季語/蕎麦の花(そばのはな)を使った俳句

「蕎麦の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蕎麦の花」について

【表記】蕎麦の花

【読み方】そばのはな

【ローマ字読み】sobanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「そ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

蕎麦の花を含む俳句例

百姓の儲話や蕎麦の花/龍岡晋

花蕎麦に飯綱颪荒々し/藤戸洛

馬の背の高きに上り蕎麦の花/移竹

夕空の紺より藍へ蕎麦の花/石嶌岳

犬曳た女通るや蕎麦の花/寺田寅彦

山里は豆もつくらず蕎麦の花/悟空

旅先に針糸愛でる蕎麦の花/小平湖

城跡の一段高し蕎麦の花/五車反古

川原上りて広々と蕎麦の花/松村蒼石

癩の村ちかき月明蕎麦の花/石原舟月

落人の低き墓標や蕎麦の花/西村牽牛

旅人に遠山見せて蕎麦の花/毛塚静枝

花蕎麦や谷におくれて峠の灯/長田等

花蕎麦や祖より畑石減らず/岸/霜蔭

花蕎麦や畑中にある童子堂/落合千鶴

花蕎麦や夕山かげに二三軒/松藤夏山

まれまれに蝶の動くや蕎麦の花/蓑立

花蕎麦の風の道折れ岬村/文挟夫佐恵

花蕎麦の総倒れして紅の茎/加藤憲曠

上方の芝居下りぬ蕎麦の花/寺田寅彦

俳句例:21句目~

狐火のしらけて過ぐや蕎麦の花/荒雀

そばの花畠の秋も後段かな/黒柳召波

民宿のうらも民宿蕎麦の花/橋本榮治

大根も葱もそこらや蕎麦の花/炭太祇

遠吠えの牙の白光蕎麦の花/和田悟朗

蕎麦の花自転車赤き郵便夫/相馬遷子

蕎麦の花終りて山に雲のこす/大串章

蕎麦の花大和島根のくもりかな/才麿

胸薄き案山子や蕎麦の花隣/石川桂郎

蕎麦の花北指す汽車に肱汚し/朔多恭

山腹の赤い華表や蕎麦の花/寺田寅彦

墓山も楢山も雲に蕎麦の花/橋本榮治

汽車道の広告札や蕎麦の花/寺田寅彦

名月は蕎麦の花にて明けにけり/李由

此頃の銀河や落てそばの花/松岡青蘿

蕎麦の花丘つづきなる夕明り/中川宋淵

蕎麦の花人影のなき一揆村/桑原かず子

蕎麦の花蟹田の墓のほろほろと/堺信子

道のべや手よりこぼれて蕎麦の花/蕪村

この村の深息に似て蕎麦の花/中嶋秀子

俳句例:41句目~

すみやかに月は高みへ蕎麦の花/中田剛

その上にまた一つ家蕎麦の花/矢島渚男

遠山の奥の山見ゆ蕎麦の花/水原秋櫻子

雲の上に乗りたる声や蕎麦の花/岸田稚

高原の日の乏しさよ蕎麦の花/川上訓子

三日月に地は朧なり蕎麦の花/松尾芭蕉

山小屋の道に鍋干す蕎麦の花/阿部寿雄

休み田の一枚蕎麦の花ざかり/新谷根雪

夕闇の動きはじめし蕎麦の花/椎橋清翠

外竃ぼうぼう蕎麦の花ざかり/山口草堂

山川は日を小刻みに蕎麦の花/成田千空

山雲の高さに蕎麦の花だたみ/松本透水

峡の村ぐいと拡げて蕎麦の花/林友次郎

平地得て流音細やか蕎麦の花/香西照雄

柿の木は家の名残よ蕎麦の花/浜田波静

歩きゐし月夜の蕎麦の花の径/川村千英

溝蕎麦の花引き抜きて測量す/広瀬恵美

畑番に狐ちよろつく蕎麦の花/大田洛川

蕎麦の花繃帯引っ張って干す/岩間愛子

癩の村月あきらかに蕎麦の花/石原舟月

俳句例:61句目~

百姓の定着性蕎麦の花矩形に/藤後左右

端山越す兎見ゆるや蕎麦の花/三輪未央

花蕎麦にたま~通る郵便夫/高橋淡路女

花蕎麦に車をとめて夕日なか/松村蒼石

花蕎麦のひかり縹渺天に抜け/大野林火

花蕎麦の白き曼陀羅母は亡き/堀口星眠

花蕎麦や十戸に満たぬ隠里/石丸美代子

花蕎麦や提灯しかと平湯越/鈴鹿野風呂

花蕎麦や浅間の石の降りし庭/田中冬二

蕎麦の花丈を同じに雲も平ら/大野林火

蕎麦の花下北半島なほ北あり/加藤楸邨

月さして沼かと見しは蕎麦の花/北垣芳園

村境見たくてのぼり蕎麦の花/猪俣千代子

浅間曇れば小諸は雨よ蕎麦の花/杉田久女

いわし雲と白を競ひて蕎麦の花/羽部洞然

山村といふも四五戸や蕎麦の花/長沢青樹

仏より人たそがるる蕎麦の花/三田きえ子

みちのくの山傾けて蕎麦の花/工藤吾亦紅

山の日の薄きにひろげ蕎麦の花/吉年虹二

淋しさに奥行きありぬ蕎麦の花/木村晶子

俳句例:81句目~

秩父路や天につらなる蕎麦の花/加藤楸邨

山の日の照り降り照りや蕎麦の花/森澄雄

花蕎麦の月夜の道となりにけり/木下夕爾

花蕎麦や見ゆる限りを送らるる/木下夕爾

暮れて入る古駅の路や蕎麦の花/会津八一

職名を明かさぬ友や蕎麦の花/新海あぐり

花蕎麦を地の奢りとし拓地の祭/宮坂静生

提灯に道べは蕎麦の花ばかり/高橋淡路女

道の下いく道見ゆる蕎麦の花/鈴鹿野風呂

花蕎麦に雲多き日のつづきけり/木下夕爾

子にうすれゆく方言よ蕎麦の花/神原教江

蕎麦の花はや昃りてよそよそし/高澤良一

夕弥撒や扉に花蕎麦の白挟み/大岳水一路

水ナ底のまつりも美しき蕎麦の花/松田進

霧ぬれの飛騨山坂の蕎麦の花/鈴鹿野風呂

いかめしき門を這入れば蕎麦の花/夏目漱石

月光のおよぶかぎりの蕎麦の花/柴田白葉女

花蕎麦をさびしき時は思ひ出よ/鈴鹿野風呂

蕎麦の花に月あり藁屋暮れんとす/高浜虚子

蕎麦の花ぴくんぴくんと雨受けて/高澤良一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ