季語/菊根分(きくねわけ)を使った俳句

「菊根分」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菊根分」について

【表記】菊根分

【読み方】きくねわけ

【ローマ字読み】kikunewake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菊分つ(きくわかつ:kikuwakatsu)

・菊の根分(きくのねわけ:kikunonewake)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

菊根分を含む俳句例

旅遠き人を心に菊根分/山田弘子

菊植て厠に近し狭き庭/寺田寅彦

菊根分素描の力貯へよ/宮坂静生

老僕の独りを好み菊根分/矢部居中

菊根分名札は妻の歌文字/鈴木花蓑

雀らと日の中にをり菊根分/小島健

菊苗を盗む心も久しかり/中村汀女

菊根分して教頭と校僕と/粟賀風因

尊王といふ菊苗の畏くも/高澤良一

ひとり居て細々分くる菊の苗/篠原

菊根分停年近き手が乾き/草間時彦

ひとり居て細々分くる菊の苗/篠原

童顔の故人も来よや菊根分/上村占

空き腹に午砲響くよ菊根分/会津八一

菊植ゑて竹の下庵暗からず/尾崎紅葉

思ひ立つ菊の根分や佛の日/会津八一

根分して菊に拙き木札かな/小林一茶

根分する菊に紛るゝ蓬かな/仙波花叟

菊根分働くに似て遊ぶなり/石塚友二

菊根分剣気つゝみて背丸し/高浜虚子

俳句例:21句目~

菊根分旅の余韻の中にゐて/山田弘子

菊根分秩父嶺頭出しにけり/古舘曹人

裏屋根に夕べの雪や菊根分/古市枯声

二上は身に近き山菊根分け/金丸/保

菊苗に水やる土の乾きかな/正岡子規

低吟のとき途絶ゆるや菊根分/飴山實

妹が垣伏見の小菊根分けり/村上鬼城

煙草吸ふ菊苗売りの男かな/大野信子

我が影は亡き父の影菊根分/三沢笑児

菊の苗植ゑたる夜の雨の音/菅沢泰子

拝領の古黄八丈きて菊根分/中川四明

指先にたゆたふ日影菊根分/寺元岑詩

菊苗の小鉢を五つ並べけり/星野紗一

菊苗を庭一番の日向に置き/高澤良一

蜷の水東籬の菊は分くるなし/瀧春一

菊の苗植ゑたる夜の雨の音/菅沢泰子

菊根分うしろを誰か通りけり/三宅応人

かつてここに鉄道馬車駅菊根分/辻桃子

不思議田の一畝と決め菊根分/東野昭子

忘れゐし約束菊の苗とゞく/南出白妙女

俳句例:41句目~

日にむいて春昼くらし菊根分/飯田蛇笏

買手つく菊の苗より虻立たせ/高澤良一

残されし日は数ふまじ菊根分/池内典子

菊根分朽葉かた土そぐり捨て/西山泊雲

ベランダに鉢を並べて菊根分/高濱虚子

菊根分け美しき声かけらるる/佐藤幸寿

菊根分して虻の輪の中にあり/岡本湯雨

菊根分眼前の死の見えざりき/長谷川櫂

晴れ舞台てふ菊苗の色を聞く/高澤良一

菊植うや土乾き来てやゝ萎ぶ/松藤夏山

陽にむいて春昼くらし菊根分/飯田蛇笏

岩崎邸菊の根分もすみにけり/柏崎夢香

戦後五十年菊の根を分つこと/田中裕明

菊の根を分ち終りて素読かな/高浜虚子

菊分くる傍に立つのは貰人乎/尾崎紅葉

かゞむ僧に四五人たてり菊根分/西山泊雲

つながれし犬の見ている菊根分/藤田静古

植ゑてみて嵯峨菊の苗育ちさう/稲畑汀子

植ゑ替へて諸葉萎えたり背高菊/西山泊雲

ふいに判ず日差のありか菊根分/田中裕明

俳句例:61句目~

五十九のわれにおどろく菊根分/黒田杏子

妻の言ふとほりにしたり菊根分/安田明義

菊根分の師に黙礼や気づかれず/野村泊月

折々の帽子の風や菊根分/吉武月二郎句集

書を伏せて思ひたちたる菊根分/夏目麦周

約束の菊苗を持ち訪ひくれし/柴山つや子

菊の根を分けつつ居れば君来る/会津八一

植ゑてみて嵯峨菊の苗育ちさう/稲畑汀子

菊根分け父訪ふ人の稀となり/片山由美子

菩提寺の菊の根分けて貰ひけり/角川春樹

みささぎのその名知らずよ菊根分/関戸靖子

菊苗を分ちて植ゑし土鉢かな/長谷川零餘子

明日のためある今日なれば菊根分く/林昌華

菊苗を分ちて植ゑし土鉢かな/長谷川零餘子

父とゐるごとしや菊の苗植ゑて/片山由美子

その菊苗だるまにしても大丈夫と/高澤良一

根分けせぬ菊にはこべ咲きにけり/野村喜舟

根分けたる菊に近々と館かな/長谷川零餘子

あまつぶのうなじにあたる菊根分/岡井省二

父とゐるごとしや菊の苗植ゑて/片山由美子

俳句例:81句目~

菊の名を添へて届きし分根かな/新山/武子

君が家も黄菊ばかりを植ゑたりな/福田把栗

こゝろよき土のぬくみや菊根分/高橋淡路女

菊根分亡き児が砂をいぢりをる/金尾梅の門

菊苗を分ちて植ゑし土鉢かな/長谷川零餘子

菊植ゑてゴルフ寡婦なる日曜日/岩城のり子

植ゑ終へて菊かぐはしや雨の中/長谷川零餘子

にはとりの見てゐる禰宜の菊根分/北見さとる

菊植うる明日を思ひて寝つかれず/高田美恵女

しやつくりのいつしか止まり菊植ゑる/中島陽華

寺務かはりなき障子あける菊苗の伸び/喜谷六花

植ゑ終へて菊見えぬまで暮れにけり/長谷川零余子

植ゑても植ゑても葉萎えし菊のいらだゝし/長谷川零餘子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ