紫匂ふ蒲桃かな/尾崎紅葉

悉く桃は袋被ぬ母癒えむ/石田波郷

桃見せて泣ず尿せず婢子かな/智月

一指づつ拭ふ白桃食べし指/長田等

棕梠に鳴る陽の向うの桃/北原白秋

海流は夢の白桃のせて去る/桂信子

青空を配し斜面の桃描く/高澤良一

俳句例:61句目~

白桃を齢頽れて啜りけり/草間時彦

桃いけて寸のこけしを愛す/中勘助

大白桃一休をまだ滴れり/永田耕衣

大白桃妄想森の如くなり/永田耕衣

いわし寄る波の赤さや海の月/桃首

洪水はわが白桃に至らむと/糸大八

閨鏡桃湯の肌を匂はせて/尾崎三翠

水蜜桃固き歯応へ衆他縁/石塚友二

大聲で桃の里行く伊勢參/松瀬青々

長男女其次女男や桃の宿/小澤碧童

桃の翁桃の媼と盆用意/伊丹さち子

白桃を睨み幼子ひとり立つ/原田喬

白桃を洗ふ誕生の子のごとく/林火

裏山を僧急ぎつつ桃の種/西川徹郎

白桃を啜る間何も考へず/細川加賀

白桃をよよとすゝれば山青き/風生

袋掛桃畑すこし浮きあがり/谷川昇

白桃や青天へ皆のびし枝/野村喜舟

行く水の平らかに桃流れ来ず/耕衣

藪入や桃の径の雨にあふ/加舎白雄

俳句例:81句目~

冬暖の笹とび生えて桃畑/飯田蛇笏

白桃や莟うるめる枝の反り/龍之介

白桃や満月はやゝ曇りをり/森澄雄

船足も休む時あり浜の桃/松尾芭蕉

桃袋風神袋の匂ひかな/大木あまり

早桃を供へて姑のお命日/井上ゆき

黒猫の伸び縮みする桃畠/西野理郎

白桃や昼の静脈北を指す/坪内稔典

水中になほ水はじく水蜜桃/桂信子

肥溜のにほひの中の桃の寺/辻桃子

早桃食ふ夜の天網の白き雲/中拓夫

肘まで走る白桃の汁終戦日/中拓夫

聲もせぬ車宿りや桃の晝/筑紫磐井

同じ値の白桃同じ形なし/品川鈴子

子をつれて曽慶や遊ぶ桃の陰/露言

白桃や心かたむく夜の方/石田波郷

白桃や家の中にも波打際/大坪重治

白桃に潜みおり朝の火事/坪内稔典

桃一顆淵に泛かべて盆ゆけり/黛執

曳売の白桃すでに一患者/巌谷小波

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ