季語/蕎麦の花(そばのはな)を使った俳句

俳句例:101句目~

蕎麦の花ミサの鐘鳴るところまで/奥野桐花

癒えそめし馬に花蕎麦月夜かな/沢田まさみ

蕎麦の花この山下りてそば食べむ/林原耒井

月出でゝ明るく暗し蕎麦の花/長谷川零餘子

月光の満ちゆくかぎり蕎麦の花/古賀まり子

雲もりて光る星あり蕎麦の花/長谷川零餘子

蕎麦の花こころ遠くへ行きたがる/村上方子

いえづとの溝蕎麦の花こぼるるよ/中村わさび

ちらちらと蝶ちりちりと蕎麦の花/伊丹三樹彦

ふるさとは山より暮るる蕎麦の花/日下部宵三

書きつぎて深き香となる蕎麦の花/加藤知世子

崖のぶらんこ眼下は淋し蕎麦の花/加藤知世子

あっけなく死ぬ年寄りに蕎麦の花/宇多喜代子

風かるき一と日のをはる蕎麦の花/鷲谷七菜子

花蕎麦のほのと地明り火山灰の村/小島千架子

分け入りて胸乳に揺らす蕎麦の花/斎藤千恵子

蕎麦の花干割れし土のしんからかん/諸角せつ子

タイトルとURLをコピーしました