季語/秋の暮(あきのくれ)を使った俳句

「秋の暮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の暮」について

【表記】秋の暮

【読み方】あきのくれ

【ローマ字読み】akinokure

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の夕暮(あきのゆうぐれ:akinoyugure)

・秋の夕(あきのゆうべ:akinoyube)

・秋夕(しゅうせき:shuseki)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の暮を含む俳句例

立て行鴫心なし秋の暮/長梧

膝抱て羅漢顔して秋の暮/一茶

何急ぐ家ぞ灯す秋のくれ/几董

有侘て酒の稽古や秋の暮/太祇

手招きは人の父也秋の暮/一茶

脱落す神を覚えて秋の暮/槐太

秋の暮一石橋の迷子石/龍岡晋

谷底の空なき水の秋の暮/白泉

追分の一里手前の秋の暮/一茶

飯食の口の奥まで秋の暮/黛執

けもの篇引けば巷の秋の暮/原裕

大木を枯らす鴉や秋の暮/原月舟

泊問ふ船の法度や秋の暮/炭太祇

大砂丘の裏側通る秋の暮/岸田稚

逆落す荒石河原秋の暮/相馬遷子

秋の暮大木の下も人たゆる/一茶

一人通ルと壁にかく秋の暮/一茶

一本の道両側の秋の暮/草間時彦

日の暮や人の皃より秋の風/一茶

隣の後家小笹の露や秋の暮/調鶴

俳句例:21句目~

秋の暮人の急げば急がれて/稚魚

此道や行く人なしに秋の暮/芭蕉

物感として頭脳在り秋の暮/耕衣

蹲るかたちの壺や秋の暮/石嶌岳

下灯る安田講堂秋の暮/京極杞陽

小坊主の門に立けり秋の暮/闌更

死神により残されて秋の暮/一茶

靴底に鉄板硬し秋の暮/池田秀水

弓取に哥とハれけり秋の暮/蕪村

遠山に及ぶ思ひを秋の暮/斎藤玄

鐘の音物にまぎれぬ秋の暮/杉風

門を出れば我も行人秋の暮/蕪村

雨中なる洗濯物も秋の暮/小澤實

童部の独り泣き出て秋の暮/許六

勾玉の紐を結べる秋のくれ/原裕

片口の駒行く原や秋の暮/調管子

高台に集る音や秋の暮/石塚友二

魚の腸地中に埋め秋の暮/佐田栲

秋の暮水のやうなる酒二合/鬼城

黒板に濁点残る秋の暮/久保純夫

俳句例:41句目~

悲しさに魚喰ふ秋の夕かな/几董

嫂の鍋擽く音や秋の暮/幸田露伴

エィャッと活た所が秋の暮/一茶

行人に日雇まぎれず秋の暮/昌寿

秋の暮皆長靴の出稼人/大野林火

戸口より人影さしぬ秋の暮/青蘿

旅籠屋の数多枕や秋夕/松瀬青々

牢人や常さへ有に秋のくれ/一束

仰向いて天井古し秋の暮/辻桃子

立いでて後あゆみや秋の暮/嵐雪

秋夕の愕き易き獣かな/久米正雄

去年より又淋しいぞ秋の暮/蕪村

秋夕重忠さまの館訪ふ/佐藤春夫

赤紐の草履も見ゆる秋の夕/一茶

鮭汁を温めてをり秋夕/久米正雄

松原や松の梢の秋の暮/尾崎迷堂

塗椀の内の肉色秋の暮/金子青銅

塵取をこぼるゝ塵や秋の暮/草城

牢人の眉尖りけり秋のくれ/そめ

大寺の襖畳の秋の暮/能村登四郎

俳句例:61句目~

のびのびて衰ふ菊や秋の暮/許六

色好む我も男よ秋の暮/松瀬青々

滝音を離れ風音秋の暮/野澤節子

抱かれゐる子供の顔も秋の暮/爽波

恰もや秋篠寺の秋の暮/松根東洋城

育毛剤秘かに試す秋の暮/川村甚七

むさしのへ投出ス足や秋の暮/一茶

もう帰らん茶釜の下の秋の暮/雪色

追分に唄はありけり秋の暮/齋藤玄

秋の暮甘納豆の指しやぶる/田辺花

肉体が考えている秋の暮/池田澄子

矢印の方へは行かず秋の暮/高橋龍

暗渠行く水音高し秋の暮/高橋畔舟

瞬くにつれ刻刻と秋の暮/三橋敏雄

持ち重る顔のかなしく秋の暮/照敏

赤光の父呼ぶ声の秋の暮/齋藤愼爾

三夕やさいふをさがす秋の暮/郁乎

伝馬所の罵り声も秋の暮/中川四明

竹籠に鶏をつめこむ秋の暮/飴山實

貧交や横顔にある秋の暮/古沢太穂

俳句例:81句目~

我がてに我をまねくや秋の暮/蕪村

物ぞとは四十やしらず秋の暮/宗也

貧しげな小学校や秋の暮/京極杞陽

中々にしらでもよきに秋の暮/樗良

親に似た御皃見出して秋の暮/一茶

何事もおどろかぬ顔秋の暮/桂信子

この道や行く人なしに秋の暮/芭蕉

父を呼ぶ四億年の秋の暮/齋藤愼爾

揚屋出て大門出れば秋のくれ/楼川

突堤の内潮ふくれ秋の暮/松瀬青々

原爆症診て疲れ濃き秋の暮/ひろし

乞食の葬礼見たり秋の暮/正岡子規

二階からたばこの煙秋のくれ/除風

秋の暮物打語る人もなし/角田竹冷

出歩けば即刻夢や秋の暮/永田耕衣

人のごと鯉を呼びをり秋の暮/澄雄

大寺や素湯のにえたつ秋の暮/白雄

屋根裏に火伏の札や秋の暮/有働亨

秋の暮石山寺の鐘のそば/服部嵐雪

校庭に一脚の椅子秋の暮/藤岡筑邨

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ