季語/颱風(たいふう)を使った俳句

「颱風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「颱風」について

【表記】颱風

【読み方】たいふう

【ローマ字読み】taifu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・台風(たいふう:taifu_)

・台風圏(たいふうけん:taifuken)

・台風裡(たいふうり:taifuri)

・台風禍(たいふうか:taifuka)

・台風眼(たいふうがん:taifugan)

・台風の目(たいふうのめ:taifunome)

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

颱風を含む俳句例

台風に一喜一憂林檎園/荻原達昭

人の眸の細く鋭し颱風後/桂信子

月台の空鳶浮び颱風後/西村公鳳

颱風や守宮は常の壁を守り/篠原

俎の乾く二日や颱風後/石塚友二

颱風禍鉢木色澄み飾窓/宮武寒々

台風の落し子遊ぶ芋畠/清水基吉

爼の乾く二日や颱風後/石塚友二

颱風に城守早出早仕舞/赤迫雨渓

颱風の後詰犇く夜泣潮/石塚友二

窓前の筧颱風の水走る/内藤吐天

姨捨山上台風を見送りぬ/原田喬

颱風に傾くままや瓢垣/杉田久女

颱風に倒れし芭蕉海にやる/篠原

山畑に麻の花澄む颱風季/有働亨

颱風に重なる厄の小盗人/高濱年尾

颱風禍莫れ無精が銜み釘/石塚友二

台風に瓦浮きたり日吉館/志賀松声

遠洋は颱風作る貝割菜/百合山羽公

颱風に散り枯松葉青松葉/森信坤者

俳句例:21句目~

颱風は颱風として薬のむ/高澤良一

颱風の道草食うて近畿道/高澤良一

颱風一過旭にひろふ兜虫/野沢節子

台風と闘ひし傘携へて/木暮陶句郎

颱風の繩秋拗に附き纏ふ/右城暮石

楽園は蝋燭一本台風の夜/花尻万博

颱風の衰へ見えし舗道かな/上野泰

台風の来るたび鼠太りけり/真山尹

燦々と台風一過カレー煮よ/松澤昭

人生の台風圏に今入りし/高浜虚子

颱風の真闇の壁とわが耳目/及川貞

燈台の太胴荒肌颱風慣れ/茨木和生

蟇誰かものいへ声かぎり/加藤秋邨

台風を告ぐる港の拡声器/大島民郎

颱風の打つ面伏せて墓洗ふ/及川貞

瓦打つ雨は序の口颱風来/高澤良一

歓送や颱風に明くる駅の前/瀧春一

台風去り松に戻りし松林/辻田克巳

台風報報じ直して県全域/高澤良一

生木剥ぐ風の鈍刀颱風裡/高澤良一

俳句例:41句目~

颱風や彌撒の聖燭金色に/内藤吐天

遠颱風炎天の奥軋み鳴り/相馬遷子

颱風の夜も夫熟睡夫老いず/及川貞

唐黍の葉に颱風の兆あり/田中冬二

蝸牛渦のぐるぐる颱風裡/高澤良一

颱風の合間蛮勇ふるふ蝉/高澤良一

秋津島颱風窺う頃となり/高澤良一

台風過療者は胸に手を遣し/齋藤玄

颱風に雨戸を拾ふ男かな/松藤夏山

渓の岩蠅を点じて颱風期/下村槐太

口に入る颱風の雨は塩はゆし/篠原

颱風過ぐ生木の匂ひ秋の山/中拓夫

山青し黝し颱風洋を来る/相馬遷子

手が見えて台風前の火造場/原田喬

颱風や瓦摶ちつけ樹が凶器/高澤良一

颱風に目鼻飛ばして歩きをり/上野泰

颱風や泥しづみたる金魚玉/松村蒼石

颱風に新聞活字濡れそぼつ/右城暮石

颱風や守宮のまなこ澄める夜を/篠原

颱風や厨にみてる酢の匂ひ/吉野義子

俳句例:61句目~

颱風も経たる祭の花火玉/百合山羽公

葉をかぶる朝顔の白颱風報/野澤節子

颱風の雨逃げし神楽坂上る/石塚友二

颱風に懲りて刈込む月桂樹/高澤良一

台風の前の静けさ梨を採る/檜田慧星

颱風の道の奄美や返りけり/石塚友二

台風の叫喚の闇触れて壺/殿村莵絲子

台風の報刻々と産気づく/大場思草花

颱風の遅れ遅れて日曜過ぐ/右城暮石

台風の塔の真下の田螺かな/宮岡計次

台風の大き夕日を残しけり/塚原静枝

颱風の蝉を拾へば冷たかり/佐野良太

台風の後くるひなき杉の列/今瀬剛一

颱風や一気に褪する木の蛙/栗生純夫

台風の来ぬ間の早き夕支度/岡安仁義

颱風のその後を同じ予報官/高澤良一

新聞紙踏まれ颱風圏に入る/菅原鬨也

台風の水禍ここまで壁の線/田中康雄

台風の生るゝ眼下を渡る旅/池田太恒

颱風の篠つく雨に息づけり/西島麦南

俳句例:81句目~

台風の目に入る自動販売機/五島高資

颱風の竹の軋むを耳に坐す/石川桂郎

台風の眼の中の蝉憶せずに/高澤良一

颱風の空飛ぶ花や百日紅/水原秋櫻子

旅行くや颱風の跫海に求め/石塚友二

風前のともしび燈台颱風裡/高澤良一

台風の街に自販機点しけり/高橋桃衣

月ちさく颱風さりし衢かな/中尾白雨

猫が食欲しがる颱風最中に/右城暮石

台風の近づいてゐる濤の音/岡安仁義

颱風の白浪近く箸をとる/山口波津女

颱風の瓦心に飛びにけり/徳永山冬子

台風の駅を出てゆく豚の貨車/林民子

台風はきぞに朝顔の種収む/臼田亜浪

颱風の浜に一と筋光さす/榎本冬一郎

台風やひとり娘に灯が鮮た/飯田龍太

青蜜柑個々颱風の傷を持つ/岩根冬青

運動場のみが素面や颱風下/津田清子

颱風の波まのあたり室戸岬/高濱年尾

膝の子も無言颱風来る夜なり/有働亨

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ