季語/春の月(はるのつき)を使った俳句

「春の月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の月」について

【表記】春の月

【読み方】はるのつき

【ローマ字読み】harunotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春月(しゅんげつ:shungetsu)

・春月夜(はるづきよ:haruzukiyo)

・春満月(はるまんげつ:harumangetsu)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の月を含む俳句例

春の月鶏さけば曇りけり/素郷

女倶して内裡拝まん春の月/蕪村

殉教の丘また丘や春の月/森田峠

裏山に金粉散らし春の月/原和子

椎の木の中金塊の春の月/上野泰

農の出の二人土湯に春の月/原裕

幾十の切株の上春の月/大野林火

晴天に暮て間もなし春の月/成文

春の月鶏裂けば曇けり/五車反古

西行の嘆きに満つる春の月/原裕

田の上に春の月ある御社/高野素十

街道に家なし松に春の月/福田蓼汀

波音を離れて春の月となる/星野椿

幾十の切株の上の春の月/大野林火

菜畑の風にうるめり春の月/上村占

草の戸に我八十の春の月/遠藤梧逸

切株の円盤ひかる春の月/橋本榮治

人の妻を盗む狐や春の月/松瀬青々

大御空仰くや春の月の色/尾崎紅葉

女出で鳥籠を吊る春の月/有馬朗人

俳句例:21句目~

流木に宿りし貝や春の月/森本節子

屋根屋根に乳の香流れ春の月/原裕

裏川の主なし船や春の月/羅蘇山人

我宿は巴里外れの春の月/高浜虚子

我法学士妻文学士春の月/小川軽舟

据風呂に行春の月緑なり/会津八一

松の月それさへ春の名残かな/馬南

教会の塔の上なり春の月/寺田寅彦

東山近く宿とり春の月/衛藤きく女

高楼に鼓打つなり春の月/寺田寅彦

村芝居林の中や春の月/岡本癖三酔

春の月さはらば雫たりぬべし/一茶

春の月海ある方へ犬走る/山口誓子

点滴は命のしづく春の月/藤巻昭二

春の月階段に掛けあるは鞍/中田剛

鶯のねぐら探さん春の月/藤野古白

森を出て妙にも白し春の月/原石鼎

配所には干網多し春の月/夏目漱石

鎌倉に産屋囲へる春の月/清水基吉

陸橋を渡るひとりに春の月/村田脩

俳句例:41句目~

隣村までの用足し春の月/小林景峰

面作る翁に春の月ありや/田村了咲

毛物らの頭はかたし春の月/桑原三郎

春の月大輪にして一重なる/長谷川櫂

春の月小路小路のほと暗く/福田蓼汀

蛤を買うて重たや春の月/松本たかし

春の月酒の泉にうかびけり/尾崎紅葉

大江の黒く流るゝや春の月/内田百間

春の月隠れてをりし摩天楼/嶋田言一

この匂藪木の花か春の月/芥川龍之介

しばらくは濤の音して春の月/北崎武

欄干を越えてきさうな春の月/寿芳江

春の月芝居の木戸に湧く女/正岡子規

春の月騒人楼に上りけり/大須賀乙字

春の月ゆらゆらと木をのぼる水/原裕

山脈の空みどりなす春の月/相馬遷子

大いなる春の月あり山の肩/杉田久女

春の月米磨ぐ音の中に出る/大野林火

枯れさやぐ芒の茎に春の月/角川春樹

良性の雲のはらわた春の月/高澤良一

俳句例:61句目~

松原や夕ベの過ぎて春の月/尾崎迷堂

膵病めば梔子色に春の月/土岐錬太郎

手袋の手にはや春の月明り/中村汀女

笛吹いて古ェめかせ春の月/尾崎迷堂

眠る子に王様の世の春の月/遠藤梧逸

目と鼻の先の駅より春の月/永末恵子

ゆく春の月や近江の湖の上/西島麦南

明日会ふ人の電話や春の月/小川軽舟

春の月海離れむとして撓む/藤木倶子

よべ春の月の細きを語る窓/稲畑汀子

春の月上りて暗き波間かな/後藤夜半

暮れて越す草山一つ春の月/志田素琴

春の月きらきらと木をのぼる月/原裕

片側は雪積む屋根や春の月/内藤鳴雪

春の月本籍はまだふるさとに/大串章

春の月石階さぐり上るなり/岡本松浜

春の月仰ぎて踏みて尼寺へ/植村通草

清水の上から出たり春の月/森川許六

裏川の水鳴り止まず春の月/内田百間

春の月舞妓も眠る別れなり/渡邊水巴

俳句例:81句目~

春の月腰籠に玉子忍ばせて/松村蒼石

浜の子の凧あげしあと春の月/大串章

近き星を明るう照らし春の月/原石鼎

三年坂登り切つたる春の月/上原恒子

金剛を出れば四条や春の月/中川四明

浅川の末ありやなし春の月/松岡青蘿

春の月風船ながくただよへる/中田剛

障子外に田水の音や春の月/吉田冬葉

沖までの途中に春の月懸る/山口誓子

離れ家に落合ふ客や春の月/井上井月

別れたくなき故無口春の月/遠藤忠昭

赤ん坊が泣き竹藪に春の月/細川加賀

春の夜の面ざしもなし夏の月/上島鬼貫

春の月あそことここの間かな/五島高資

春の月さしこむ家に宿とりて/前田普羅

春の月さすがに障子一重かな/松岡青蘿

春の月と僕の間をヘリが飛ぶ/五島高資

春の月ながなきどりのうしろより/原裕

春の月バレエ群舞の中にあり/対馬康子

春の月仰ぎ丸ビル最後の日/稲畑廣太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ