季語/夕顔の実(ゆうがおのみ)を使った俳句

「夕顔の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕顔の実」について

【表記】夕顔の実

【読み方】ゆうがおのみ

【ローマ字読み】yugaonomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

夕顔の実を含む俳句例

夕顔の存外軽き実なりけり/辻桃子

夕顔の実に夕顔と書き売らる/辻桃子

夕顔の実に汽車の音川の音/知久芳子

夕顔の実や無眼耳鼻舌身意/五島高資

畑にして夕顔の実の古刹かな/森澄雄

夕顔の実の垂れくらし庭の奥/五木幽風

夕顔の実の横たはる国家かな/鈴木伸一

川遠の夕顔の実をもて余す/水野真由美

夕顔の実や説教会をしてしまう/堀越胡流

夕顔の実を江の電の通りけり/藤田あけ烏

夕顔の実を盗みたる良き日なり/神尾季羊

ほがらかに夕顔の実の剥かれけり/菅原鬨也

栃木より夕顔の実をかかへきし/青柳志解樹

自称宇宙人にして夕顔の実を知らず/望月精光

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ