季語/雪眼鏡(ゆきめがね)を使った俳句

「雪眼鏡」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪眼鏡」について

【表記】雪眼鏡

【読み方】ゆきめがね

【ローマ字読み】yukimegane

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪眼鏡を含む俳句例

春雪や色濃き杣の雪眼鏡/前田普羅

雪眼鏡かけて雪国熟知せる/堀米秋良

雪眼鏡それで鳩ども焦茶色/細谷源二

雪眼鏡紫紺の岳と相まみゆ/谷野予志

雪眼鏡終曲家ありにけり/戸塚時不知

白鳥白く見るため外す雪眼鏡/鈴木栄子

雪眼鏡はづせば犬の寄り来る/加藤憲曠

雪眼鏡雪原に日も牛も碧き/橋本多佳子

雪綿を布きて売るもの雪眼鏡/後藤夜半

雪眼鏡かけて景色の貧しさよ/成瀬正とし

雪眼鏡とほきひかりの湖とらふ/大島民郎

雪眼鏡みづいろに嶺を沈まする/大野林火

雪眼鏡借りて見つゞけらるゝ景/稲畑汀子

雪眼鏡山のさびしさ見て佇てり/村山古郷

雪眼鏡親しきものも距て見る/葛西たもつ

スキー教師雪眼鏡ごと記憶する/橋本美代子

春の雪眼鏡はずさずちよっと眠る/池田澄子

雪眼鏡おつとせい見て笑いつつ/田川飛旅子

雪眼鏡かけてうからを忘れけり/文挟夫佐恵

雪眼鏡そびらに過去を流しつつ/文挟夫佐恵

俳句例:21句目~

雪眼鏡はづして白につかれいる/片山花御史

雪眼鏡はづすや穹に触れんばかり/樋渡瓦風

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ