季語/鈴虫(すずむし)を使った俳句

「鈴虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鈴虫」について

【表記】鈴虫

【読み方】すずむし

【ローマ字読み】suzumushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・月鈴子(げつれいし:getsureishi)

・金鐘児(きんしょうじ:kinshoji)

・大和鈴虫(やまとすず:yamatosuzu)

季節による分類

・「す」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

鈴虫を含む俳句例

鈴虫の声の全き朝飼かな/原裕

鈴虫や声の力にゆるる闇/鶯塘

鈴虫の音毎に透て葡萄哉/仙鼠

鈴虫のこゑの全き朝餉かな/裕

鈴虫の音色一つを神棚に/原裕

鈴虫や手洗ひするも蒔絵物/暁台

鈴虫は雨邯鄲は雫打つ/松山足羽

鈴虫の鳴く叢の二三人/高木晴子

鈴虫の卵にも水週末なり/樋笠文

鈴虫の声ふりこぼせ草の闇/亜柳

鳴き疲れたる鈴虫と共に寝む/文

風さはる小松鈴虫糸鹿山/秋之坊

寝も寝ず甕の鈴虫長鳴くに/風生

鈴虫や道極つて河の岸/寺田寅彦

鈴虫の終焉の鈴かと思ふ/樋笠文

更るほど鈴虫の音や鈴の音/之道

鈴虫や止りし駅の薄月夜/瀧春一

鈴虫の生れると直ぐ白き鬚/飛旅子

鈴虫は水芸人よ翅けぶり/堀口星眠

空壕に鈴虫鳴くや夕月夜/寺田寅彦

俳句例:21句目~

鈴虫の啼そろひたる千草かな/桃妖

鈴虫の飼はれ漆の匂ふ籠/後藤夜半

蟋蟀の闇鈴虫の籠の闇/片山由美子

一病のあとや鈴虫野へ返す/井上雪

鈴虫の食はれ残りが髭触れる/楸邨

人語露けし鈴虫は鈴の声/中山純子

鈴虫の瓶と孤老と置かれあり/龍男

鈴虫の稚き声を甕に飼ふ/原田種茅

鳴疲れたる鈴虫と共に寝む/樋笠文

鈴虫を飼へる荒磯の豆腐店/飴山實

鈴虫を相模ヶ原にきゝて住む/素十

鈴虫や草木の丈闇を被て/野澤節子

鈴虫や老いて框に坐る母/辻田克巳

春一番梢明りを濃くし去る/月鈴子

鈴虫や筧も音となる夕べ/田中俊尾

鈴虫や甕の谺に鳴き溺れ/林原耒井

鈴虫の暫く優雅なる暮し/後藤夜半

松籟や昼の鈴虫音たえだえ/石塚友二

鈴虫の甕に顔寄せ夫婦かな/富安風生

鈴虫の生くるも死ぬも甕の中/安住敦

俳句例:41句目~

松蟲も鈴蟲も忌み給ふなり/京極杞陽

鈴虫の鈴のこぼるる樫の枝/沢木欣一

鈴虫の鈴よ佛と二人ゐて/成瀬桜桃子

鈴虫や他人のため置く酒一壷/岡本眸

ひきかへす背に鈴虫のまた近し/柳芽

鈴虫や壺中の天地うち顫へ/松本幹雄

まだ鳴かぬ鈴虫忘れられさうに/汀子

鈴虫や大鈴小鈴ふりわけて/中村秋晴

鈴虫や松明さきへ荷はせて/榎本其角

鈴虫や銀器触れ合ひ唯の音/香西照雄

籠の鈴虫あらはなる動かず/原田種茅

鈴虫を塞ぎの虫と共に飼ふ/草間時彦

虫は鈴虫嶺の夕雲乗り出して/松本旭

鈴虫を壺に鳴かせて人形師/杉森干柿

鈴虫を飼ふ子離れの父と母/朝倉和江

鈴虫を飼へり万年患者にて/右城暮石

白妙の砂や鈴虫を甕に飼ふ/栗生純夫

風俄か鈴虫の鈴一つ減る/下村ひろし

鈴虫に少女の祈り篤きかな/甘利啓子

飼ひ置きし鈴虫死で庵淋し/正岡子規

俳句例:61句目~

鈴虫の渾身の業たしかめし/星野享央

鈴虫の一つ減りゐる休み明け/下田稔

放ちたる鈴虫ならめ虫の中/直原玉青

放任せし鈴虫の子が孵りけり/樋笠文

鈴虫の夜通しみがく星の空/宇都宮靖

鈴虫の黒き点より飼ひ始む/鈴木栄子

ある家から鈴虫道は流れたり/金子兜太

くらがりに鈴虫を飼ふ風の盆/高澤良一

雨来り鈴虫声をたたみあへず/臼田亞浪

霊還る夜を鈴蟲のにぎやかに/松村蒼石

鈴虫や写経の墨をおろすとき/大森保延

鈴虫の死んで虫籠焚く日なり/中山純子

どの家も鈴虫飼つて女ゐて/鈴木真砂女

鈴虫の終の一つは鳴き上手/大阿久雅子

鈴虫の終の声断つ闇透ける/鷲谷七菜子

鈴虫や孫に手枕かしてやり/斎藤みつ子

鈴虫や早寝の老に飼はれつつ/後藤夜半

鈴虫や甕に別れて籠に死す/百合山羽公

鈴虫や眠たがる子の掌の熱く/西村和子

鈴虫や翅の合羽を立てて鳴く/堀口星眠

俳句例:81句目~

化粧して鈴虫の籠のぞきけり/山尾玉藻

鈴虫のこゑ水となり風となり/堀口星眠

壺に飼ふ鈴虫鳴けり恃まむや/小林康治

夢殿の床に鈴虫ひげを振る/小長井和子

夫とふたり籠の鈴蟲鳴きすぎる/及川貞

師に届くる鈴虫茶房にて鳴けり/樋笠文

後架拝借どこか鈴虫鳴いてゐて/及川貞

鈴虫や道は弧なりと試歩の妻/斉藤夏風

星に鳴く鈴虫舟に飼はれゐて/新田巣鳩

鈴虫のかよはき羽を開きたる/椎橋清翠

鈴虫の翅立てていて何もこぬ/和知喜八

松虫鈴虫汐騒の涼しくなれる/臼田亜浪

鈴虫よあとを歩くは年長者/板垣鋭太郎

鈴虫の老けしと思ふ冷まじき/後藤夜半

鈴虫を聴く庭下駄の揃へあり/高浜虚子

献じたる鈴虫月に音を張れる/大橋敦子

鈴虫を頒つといふは音を分つ/木村滄雨

夕月天下散乱して自裁の鈴虫/阿部完市

筆置けば鈴虫闇に鳴きそろふ/西浦末寿

鈴虫を飼ひて死にゆくことも見る/秀雄

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ